FANDOM


スーパーチャイニーズ2』は1989年5月26日カルチャーブレーンから発売されたファミリーコンピュータゲームソフトスーパーチャイニーズシリーズの第2作目である。

概要 編集

前作の面クリア型アクションRPGの要素を足したもの。前作はナムコ発売であったが、今作からカルチャーブレーンが自社で販売するようになった。それに伴い主人公となる2人の少年の名前も「ジャック」「リュウ」に変更となり、ストーリーも低年齢向けのドタバタギャグをベースにした活劇ものに仕上がっている。

またおまけモードとして運動会モードがあり、本編でプレイできるミニゲームを2人対戦またはコンピュータ対戦でプレイできる。

ストーリー 編集

チャイニーズランドを占領してしまった妖魔一族を相手にジャックとリュウのコンビが立ち上がる。

システム編集

今回のフィールドマップは従来のRPGのように世界を真上から見た視点となっている。雑魚戦は前作のような固定画面のアクションで戦い、大ボスはコマンド選択式のバトルで戦うというファミコンジャンプ 英雄列伝聖闘士星矢 黄金伝説シリーズと似たシステムを使用。シリーズの基本的なシステムはこの時点で確立されている。

戦闘 編集

アクションバトル時のシステムは基本的に前作同様で、上下左右に動き、パンチやキックなどで、敵を倒し、規定数以上倒せば勝利となり、経験値とお金を得る。配置の岩や障害物を叩けばアイテムや?マークが付いたボールが出てきて、主人公の手助けになる。

ボス戦はシリーズ初のコマンド選択式。戦う・逃げるなどのコマンドを選んで戦う。大ボスだけでなく特定の迷宮内での雑魚戦もこのシステムで戦うことがある。

RPGであるが一人用・二人用が選択でき、移動や戦いも一緒にすることになるが、バラバラに行動はできない。

コマンド選択バトルのとき、一人用でプレイしていても「呼ぶ」コマンドを使うと、相棒のリュウが駆けつけて一緒に戦ってくれる(その際はコンピュータ操作)。

道中にいくつか修行があり、プレイ時は横スクロールのアクションゲームになり、それをクリアすると強力な必殺技やアイテムをもらえる。テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki