FANDOM


ウルトラハンドは、1966年任天堂が発売した玩具である。

概要 編集

原始的なマニピュレーターであり、手元で開いたり閉じたりすることで、ハンドが伸びて目標を掴み、縮めてから放すという構造になっている。この構造が子供に受けて、140万個も売り上げる大ヒット商品となった。

任天堂社長の山内溥が命名した。命名の由来は東京オリンピックの名残でウルトラCという言葉が流行っていたためである。

任天堂で設備機器の保守点検の仕事をしていた横井軍平が暇つぶしで社内で手製の伸び縮みするハンドを作って遊んでいたところを任天堂社長の山内溥の目に止まり、山内から「それを商品化しろ」と言われたのがウルトラハンドのきっかけとなった。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki