FANDOM


バーミン (VERMIN) は、任天堂の携帯型液晶ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」シリーズのひとつ。1980年発売。

内容 編集

モグラ叩きゲーム」をモチーフにしたもの。モグラが顔を出す穴が横に5つ並んでおり、モグラが出現する際にはその予兆として穴の手前の地面が盛り上がるので、プレイヤーキャラを左右に移動させ、顔を出したモグラを叩く。

プレイヤーキャラは広げた両手にハンマーを持っており、そのハンマーの下にモグラが顔を出したとき自動的に叩くようになっている。ハンマーよりも外側のモグラはもちろん、キャラクターの真下に現れたモグラも叩くことはできない。得点が100点単位に近付くにつれて、モグラの現われるスピードも速くなっていく。

モグラを叩き損ねるとミスとなり、3回ミスでゲームは終了する。最高得点は999点。

多くのゲーム&ウオッチシリーズと同様、GAME AとGAME Bの2種類がある。大きな違いは、GAME Aでは5つの穴のうち中央からはモグラが出没しないのに対し、GAME Bでは中央の穴からも出没する。

細かなバージョン違い 編集

普通の個体は銀板に白が一般的だが、中には銀板に黒の固体が出回ったことがある。海外で出回ったのも銀板に黒だが、名前が違うので一目で見分けがつく。今は数台しか確認されてない。そのほかに、銀板にサファイアブルーのブルーインパルスバージョンもある。ロゴの位置や「BLUE IMPULSE」の文字の印刷などが違い、こちらも数台しか確認されてない。

移植 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki