FANDOM



サマーカーニバル'92 烈火』(サマーカーニバル'92 れっか)は、1992年7月17日にナグザットから発売された、ファミリーコンピュータ用ソフト。開発はKIDが担当。

概要 編集

具体的なゲームジャンルは、縦スクロールシューティングゲーム

特徴としては、ファミコン用ソフトのゲーム内容としては圧倒的な敵や弾の数、巧妙な敵の配置などによる非常に高い難易度が上げられる(エンディングでは、「スーパーハードシューティングゲーム」を自称している)。技術的な面では、ハードウェアがファミコンであるにもかかわらず、前述した多数の敵や弾をスプライトなどを駆使して表示していること、ラスタースクロールの背景を常時表示すること、ノイズを多用した独特のアシッド調のBGMなどが挙げられる。

より高性能なゲームハードへの移行期であったことや、上記のとおりゲーマー向けの高難易度により、ゲーム雑誌の評価はあまり乏しくなかった[1]。また、ソフトの価値もプレミア化している。

システム 編集

Bボタンでメインショット攻撃、Aボタンでアイテムから取得したオプションからサブショットを発射、セレクトボタンで5段階まで自機速度の調整ができる。

メインショットを撃たないでいると、自機前方に円状の「バリア」が発生し、敵の弾を防御する。バリアを最大限まで溜めた状態でショットを放つと「ボム」を放つ。

また、周回ごとにコンマ単位でタイマーが表示されており、一定時間を越えると強制的にゲームオーバーになる。このタイマーはポーズ中でも動作し、止めることはできない。

選べるモードは通しプレイのノーマルモードのほか、裏技で使用可能になるクリアまでの残機を競う残機アタックモード(残機を大量に所持し、撃ち返しが発生する)、100万点に達するまでの時間を競うタイムアタックモード、2分間でスコアを競うスコアアタックモードがある。

ステージ 編集

ステージ数は、一周目が4面まで。2周目からは7面にまで増大し、ステージ構成も大幅に変化(ステージ表記もAREAに変化)、難易度も激烈に上昇する。

「サマーカーニバル」とは? 編集

本作のタイトルになっている「サマーカーニバル」とは、ナグザットが夏休みのイベントとして日本全国のいくつかの会場で開催していたゲーム大会のことである。1991年から1993年の3回行われた。 (同種のイベントとしてはハドソンが1985年から夏休みシーズンに開催している「キャラバン」が広く知られている)

本作はそのタイトルの通り、1992年、第2回のサマーカーニバル用に用意されたソフトである。なおこの回はPCエンジン部門とファミコン部門の併催となっており、PCエンジンでは同じくナグザット開発の『サマーカーニバル'92 アルザディック』が使われた。

備考 編集

本作のデータ内部には、任天堂セガのロゴを一部伏せた形のマークが存在する。制作者は「セガに似たロゴマークを爆破して、任天堂に似たロゴを上から表示しよう」と話したらスタッフが乗り気になり、スタッフの矢川忍が1時間でプログラムを制作したが、結局ナグザットに止められて没になったという。ちなみに、制作されたプログラムは、同じくデータ内部に存在しており、コードの一部を書き変えることで電源投入時に表示することができる[2]。両社のロゴ効果音を再現した効果音は裏技で出現するサウンドテストに収録されており、表示プログラム発覚以前からロゴ表示ネタをうかがわせていた。

脚注 編集

  1. ファミ通1992年7月24日号のレビューより[1]
  2. サマーカーニバル'92 烈火 電源投入後の没デモプログラム - ニコニコ動画

関連項目 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki