FANDOM


ファミコン野球盤』(ファミコンやきゅうばん)は、エポック社日本1989年12月15日に発売したファミリーコンピュータ野球ゲームソフト。

概要 編集

1984年から1987年まで自社製ハード・スーパーカセットビジョンを展開していたエポック社が同ハードの撤退後、路線変更して任天堂サードパーティーとなり発売したファミコンソフトの第1弾。エポック社が1958年に発売して以来ロングセラー商品となっている玩具・野球盤の名前を冠しているが、商標以外にゲームシステム等の共通点は存在しない。

ゲーム中、タイトル画面を始め随所に大魔神を模した鎧を着た指導者・野球魔神が登場している[1]

ゲームシステム 編集

メインのペナントモードでは12チームから任意の6チームを選んでリーグを編成し、30/60/130試合のペナントレースで優勝を目指す。選手は試合を重ねて行くごとに能力が成長し、また試合後に得られる収益で様々なアイテムを購入して装備させることでパワーアップが可能である。ペナントレース優勝後、開始時に選択しなかった6チームの中からランダムで選ばれる1チームと日本シリーズを争い、4勝すればエンディングとなる。

オープン戦モードでは1試合限定で、初期費用の1000万円を使って事前にアイテムを購入する。

球団 編集

カッコ内はモデルとなった日本野球機構(NPB)所属の実在チーム(名称は発売当時)。

球場 編集

以下の3種類が選べる。

  • ドーム - ドーム球場。両翼100m・センター122m。
  • 人工 - 人工芝グラウンド。両翼95m・センター120m。
  • 自然 - 内野が土・外野が天然芝のグラウンド。両翼90m・センター110m。

脚注 編集

  1. このキャラクターは、1993年スーパーファミコンで発売された実質的続編である『はた山ハッチのパロ野球ニュース!実名版』にも引き継がれている。
テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki