FANDOM


サンサーラ・ナーガ』は、1990年3月23日ビクター音楽産業より発売されたファミリーコンピュータゲームソフト

概要 編集

ジャンルはロールプレイングゲーム。監修、脚本を『機動警察パトレイバー』や『攻殻機動隊』などで知られる、アニメーション監督の押井守伊藤和典が手掛けた。音楽に川井憲次、キャラクターデザインは桜玉吉

1994年7月15日にスーパーファミコン作品として続編『サンサーラ・ナーガ2』が、それからさらに7年後の2001年11月14日、ゲームボーイアドバンス作品として本作と「2」のリメイク作『サンサーラナーガ1×2』が発売された。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

主人公の少年(少女)は、本作の世界において非常な尊敬を集める存在である「使い」となるべく、彼の住む村の宝である「竜の卵」を盗み出し、村を抜け出す。しかしそれは実はダチョウの卵であり、途方に暮れた少年は、卵から産まれたダチョウの後を追う。ダチョウが走っていった先には古びた一軒の家があり、そこに住む老人のある依頼を受けた少年は、老人の家から少し離れた「竜の産卵場」からある物を持ち帰り、その礼として老人から本物の竜の卵をもらい、改めて竜使いを目指す旅を始める事となる。

ゲームシステム 編集

本作の最大の特徴は、従来のRPGのシステムに「竜の育成」という独自のシステムを組み込んだ点にある。卵から産まれた竜は一時託児所に預けられ、主人公は保母からの指示によりその都度、竜の成長に合わせた獲物を狩りに出掛けることになる。竜が成長した後は、竜使いとして一緒に世界を旅することになるが、竜には「勇敢さ」や「道徳性」などのパラメータがあり、主人公の行動や食べさせるモンスター(餌)などによってこれらの数値が変化し、竜が命令を聞かなくなったり、臆病な性格になったりする。竜は戦闘によって倒したモンスターを食べることによって成長(レベルアップ)するが、倒したモンスターを食べさせずに獲物として持ち歩き、街の薬屋に売る事で換金することもできる。主人公にレベルの概念はなく、装備品の強化以外に強くなることはない。これは監督である押井守の「人間はそんなに急速に強くはなれない」という考えが反映された結果である。

はらたま 編集

本作の世界には、東西南北の4ヶ所に「はらたま」と呼ばれる立ち食いそばチェーンがあり、ここで食事をすると店主がその時々に合ったゲーム進行のヒントを教えてくれる。各店の奥にあるトイレから各地のはらたまへワープすることができ、これにより、強力なモンスターが出現する急峻な山岳地帯などを避けて移動することができる。なお、「はらたま」の語源・初出についてはうる星やつらの登場人物#サクラを参照のこと。

その他の特徴 編集

  • フィールドコマンドに「たたかう」という項目があり、これを選択すると街中の住民と戦うことができる。ただし、ばっちゃんなど、一部戦うことができない人物も存在する。戦闘に勝つとお金などを手に入れることができるが、竜の「道徳」パラメータが大きく下がる。戦闘コマンドにも「わいろ」という項目があり、モンスターに遭遇した際、手持ちのアイテムから何かひとつを差し出すことによって戦闘を回避できることがある。しかしやはり竜のパラメータが低下する。
  • ゲーム開始直後から、主人公はほとんどの地域に移動することができる。出現モンスターの強弱はゲームの進行によってではなく地形によって決まるため、ゲーム序盤でもボスキャラ並の強さを備えたモンスターに遭遇することもある。
  • 本作は仏教ヒンドゥー教バラモン教を元とした世界観で構成されており、バラモン教の教義に基づき大陸はの形をしており大陸の外には何もない(アルシンハを思わせる石像のようなものが延々と並んでいる)。また人名や街の呼称なども、全てサンスクリット語で統一されている。ゲームタイトル自体も、サンスクリット語で「輪廻」という意味である。

主な登場キャラクター 編集

主人公(ケマル)
この世界で、名誉ある職業とされている竜使いになることを夢見ている。
竜(テーミス)
竜のウンコと引き換えた卵から孵った竜。
アル・シンハ
主人公の旅を陰で支える、伝説の竜使い。本作世界の大陸の外側には海ではなく、彼の姿をかたどった大小の彫像が並んでいる。名前はサンスクリット語で「ライオン」の意。
アムリタ
旅先で幾度か出会う女竜使い。物語の鍵を握る。名前はサンスクリット語で「甘露」の意。
ばっちゃん
主人公の祖母。主人公が帰郷すると一晩泊めてくれ、出発の際に回復アイテム「おべんとう」を持たせてくれる。
立ち食いのプロ
「はらたま」に入ると必ずカウンターにいる客で、立ち食いに命をかけている。本作に限らず押井作品の随所に登場する、名物キャラクターでもある。(立喰師列伝を参照のこと)
ターラ
ハワプールにいる踊り子。ゲーム進行上重要な鍵を握っている。名前はインド音楽のリズムの呼称の一。
牛丼仮面
「はらたま」で「牛丼弁当」を注文すると戦う事になる敵。ゲーム進行上重要な存在。

主な登場モンスター 編集

みじんこ
草原地帯に出現。本作で最弱のモンスター。関連するモンスターに毒攻撃をしてくる毒みじんこ、食べると竜の勇敢さが上昇するみじんこロードがいる。
なお、本作におけるみじんこの姿かたちは一般的なミジンコとは大きく違い、分子模型のそれぞれの球体に顔がついた妙な生物で、デザインの元となっているのは、桜玉吉の漫画「しあわせのかたち」に出てくるミジンコ(飛蚊症の視界に現れる内視現象)である。
こつぎょ
浅い河川に出現。体が骨だけでできた魚。保育所に預けた竜にミジンコを必要量食べさせた後、次の段階でカルシウムを摂らせるためにこれを食べさせる。
タラバガニ
深めの河川や沼地に出現。食べると体力が大幅に回復する。
とうちゅうかそう
森林地帯に出現。不気味な姿をしているが、薬屋に持っていくと漢方薬の材料として非常に高い値段で買ってもらえる。
まんだらげ
砂漠地帯に出現。人型をした花。時折、催眠効果のある「まんだらげの実」を落とすことがある。
いっぽんどっこ
山岳地帯に出現。一本足のモンスター。攻撃力が高く強敵だが、高価な「韋駄天の靴」を落とすことがある。
ばらもんのうみぼうず(バラモンの海坊主)
湿地帯に出現。老人の顔に亀の胴体、蛇の尾を持つ。旅先で幾度となく「バラモンの海坊主に会いなさったか?」と聞かれるが、ゲームの進行に関わる事もなく、そう聞かれる理由も明らかにならない謎のモンスター。
よくりゅう(翼竜)
溶岩地帯?に出現。ゲーム中屈指の強敵であるが、獲物を一定量集めると最強のマントである「翼竜のマント」が作れる。
シバのけんし(シバの剣士)
天界に出現。4本の腕に剣を持ったモンスター。最強の武器である「シバの剣」を落とすことがある。
みずねこ(水猫)
ハワプール王宮付近の深い湖や地下水路に出現。可愛らしい猫の顔にタコのような足のついたモンスター。地下水路に出現するものは比較的簡単に倒すことができるが、王宮付近に出現するものは高いHPと高い攻撃力を持ち、通常のプレイではまず倒すことはできない。続編では、「みずねこ使い」なるモンスターも登場。

関連商品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki