FANDOM


2代目ドンキーコングは、任天堂のコンピュータゲームに登場する架空のキャラクター。現在のドンキーコングといえば彼のことを指す。

概要 編集

初登場は1994年発売のスーパーファミコン用ソフト『スーパードンキーコング』。当時では最先端の3DCGレンダリングでデザインされたゴリラ。初期の作品に登場していた先代ドンキーコング(クランキーコング)の孫息子であり、それまでのドンキーコングのイメージを残しつつ、極力本物の動物に近づけた設計がなされた、全く新しいキャラクター。目の周りに暗い影が入っており、頭のトンガリと、「DK」というマーク(“Donkey Kong”のイニシャル)の入った赤いネクタイがトレードマークである。

声優は、アニメ版『ドンキーコング』と一部のコマーシャルでは山寺宏一、ドンキーコングシリーズとしては『ドンキーコングジャングルビート』、マリオシリーズとしては『マリオテニスGC』以降の作品で長嶝高士が担当している。それ以前のゲーム作品では、チャールズ・マーティネーが担当している(エフェクトボイス)。『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』では声優は起用されず、サウンド音声によるボイスが使用されている。『スーパードンキーコング』のみ開発スタッフのケヴィン・ベイリスが担当し、『ドンキーコング64』のみ同じく開発スタッフのグラント・カークホープが声を担当している。またグラントの声は『マリオゴルフファミリーツアー』や『マリオvs.ドンキーコング』シリーズで使用されている。

先代のドンキーコングとの関係 編集

祖父である初代ドンキーコング(後のクランキーコング)と、2代目ドンキーコングはそれぞれ別のキャラクターであるが、同じ「ドンキーコング」の名前を持つため、オールスター系作品などでは彼らが一括りに扱われることも多い。『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』においては2代目ドンキーが参戦しているが、『大乱闘スマッシュブラザーズX』や『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』の一人用モード「オールスター」では、初代『ドンキーコング』がリリースされた年である「1981年生まれ」という扱いになっている。姿やプロフィールは別人として扱われており、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』のイベント戦の説明文でもそれが窺える。

なお、便宜上「2代目」とされてはいるが、本項の2代目ドンキーは初代ドンキー(クランキー)の孫のため、血縁上では、本来ならクランキーの息子であるドンキーコングJr.が2代目にあたり、実際には本項のドンキーコングは3代目となるはずだが、現在の「2代目ドンキーコング」とは本項のドンキーコングを指す言葉となっている。

人物編集

一人称はアニメ版および『スーパードンキーコング』『ドンキーコング64』GBA版『スーパードンキーコング』では「ボク」、『マリオパーティ3』『ドンキーコンガ3』やGBA版『スーパードンキーコング2』では「オイラ」、それ以外の作品では「オレ」になっている(一部の作品、漫画では「オレ」あるいは「わし」の場合もある)。

現役時代は暴れることが多かったクランキーコングと違い、ヒーローらしく「気は優しくて力持ち」という言葉が当てはまる。ただし『スーパードンキーコング』のストーリーでディディーコングにバナナの見張りを頼んだり、先代のイメージも継承している。また、地元のジャングルでは支配者を気取っている。

『マリオvs.ドンキーコング』シリーズでは玩具の「ミニマリオ」を工場から盗み出す、玩具が手に入らず癇癪を起こすなど、多少短気で強引なところがあるが、それは単に幼稚な面があるだけで本人に悪気はない。『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』以降はポリーンを攫ってしまうが、この点も先代のイメージを継承している。また、同作のマリオが社長を務めるおもちゃ会社「マリオ・トイ・カンパニー」で働いているという描写もされている。

「ドンキー(まぬけ)」という名前のとおり、ドジで頼りないところもあるため、よくクランキーコングからは説教されており、デビュー作『スーパードンキーコング』のオープニングではクランキーを怒らせてTNTバレル(要は爆弾)を投げつけられるなど、初期からこのような扱いだった。また同時に、過去に数回クレムリン軍団に誘拐されているというヒーローらしくない経歴を持ち、アニメでも周囲の仲間から酷い仕打ちを受けたことがある。さらに『ドンキーコング トロピカルフリーズ』ではザ・スノーマッズに彼の誕生日パーティを台無しにされただけでなく、島を乗っ取られ氷漬けにされてしまうなど散々な目にあっている。一方で『ドンキーコング64』では、元々クレムリン軍団の一員だったが作戦に反対したため牢に閉じ込められていたクランジーを助けようとしたり、『大乱闘スマッシュブラザーズX』のアドベンチャーモード「亜空の使者」ではクッパの攻撃から自分を犠牲にディディーを助け、代わりに自身は戦闘不能になってしまうという2代目ドンキーらしい優しさを見せた。また、シリーズで活躍が増えるにつれ、クランキーに褒められる方が多くなってきている。なお、「ヒーローである」という点は、性格や行動の結果だけでなく、自ら目指す人物像でもあり、特に高層ビルが立ち並ぶ大都会で活躍するのが夢である。

バナナが大好物で、あきれるほどのバナナ好きと言われており、実際にもバナナを大量に貯蔵していたり、奪われたり潰されたりすると怒るなど、バナナへの思い入れはこの上なく強い。また、力比べや勝負事が好きで『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』では自らのパワーを誇示していたり、『いただきストリートDS』では『ドラゴンクエストVI 幻の大地』のキャラクターであるハッサンと力比べをしたりしていた。その怪力は尋常ではなく自身よりも巨大な敵を軽々投げ飛ばしたり、月を片腕で殴り飛ばす程である(いずれも素手で行なっている)。後に空中から両拳で敵を攻撃したり、地面を殴って着地することがお決まりとなる。蔓やロープを使った空中アクションも得意であり、日常生活でも地に足が着いていないと例えられるほどであるほか、水中でも呼吸が可能な技能を持っている。見かけによらず器用であり、格闘技や投げなどで吹っ飛ばした敵は狙った箇所へぶつけられる。飛び道具となる技もコングファミリーの中では一番多い。『ドンキーコング64』のオープニングでは、ラジオの音楽に合わせながら片腕や足を浮かせながらの腕立て伏せを披露している。音楽はロックが好きらしく、ラジオから流す音楽は決まってロックやラップである。『ドンキーコンガ』シリーズでは、ディディー共々タルコンガの演奏で有名になりたいと思っている。アーケード版『ドンキーコング』を攻略したり、DSや3DSを持ち歩いてプレイするなど、ゲームも得意としてるようである。

マヌケなキャラクターと扱われることも多いが一方で、発想力や技術力に優れた面もある。『マリオvs.ドンキーコング』では、戦闘用ロボット(木製)を建造し操縦するなどしている。『ドンキーコングリターンズ』では機転が利く一面も見せた。

体格編集

初登場の『スーパードンキーコング』 - 『スーパードンキーコング3』や『マリオパーティ』 - 『マリオパーティ4』ではディディーやディクシー程度の小柄な体格であり、『マリオカート64』以降(『マリオパーティ』 - 『マリオパーティ4』を除く)は巨大化されている(クッパよりやや小さい)。ただ、『ぶらぶらドンキー』や『ドンキーコング ジャングルクライマー』などでは、アートワークでは大柄であるがゲーム上ではグラフィックの関係で小柄な体格に見える。このように、具体的な大きさは決まっているわけではない。

周囲との関係編集

クランキーにしかられたり、ドジな一面と呑気さで周囲をあきれさせることがある一方、実力や仲間想いもあってコングファミリー内でリーダーとして認められている。特に相棒であるディディーコングとは仲が良いが、喧嘩することもある模様。ファミリーの一人であり同じゴリラ仲間のキャンディーコングのことが好きとされるが、後に人間のポリーンがその対象となって持ち前のドジで勘違いし、彼女をさらうなどしている。

元々は『ドンキーコングシリーズ』から初登場したキャラクターであり、ヨッシーやワリオと違ってマリオシリーズから初登場したキャラクターではない。主にマリオシリーズにおいてのドンキーは多くの作品で味方サイドの扱いであり、その他の作品でもマリオたちの味方についていることがほとんどである。後述のように『マリオパーティ』シリーズでは『マリオパーティ5』以降、クッパに対する「正義のヒーロー」という位置づけでマリオたちに味方している(そのかわり、プレイヤーキャラクターではなくなった)。ただし、マリオシリーズにおいては基本的にバラエティ作品にしか登場しておらず、本編のアクションゲームのマリオシリーズには登場していない。マリオ以外のマリオファミリーとの詳細な関係もあまり描写されてはいない。

一方、先述したようにクランキーからの影響や、『大乱闘スマッシュブラザーズX』でのスネークとオタコンの会話でライバル視しているという会話があったりと敵対関係とされる場合もあり、『マリオvsドンキーコング』シリーズではマリオと敵対するものの、実際のところはマリオも彼が悪気があってやっているわけではないことを知っているので、マリオと一緒にミニマリオやミニDKを作ったりどの作品でも最終的に誤解を解いたり、ミニマリオやミニポリーンなど彼が欲しがっているのをプレゼントして仲直りするなど、基本的には仲が良い。ポリーンもドンキーのことを理解しているため嫌いではなく、むしろ非常に好意的であり、ドンキーも彼女が好きなのでさらう以上の危害は加えず紳士に接している。

脚注編集

  1. ただし、初代ドンキーコングもこれに似たデザインのネクタイを、その後発売されたゲームボーイ版『ドンキーコング』や『ゲームボーイギャラリー2』にて身につけており、そちらは文字が「D.K.(ピリオド入り)」という違いがある。
  2. ただし、「Nintendo Online Magazine」にてJr.と現・2代目ドンキーのプロフィールが同時に紹介されたものの彼らの関係は発表されたことはないため、父親なのか、それとも伯父(叔父)なのかは不明。
  3. スーパーファミコン版『スーパードンキーコング』取扱説明書
  4. DS版『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』公式サイトものがたりより。
  5. 『スーパードンキーコングGB』取扱説明書
  6. 初の3D作品となった『ドンキーコング64』でも水中で窒息は一切しない。ただしWii版の『ドンキーコングリターンズ』では泳げない設定になっている。
  7. ただし、彼の体に紐を付け、宇宙船に繋げたまま飛行するといった扱いである。
  8. Nintendo DREAM 2015年3月号『ONE PIECE 超グランドバトル! X』より。

ギャラリー編集

ドンキーコング (ゲームキャラクター・2代目)/ギャラリー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki