Fandom

任天堂 Wiki

チャンピオンシップロードランナー

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

チャンピオンシップロードランナー(Championship Lode Runner)コンピューターゲームで、ロードランナーの続編でもある。オリジナルはアメリカBrøderbund社のAppleII用ゲーム。 日本では、1985年からファミリーコンピュータ (発売元:ハドソン) やSG-1000 (発売元:セガ)、MSX (発売元ソニー)、国産パソコン各機種(発売元:システムソフトソフトプロ)に移植された。またWiiバーチャルコンソールでファミリーコンピュータ版が配信されている。要500Wiiポイント

概要編集

穴を掘りロボットを埋め、画面内にある全ての金塊を回収するアクションパズルゲームである。ロードランナーの上級編で、システムやルール、パッケージイラストは前作と同じである。

前作、ロードランナーと比較するとマップサイズが大きく上下左右にスクロールし、PAUSEさせて全画面を見渡すことができる(ただし日本版のみ)。Apple版とはマップサイズが1ブロック分だけ異なる。

31面は通常の攻略では絶対に解けず、別冊ファミリーコンピュータ必勝本1の攻略記事で、「こんなものはパズルなんかじゃない」と述べられる。これらの画面はロードランナーの作者であるタグ・スミスのところに投稿されてきた難易度の高い画面が採用されている。なお、ソフトのパッケージには、「警告! ロードランナー未経験者お断り!」と書かれている。

セガが発売したSG-1000版『チャンピオンシップロードランナー』の最終面はファミコン版の1面と同じ内容であり、デモプレイでもクリアまでの手順が見られるようになっているが、スタッフのミスにより一部のコンクリートブロックの部分を間違ってレンガブロックとしてエディットしてしまった為、デモプレイのように敵のロボットを誘導せずに普通にブロックを掘って攻略する事が可能になってしまっている。

パスワード編集

全部で50の面があり、最初の10個の面は好きな順番でクリアできる。それ以降は1面クリアするごとに次の面のパスワードが表示され、順にクリアしていかなければならない。パスワードはブロックなどの絵で描かれており、全てのパスワードをまとめると、最後の面のマップになっている。

ファミコン版発売当時、早解コンテストが催され、11面~50面までのパスワードを全て送ると、HUDSONチャンピオンシップロードランナー審査委員会から「チャンピオンカード」というゴールドの認定証が発行された。この認定番号は、早くクリアしたほど番号が若く、高橋名人の登録番号は39050番である(mixiにおける2008年12月5日の高橋の日記)。

なお、チャンピオンカードは50面全てをクリアしたことを証明するものとされ、各面のパスワードを送ることが条件だが、50面をクリアしてもパスワードは表示されず審査の対象外だったため、実際は49面までクリアすればもらうことができた。

関連項目編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki