Fandom

任天堂 Wiki

ゾイド黙示録

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ゾイド黙示録』(ゾイドもくしろく)は、1990年12月21日に発売されたファミリーコンピュータゲームソフトで、トミー(現:タカラトミー)のゾイドを題材にしたシミュレーションゲームである。2009年1月13日より、Wiiバーチャルコンソールで配信されている。

内容 編集

プレイヤーは共和国軍と暗黒軍(ガイロス帝国)のどちらかの司令官を選び、ゲームマップ上のゾイド達を動かしていく。敵旗艦機を倒せば勝利。スタート時に設定で、“リアル”と“コウタイ”の二つを選ぶことができ、前者ではターン性がないまま進行し、後者はターン性となる。全16マップで、1~15のマップをクリアすると、最終マップ16に行ける。

システム 編集

コウタイを選んだ場合に、1ターンで動かせるユニットは2機だけ(同一ユニットを二回動かすことは可)であり、動かせるのは1マス。戦闘はシューティングアクションで、戦闘制限時間は20秒。

コンピュータの強さが理不尽で、障害物に隠れて撃ったり、マークIIの間接攻撃でのダメージを与える以外に勝利は難しい。なお、戦闘画面にはPのボールとTのパネルが落ちていて、Pを取るとHPが少しだけ回復、Tを取ると戦闘が終了する。

また、地上にはユニットを重ねると、パワーアップできるマークII用のパーツや、ダメージを回復させる補給基地、他に新たなユニットとして付け加える事が出来る野生ゾイドとがある。地形によって戦闘画面も変わる。

マークIIになると、最高3マス先の敵にミサイルによる間接攻撃が可能となり、更に通常攻撃時には、Bボタンで強化された火器も撃つことが出来る。

地殻変動システムという、ターンごとに地形が海になって、陸上ユニットが活動できない場所になってしまう場合があり、そうなると、再度地殻変動によって、陸地が現れるまで待つしかなくなり、飛行ユニットでないと、海上移動できない。

惑星Zi大異変直後の、多くのゾイド達が壊滅的なダメージを受けた世界が舞台のせいか、その飛行ユニットも、海上を移動する際には微量とはいえ、HPを消費してしまう。

最終マップ16ではバトルクーガーで強制出撃してしまう為に、暗黒軍側のエンディングはなく、暗黒軍を選んで全マップをクリアしても、最終的には共和国のエンディングになってしまう。

また、マップ16はシステムもリアル性にされてしまうので、迅速に行動しなければならない。

登場ゾイド 編集

ゲーム登場ユニットの最大HPは144〜64。


関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:ゾイドシリーズ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki