Fandom

任天堂 Wiki

かってにシロクマ

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

「かってにシロクマ」は、相原コージの動物生態ギャグ漫画。漫画アクションにて1986年1989年に亘り連載された。単行本は双葉社からA5版で全6巻、文庫で全3巻が刊行されている。OVA、ゲーム化もされた。 テンプレート:漫画

概要編集

「シロクマ」と言ってもホッキョクグマのことではない。いわゆるアルビノエゾヒグマである。

主人公『シロ』は、間の抜けた仔熊。優しくも厳しい母熊の下、双子の弟『大ちゃん』と共に、北海道の自然の中で日常を過ごしてゆくギャグ漫画。

弱肉強食の摂理、子別れといったシリアスなテーマも盛り込まれている。

トリビア編集

本作の連載終了後に描かれた、相原と竹熊健太郎共著のギャグ漫画『サルでも描けるまんが教室』で、『かってにシロクマ2』という本作の後日談と思しき劇中劇が存在する。但し、本作は正式に続編を描かれた事はない。

テンプレート:ネタバレ

主要な動物編集

エゾヒグマ編集

シロ編集

アルビノのエゾヒグマ(目の色は赤くない)。間の抜けた性格だが、仔熊らしく好奇心は旺盛。「かわいそう」という倫理観と、「キレイ」という価値観が無いらしい。基本的にクマとしては落ちこぼれであり、異常にトロくて魚さえまともにとれなかったこともある。自然界のルールについて教えるお母さんの話を真面目に聞かず、「片方が急所を晒したら喧嘩を止めなければならない」というルールの実演の際には、急所を晒したお母さんの顔に石を落して勝利宣言をするなど、弟の大ちゃんとは対照的にお母さんには手を焼かせており、将来まともに生きていけるかどうか心配されている。ウリ坊とは性格が似ている所為かよき悪友であり、一緒に遊んだり悪戯をするほか、度々つまらない理由(主にウリ坊にからかわれる、食べ物の取り合いなど)で喧嘩をしているが、遊びの一環ともとれる。2巻から3巻にかけてヤマネのちょしちゃんを相手に初恋を経験しており、度々食物を貢いだ。最初は嫌われていたものの、体を張って彼女をタカから助けたことから相思相愛になり、彼女から「キレイ」という価値観を学んだが、彼女の死と同時に自然の摂理も学んでしまう結果となった。普段は「ぴゃっぴゃ」としか話さないが、動物同士での話は通じている(ただし、ちょしちゃんと初めて会話した際はももちゃんに通訳を頼まなければ意思の疎通が出来なかった)。初期の好きな遊び道具は魚の腸だったが、食事の魚の腹を押して無理やり排便させて生き恥かかせたり、花びらを鼻息でどれだけ長く浮かせられるかウリ坊と競ったり、木の蔓の輪に頭を通してぶら下がろうとするなど、劇中様々な遊びを楽しんでいる。そのためオジギ草やハエトリグサなども知っていた。 危険を感じると擬態(2本足で立ち、両前足で木の枝を持ち、腹には「わたしは木」と書く、体を丸めて背中に「わたしは石」と書くなど。一度だけハチの巣を頭に乗せて「わたしはキノコ」と腹に書いたこともあった)するなど、奇妙な行動が目立つ。一見頼りなさげにも見えるが、時には意外なリーダーシップを発揮し、大ちゃんを守るために大人のクマに猛然と立ち向かったり、ウリ坊が死んだと思われた時にはその遺体を自ら背負って運んだり、絶望に暮れる大ちゃんを諭して立ち直らせたりと、頼もしい部分もある。

大ちゃん編集

ごく普通のエゾヒグマ。シロの双子の弟。素直で賢い典型的な優等生タイプで、時には一度に三匹獲るほど魚を獲るのが上手く、お母さんにはよく褒められており、シロからは「自分達の分も獲るのが当然」と言われたこともあった。初期の頃は落ちこぼれであるシロを見下している節もあり、意図せずともシロに寝ている間にお母さんにいたずらした罪を着せてしまうことが幾度かあった。行動が大胆でやや下品なシロやウリ坊とは違い、とても臆病である。後半はこの臆病な性格の方が強調されており、洞窟で怖い思いをした際には気絶した上に失禁しており、これ以降も何度か同様に失禁しており、そのせいかお母さんには一度「シッコ漏らし」と言われたことがある。当初は居候のウリ坊に馴染むことができず、加えてシロが彼に関わることが多かったために出番が少なくなり、「最近僕影薄いなー」と密かに嘆いている場面もある。後にシロが一度失恋した際には、恋をしたためにお母さんに構ってもらっているシロに嫉妬していたために喜び、同様にウリ坊も喜んでいた(恋=シロを配下にするべくちょしちゃんがかけた催眠術だと思っていた)ことから彼と打ち解け、背中にウリ坊を乗せて楽しげに遊んだりしていた。それ以降はシロとウリ坊に混じって遊んでいる姿も多かった。猿酒を飲んで酔っ払うと普段控え目な性格が豹変し、自身の父親を連想させる態度と口調になる。飲んだ後は夜も眠れないほど深く後悔していたが、その後も度々好んで飲んでいる。ウリ坊の時と同様にお父さんと打ち解けられなかった時も、共に(半ば無理やり)猿酒を飲むことで打ち解けることができた。

お母さん編集

シロと大ちゃんの母。寝息が荒い。

お父さん編集

野性に忠実であり、蜂の巣を取る際にはタヌキを利用する、獲物は盗むか雌に取らせる、など悪知恵が働く。雌熊と交尾する登場の仕方も多い。

ニホンイノシシ編集

ウリ坊編集

みなしごのニホンイノシシ。落雷により家族を失ったため、シロ達と暮らすようになる。名前の「ウリ坊」はイノシシの子供の総称であり、お母さんが初見の際にこう呼んだことから名前として定着している(後に幽霊の実母に再開した際も「ウリ坊」と呼ばれているが、本名なのかどうかは不明)。劇中の様子から察するに年齢はシロ達と同年代程度らしい。つまらない理由で度々シロと喧嘩を始めるが、共に好奇心が強く、性格面でも通じるところがあるせいかシロとは良くも悪くもいいコンビである。当初は「恋」が何かを知らず、ちょしちゃんを見てから度々彼女のところへ食料を持っていくシロを見て、恋=ちょしちゃんがシロを食べ物を貢ぐ奴隷にするためにかけた催眠術と誤解し、「恋」と聞いただけで逃げ出す始末であった(後にももちゃんが説明して誤解は解けたようだが、理解は曖昧な様子)。初期の頃は大ちゃんと遊ぶことが殆どがなく、無視しているも同然だったが、前述のように恋を誤解していたことからシロの失恋をともに喜ぶことで和解している。ももちゃんの飛ぶ姿を見たことで飛ぶことに憧れ、彼女に「シロとちょしちゃんの恋愛が成就したら、自分も飛べるようにする」という約束を取り付け、番外編で彼女にオオワライタケを食べさせられて(幻覚の中で)ついに飛ぶ夢を叶えるが、その際に恐ろしい幻覚を見たことでそれ以降二度と飛びたいなどとは思わなくなった。イノシシでありながらクマの一家で生活しているために苦労が多く、「お母さんたちのように冬眠が出来ないせいで毎年冬に食べ物が得られずに飢える」「他のイノシシに『クマ臭い』と言われて嫌われ、泣く(もっとも、勝手に食料を食べようとした相手からではあるが)」「体が軽いせいで流水に流されたり、風に吹き飛ばされる」「お父さんに『食べちゃうぞ』と驚かされる」「爪がないせいで木に登れず、木の上からシロにいたぶられる」など、基本は不利な立場にあるが、お母さんたちが落雷で死んだ自分の母親を食べてしまったことについて言及し、上げ足を取ったこともあった。中盤ではそのことを時々思い出し、「いつか自分が彼等を食べ返してやる」と思っていることが語られている。しかし、本気でお母さん達を憎悪しているわけではないらしく、大切な家族と思っている節もある。「うり、うり」としか話せないが、動物同士での話は通じている。

ニホンヤマネ編集

ちょしちゃん編集

雌のニホンヤマネ。シロが一目惚れし、紆余曲折の末ガールフレンドになる。しかし、シロの父親が他の雌熊と交尾するのを見て、嫉妬に怒るシロの母にたまたま遭遇しエサとして食べられてしまう(シロの母は、シロのガールフレンドがこのヤマネとは知らなかった)。ちなみに北海道にヤマネは生息していない。

エゾモモンガ編集

モモちゃん編集

博学なモモンガであり、ちょしちゃんの親友。

エゾタヌキ編集

たぬたぬ編集

なにかと不幸な目に逢うエゾタヌキ。

OVA編集

1987年12月発売。作者の相原コージ自身が脚本を担当したアニメオリジナルストーリー。30分。 主題歌はシロ役を演じた、なぎら健壱。

山でいつもの様に暮らすシロの親子達。ひょんな事から川に流されて人里へ辿り着く。しかし、街は何故か荒廃しており、シロ達は街の散策を始めた。見たことのない道具や建物を見て、シロ達は持ち前の好奇心で色々いじってみる。

スタッフ編集

声の出演編集

ゲーム編集

テンプレート:節スタブ

関連項目編集


テンプレート:Manga-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki