Fandom

任天堂 Wiki

がんばれペナントレース!

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

がんばれペナントレース!』 とは、1989年2月28日コナミ[1]から発売されたプロ野球を題材にしたファミリーコンピュータ向けゲームソフトである。通称:がんペナ

従来コナミの野球ゲーム(『エキサイティングベースボール』『激突ペナントレース』)の特徴であったエディットで思い通りに作っていったチームのシステムをトレードに置き換え、それに見合う条件でないとトレードが成立しないといったリスクを課すようになった。プレイヤーはチームのオーナーとして与えられる運営資金(試合に勝てば増え、負けると減る)の範囲で、各選手の年俸を上乗せしたり、事前に決められたトレード要員(野手2名、投手2名)を他チームのトレード要員やゲームオリジナルの外国人選手と交換することでチームを強化できた。演出面では音声合成のほか、前年発売の『究極ハリキリスタジアム』などにも採用された、死球を受けた打者と投手の乱闘格闘ゲーム的要素(体力メーターの表示)を加え、負けた選手を排除できるといった機能もある。

他のコナミの野球ゲームと比べると、高低差がある所や隠しチーム(オリジナルチーム)があること以外は大差なく、続編も発売されなかった。なお、パソコンゲームとして、同年に『激突ペナントレース2』(MSX2)を、1年おいた1991年に『生中継68』(X68000)を発売したが、家庭用ゲーム機では、これらコナミのこれまでの野球ゲームからフルモデルチェンジした1994年の『実況パワフルプロ野球'94』まで約5年待つことになる。

攻略本 編集

  • がんばれペナントレース! 公式データファイル - 1989年4月、コナミ出版より「ファミリーコンピュータ コナミスペシャル」レーベルで発行。書籍コード:ISBN 487655028X

脚注 編集

  1. 発売当時の著作権はコナミに存在したが、2006年3月31日付けの持株会社化に伴い、新設子会社のコナミデジタルエンタテインメントへ移行した。

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki