FANDOM


ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦』(ゲゲゲのきたろう2 ようかいぐんだんのちょうせん)は、1987年12月22日バンダイから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用のRPGである。ゲゲゲの鬼太郎を原作としている。

ストーリー 編集

誘拐されたガールフレンドの天童ユメ子を助けるため、鬼太郎が仲間たちとともに、中国妖怪チー(九尾キツネ)率いる妖怪軍団を相手に戦う。

概要 編集

日本列島を6エリア(関東地方東北地方中部地方近畿地方中国・四国地方九州地方、謎の大陸)に分けてあり、それぞれ各エリア最後にボスがいる。それを倒していくのが基本コンセプト。時にはボスに近づくため、手に入れなければならないアイテムを集める必要がある箇所もある。

進行 編集

スタート地点の関東地方以外の各エリアに「妖気雲」というバリアが張り巡らされてあり、内外に出入りすることができない。新しいエリアに行く際は、エリアとエリアを結ぶ地下洞窟を通って潜入する必要がある。各地にそのエリアの雲を作っている「妖気石」という妖怪がいて、それを探し出して退治すればそのエリアの雲が消滅し、自由に行き来できるようになる。ただし探し出すまでが大変で、雲の中ではできることが限られている上、チカチカ点滅するため画面が見づらく、洞窟の入り口などが見つけにくい

謎解きのヒントや情報も少なく「次にどこへ行けばいいのか」解りにくい。通行人との会話というものもなく、イベントキャラクターからお告げをもらったり、宿泊所や妖怪ポストにある置手紙だけで謎を推理しなくてはならない。また敵との戦いのとき「話す」コマンドで、敵に話しかけて情報を得るという方法もある。これも前半は頼りになる情報が多いが、中盤あたりからいい加減なことしか言わなくなり、段々ノーヒントに近くなる。

Aボタンでアイテム選択画面を呼び出すが、もうひとつ「足元を調べる」という意味もあり、これで重要アイテムや洞窟の入り口を探す必要があることや、先述の「雲の中には地下道から潜入する」ことなど、説明書がないと解り辛いことも多い

エンカウント率はそんなに高くはないのだが、全体的に戦闘テンポが遅く、鬼太郎も敵もコマンドごとに大きいアクションをする上、メッセージも遅いため、雑魚戦でも1分近い戦闘を強いられる。敵のこっちの攻撃をよける回避率も大きいため、さらに遅くなることもある。敵の妖怪は原作に出てきたものが多数を占め種類も多いが、全体的に強さの割には経験値が少ない奴が多い。特に序盤はどんな雑魚を倒しても1~3ほどしか手に入らず、レベルを上げるには数十もしくは数百。最高レベルになるには、通算999稼ぐ必要があるために苦労させられる。一方で終盤には経験値50という雑魚もいる。レベルは10と少ないため、早ければ中盤あたりで最高になるが、敵は終盤までどんどん強力になっていく。このため終盤は完全に敵側有利で、雑魚敵を全部相手にしていると、こっちの体力がもたなくなるほど、バランスにも問題があった。反対に鬼太郎側も戦闘回避がしやすく、どんな雑魚でも高確率で逃げることができるため(たまに捕まることはあるが)レベル上げ以外の雑魚は無視してボスとだけ戦うのが攻略の基本となる。

鬼太郎の戦闘能力 編集

主人公の鬼太郎は、持ち前の妖術やアイテムを使ったり、仲間を操って戦う。

妖術は自分の妖力(MP)を消費して行う。武器は何度でも使える。 どの威力も、ひとつレベルを上げると大体(+5ダメージ)の比例で強くなっていく。

妖術編集

体当たり
最初に使える攻撃技。妖力は要らないが、威力は最弱。
髪の毛針
体当たりよりは有利な技。レベル2で習得する。
指鉄砲
中盤戦でもっとも頼りになる技。レベル4で習得する
妖気変換
体力を回復する。戦闘中唯一の体力回復方法。レベル6で習得する
大地の怒り
地震を起こしてダメージ。かなりの破壊力。レベル8で習得する
妖怪電気
説明書では「体内電気」とある。最強の攻撃技。レベル9で習得する

武器編集

マタタビ
アイコンのデザインは木の枝。敵から逃げやすくなる。
リモコンゲタ
どこかの城に隠されているが、威力はそれほどでもない。
チャンチャンコ
防御力を強化。敵を1ターン足止めする。手に入れると鬼太郎のグラフィックも変化する。
オカリナ鞭
ある場所で手に入る。威力はリモコン下駄より強いが、進行上もっと強い武器が先に手に入るため有難味がない。
天のお守り
ねずみ男の攻撃、砂かけばばあの攻撃、大地の怒り、妖怪電気のどれかがランダムに出る。
地獄の炎
アイコンのデザインは炎が封じられた巻物。ある場所でもらえる最強の武器。

キャラクター 編集

仲間 編集

鬼太郎以外の仲間は、原則として旅の途中で出会い次第、仲間に加わることとなる。戦闘中に鬼太郎の代わりに1ターン戦ってくれる。仲間によって攻撃力・守備力が異なる。それぞれ体力が10あり、敵に攻撃されると減って行き、0になると逃げ出してしまう。逃げ出した仲間は病院に入院しているので、迎えに行けば復活する。

猫娘
最初に仲間になる。爪で敵を切り裂いて攻撃する。一見強そうだが戦闘力は最弱
砂かけ婆
砂をまいて敵の攻撃力を弱める。ダメージを与える力はない。
子泣き爺
石化して敵に体当たりして攻撃する。
一反木綿
敵に飛びついて切りかかる。仲間の中では一番攻撃力が強い。
ねずみ男
敵に悪臭を放って逃げやすくしてくれる。ダメージはゼロ。
ぬりかべ
敵に体当たりして攻撃する。攻撃力が低いが、防御力が高い。

味方 編集

戦闘には参加しないが、情報やアイテムの提供などをしてくれる。

天女
天界の使者。修業の旅に出ていた鬼太郎に、日本の危機を知らせた。
地蔵
各エリアにいて、信心を示すと褒美をくれる。ただしアイテムを持っていると相手にしてくれない。
座敷童子
東北妖怪城の近くの家に住んでいる。鬼太郎を北海道に導いてくれる。
河童
中部近畿地方の沼地に生息、きゅうりと引き換えに河童酒が貰える。
天狗
河童が作る河童酒が大好物、それと引き換えに八手の葉っぱが貰える。
鏡じじい
あるボスを倒すためのアイテムを提供してくれる。大橋巨泉のギャグを発する。
刑部狸
四国の狸一族のボス。九尾ら狐一族と敵対している為、今回は味方。
閻魔大王
地獄の主。ある人物を復活させる為に彼の力を借りる必要がある。
油すまし
九州のボスについて情報を教えてくれる。但し少々がめつい。
バックベアード
今回は味方。南の海の孤島にある妖怪城にいる。あるものを物々交換する。
コロボックル
北海道で悪と戦っている善玉妖怪。進行上、ある取引をすることになる。
ユメ子
冒頭で誘拐されるが、終盤に救い出せる。救出後は戦いにはついて行かず、鬼太郎の家で留守番をする。
井戸仙人
九尾の狐を封じる品を作れる人物。

編集

ここでは、いわゆるボスキャラの類についてのみ述べる。

見上げ入道
関東の妖怪城にいる。ユメコは当初彼に囚われている。
黒雲主(くろくもぬし)
東北の妖怪城にいる、不死身(倒しても復活する)の妖怪。
ぬらりひょん
中部・近畿の妖怪城にいる。変装している。
天狐
中国地方の妖怪城にいる。原作と違って狡猾な性格で、なかなか姿を見せない。
ダイダラボッチ
顔の部品があちこちの島にある「ボッチの社」に、脳が桜島にいる。
妖気石(ようきいし)
各エリアを妖気の雲で覆っている。倒して雲を晴らすまでは、エリア間の往来は地下を通るしかない。
四獣
謎の大陸の四方を守る獣。
朱雀(スジャク)
南側の門にいる、最初に戦うであろう四獣。
白虎(ビャッコ)
西の砦にいる。最後の妖怪城の鍵を持つ。
蒼龍(ソウリュウ)
東の森の砦にいる。九尾を倒すヒントを知る人物を捕らえている。
玄武(ゲンブ)
北の雪原の砦にいる。重要な品を持った人物を捕らえている。ゲームでは「げんぶ」と平仮名で表記。
チー=九尾の狐
今作の最終ボス。

テンプレート:Video-game-stub

関連項目 編集

テンプレート:ゲゲゲの鬼太郎

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki