Fandom

任天堂 Wiki

クルクルランド

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

クルクルランド』(Clu Clu Land)は、1984年任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフト

主人公である球形の生物グルッピーがクルクルランドに隠された金塊を見つけ出すというストーリーのアクションゲーム。同年アーケードにてリリースされた『VS.クルクルランド』の家庭用移植作品にあたる。

ルール 編集

グルッピーは常に直進しており、十字キーを押した方向に手を伸ばして格子状に並んだ棒(ターンポスト)を掴みクルクル回るか、壁にぶつかってターンすることで進行方向を変えることができるという、独特の操作性が特徴。

棒の間を通過したとき、そこに隠された金塊があれば出現する。しかしゴム(ラバートラップ)が出現して跳ね返されることもあり、その後もそこは通過できなくなるとともに両脇の棒は使用できなくなる。その面の全ての隠された金塊を出現させることができればステージクリアとなる。ステージ22以降では、一度出現させた金塊を通過すると裏返ってしまう。金塊は表向きにしなければクリアできないので、一段とパズル的思考が要求される。金塊は何かの絵、もしくは何らかの規則的な配置となっている(後述)。

金塊を全て見つける前に制限時間が経過するとミスになる。また、敵キャラクター・ウニラに接触してもミスになるが、逆に衝撃波を発射して硬直させ、壁で潰して倒すこともできる。敵が出現してくる穴(ブラックホール)に落ちてもミスになるが、棒をつかんでいれば上を通過することもできる。ミスにより残機が無くなるとゲームオーバーになる。

1人プレイでは、タイムを300カウント以内でクリアするとボーナスポイントが入る。

2人同時プレイも可能。このとき、金塊をより多く集めた方にボーナスポイントが入るようになる。残機は別個であり、片方がゲームオーバーとなると1人プレイとして継続される。なお、アーケード版においては、店舗側の設定により1コインで2人プレイを行うことが可能(但し標準設定では2人プレイには2コインを要する)。その対策のためか、ファミコン版では操作するかタイムオーバーまで初期状態で静止していられたグルッピー(初期状態は無敵)が、アーケード版では一定時間操作が無いと強制的に動き始めるようになっている。

ステージと金塊のパターン 編集

ステージは(ピンク、ミドリ、ソラ、紫、黄色)の順になっており、黄色ステージをクリアすると、次回はミドリから繰り返される(ピンクは肩慣らしステージ扱いで、最初のステージでしか登場しない)。また、イエローステージをクリアするごとにボーナスステージが挿入される(ディスクシステム版ではBEGINNERモードのみ、2面のミドリステージの後にも登場する)。金塊の配置はパターン化されており、ファミコン版で4種ずつ(ディスクシステム版では4種を加えた各8種ずつ)、ランダムで登場する。4周目まで異なる配置パターンが登場し、4周クリアで1周目の配置に戻るので、1プレイでは4種のパターンの繰り返しになる(ディスクシステム版でも同様)。

以下にパターンとなっている図形を列挙する(《》はディスクシステム版のみ。すべて読みは取扱説明書に因む)

ピンク

肩慣らしステージ。敵のスピードも遅い。ディスク版では真ん中のブラックホールもなくなっているため敵キャラが出現しない。

ハートヒトハウスカオ)《TEL、ヒコウキロケットウチュウジン
ミドリ

実戦的ステージ。トラップ、金塊が増えている。

ピエロコンドルマウススペード)《ヨット、キー、キツネアンブレラ
ソラ

動けるエリアが狭く、図形が複雑なので緻密な操作が求められる。ブラックホールは中心にある。

メガネコアラバタフライサブマリン)《カニUFOウシハット

最もエリアが広く、左右はつながっている。ブラックホールが4箇所あり、隠された金塊も多い。図形は規則的で左右対称となっている。金塊が裏返るようになると最も難度が高いステージとなる。

ホール、アルファベットのHリボン、カギ)《オコリンボ、カワ、ダブル+、6ブロック
黄色

紫と同じく左右でつながっている。ブラックホールは中心に4箇所、トラップが多く、緻密な操作が要求される。一方、金塊の数は最も少なく、規則的なので探しやすい。また、図形が断片的なため、裏返っても紫ほど難しくならない。

(フィギャー1~4)《フィギャー5~8》

注:TEL→電話機、キー→、カギ→型、カワ→漢字の『川』、オコリンボ→怒った表情の顔文字、フィギャー→figure(図形)のこと。取扱説明書にはフィギャーと記載されている。

また、FC版のマウスとバタフライは2つ並んだラバートラップがあり、そこにグルッピーが挟まって脱出不能になってしまう事がある(2人プレイの時は救出可能)。ディスク版ではトラップが金塊に差し替えられたことで、若干デザインが異なる。

その他 編集

  • アーケード版(テーブル筐体バージョン)のインストカードに掲載されている画面写真に、1枚ファミコン版の画面写真が混ざっている。VSシステム筐体用のインストカードには、画面写真はない。
  • ファミコン版のボーナスステージでパーフェクト(金塊66個)を取るとボーナスポイント3000点と表示されるが、プログラムミスで実際には30点しか取得できない。
  • 1992年4月28日にディスクライターによる書き換え専用ソフトとして、ファミリーコンピュータ ディスクシステムにも登場した。こちらはアーケード版のほぼ完全移植。ファミコン版では登場しなかった金塊の配置(各ステージ4種ずつ増えている)、音楽の変更、ボスウニラの登場、EXPERTモードなどボリュームが多い。また書き換え期間が短かった為、中古市場で価格が高騰している。任天堂最後のディスクシステム専用ソフトだった。
  • 2001年10月19日にはeコンセプトZaurus用にダウンロード発売された(『バルーンファイト』と同時発売)。
  • 2004年5月21日にはゲームボーイアドバンスファミコンミニ第2弾として発売された。ベースはファミコン版である。ちなみに、前述のボーナスポイントのプログラムミスは修正されている。
  • 2009年3月10日にはWiiバーチャルコンソールとして配信開始された。内容はディスクシステム版である。
  • どうぶつの森』シリーズの家具としても登場し、ゲーム内ゲームとしてプレイすることも出来た。シリーズによって異なるが、ファミコン版とディスクシステム版を遊ぶことが出来る。
  • ディスクシステム『ゼルダの伝説』の説明書において、敵キャラの「デグドガ」の説明文に「大ウニラ」との記述があったため、『クルクルランド』と『ゼルダの伝説』とは世界がリンクしていると主張する説もある。ただし、これは後に表記を「大ウニ」に訂正されている。さらに『クルクルランド』の金塊と、『ゼルダの伝説』の通貨であるルピーのグラフィックは、全く同一であるという共通点もある。
  • マリオアーティストシリーズ』のコミュニケーションキットには、『クルクルランド』の音楽が流用されていた。
  • ゲームボーイアドバンス用ソフト『ぶらぶらドンキー』は操作感が『クルクルランド』と類似しており、条件を満たすと「ジャングルピック」モードにグルッピーが登場する。
  • ゲームボーイアドバンス用ソフト『まわるメイド イン ワリオ』およびWii用ソフト『おどるメイド イン ワリオ』には『クルクルランド』をモチーフにしたプチゲーム(5秒程度の短いゲーム)が登場する(『まわる』では円形のステージ、『おどる』では3D風の画面)。
  • 敵キャラクターのウニラは、『スーパーマリオワールド』の水中ステージにも登場。以降もマリオシリーズ数本に出演している。
  • Wii用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではウニラがアイテムとして登場する。
  • ファミコン版ではクリアした際に、画面が点滅するので注意が必要である(光過敏性発作を参照)。

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stubfi:Clu Clu Land

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki