FANDOM


おたくの星座』(おたくのせいざ)は、1991年7月にM&Mより発売されたファミリーコンピュータロールプレイングゲーム

ストーリーを本宮ひろ志、キャラクターデザインを江口寿史が担当した。

1993年12月にはパック・イン・ビデオから『オーロラクエスト おたくの星座 IN ANOTHER WORLD』がPCエンジン用CD-ROM2として、シナリオの修正やビジュアルシーンの追加などが行われたリメイク版が発売。また、1994年にはOVAが全2巻で発売されている。

あらすじ 編集

遙か遠い未来。女が世の中を席巻し、世の情けない男は「おたくちゃん」と蔑まれる時代となっていた。社会は荒廃し、大地には凶暴な野獣が暴れる状況となった地球。この惨状を見かねた女神マーヤは、女神の親衛隊「オーロラ五人娘」を地球に遣わすが、彼女らは野獣を操りおたくちゃんをいじめるようになり、おたくちゃんは一層卑屈となっていく。こうした状況に熱く燃え上がる一人の男がいた。世の女に「本物の男」という物をみせるために、彼は旅立つのである。

OVA版 編集

声の出演 編集

スタッフ 編集

  • 原案 - 江口寿史本宮ひろ志
  • 企画 - 中野徹
  • 監督 - 勇轢夫
  • 脚本 - 十川誠志
  • 絵コンテ - 勇轢夫(第1巻)、九十九十一(第2巻)
  • 演出 - 西森章
  • キャラクターデザイン - 古瀬登
  • メカニックデザイン - 堀井敏之
  • 作画監督 - 本橋秀之(第1巻)、岡野幸男(第2巻)
  • 美術監督 - 荒井和浩
  • 色彩設計 - 山名公枝
  • 撮影監督 - 細野正
  • 音楽 - 白石公彦
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • プロデューサー - 浅賀孝郎、望月正雄、南沢道義
  • 制作プロデューサー - 中野徹、南喜長
  • 制作 - 81プロデュース
  • 制作協力 - Bee.Media
  • 製作 - ケイエスエス

主題歌 編集

エンディングテーマ「クールな恋」
作詞 - 松井由佳 / 作曲 - 村井邦彦 / 編曲 - Yong-Ching / 歌 - オーロラ五人娘

オーロラ五人娘 編集

本作の女性側メインキャラクターとして登場するのがオーロラ五人娘である。女神マーヤの親衛隊として地球に送り込まれ、全世界のおたく男性をいじめる美少女5人衆である。江口寿史デザインも相まって注目され、彼女らだけのタイアップによるパチンコ機「フィーバーガールズI」(SANKYO)も1993年にリリースされている。

また、このフィーバーガールズのイメージキャラクターとして、同名のアイドルグループも結成されている。メンバーとして、リンには当時『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の出演や電脳アイドルとして注目を集めていた千葉麗子、ルンには声優として活動する前の千葉千恵巳、ヤンに橋本市子、ミンに山下真希、ユンに山下玲子を起用した。1993年4月にはザ・ゴールデン・カップスの「クールな恋」(この曲は「巨人の星」でオーロラ三人娘が歌っており、このオーロラ三人娘がオーロラ五人娘の元ネタとなっている)のカバーでCDを出している。

OVAでは世の男を「おたく病」にしようとする、宇宙ナンバーワンアイドルグループという設定がなされている。なお、このOVAでは前述のアイドルグループの中から唯一、千葉麗子がルン役で出演している。

テンプレート:Video-game-stub テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki