FANDOM


ファミリーテニス』は1987年12月11日ナムコが発売したファミコン用テニスゲーム。2002年携帯アプリにも移植される。

概要 編集

3頭身キャラだが、トップスピンやスライスなどの球の回転、サーブのスピード、フットワークなどに明確な設定を施し、16人の選手に個性がある。コートはハード、芝、クレイ、宇宙がある。ダブルスはなく、シングルス(1対1の対戦)のみで、2人プレイ時は対戦になる。トーナメントモードでは、交互にプレイすると最大8人のトーナメント戦が行える。

キャラクター 編集

テンプレート:節スタブ カッコ内は由来となる実在選手名。2段目に各能力を併記する。

えんどる(イワン・レンドル
サービス:A ストローク:A ボレー:C フットワーク:A
ぶんぶんに次ぐファーストサービスのスピードを誇り、強力なフォアハンドのトップスピンでエースを連発する最強の選手の一人。ボレーの弱さが唯一にして最大の弱点。
ぶんぶん(ボリス・ベッカー
サービス:A ストローク:A ボレー:A フットワーク:A
超高速のフラットサービスでノータッチのサービスエースを決めまくる。他の部門も軒並みトップクラスで名実共にNo.1プレイヤー。しかし、サービスをコートインさせるラケットスポットはごく僅かである。
えどまえ(ステファン・エドベリ
サービス:B ストローク:B ボレー:B フットワーク:B
ぶんぶんのステータスを全て80%に抑えた実力。バランスがとれている。
にらんでる(マッツ・ビランデル
サービス:B ストローク:A ボレー:C フットワーク:B
トップスピンが武器のグランドストロークプレイヤー。
めしいらず(ミロスラフ・メチージュ
サービス:C ストローク:C ボレー:B フットワーク:A
屈指のフットワークであらゆるボールを拾う粘りのプレイヤー。
すこんちょ(アンリ・ルコント
サービス:B ストローク:B ボレー:B フットワーク:B
サウスポーを武器にサーブ&ボレーを得意とする。
のあのあ(ヤニック・ノア
サービス:B ストローク:B ボレー:C フットワーク:B
まけろう(ジョン・マッケンロー
サービス:C ストローク:B ボレー:A フットワーク:A
スピンをきかせたサービスから鋭いボレーを武器とする、サーブ&ボレースタイルの代表的選手。
こねえず(ジミー・コナーズ
サービス:C ストローク:A ボレー:B フットワーク:B
サービスは女子選手並みのスピードだが、カミソリのような両手打ちのバックハンドを持ち、球足が伸びる芝コートで強い。
びょるぐ(ビヨン・ボルグ
サービス:B ストローク:A ボレー:C フットワーク:B
にらんでる同様、トップスピンが武器のグランドストロークプレイヤー。
きゃっちゅ(パット・キャッシュ
サービス:B ストローク:B ボレー:B フットワーク:B
ふくたろう(福井烈
サービス:D ストローク:C ボレー:C フットワーク:C
全てが平均以下のキャラクター。
なぶらっち(マルチナ・ナブラチロワ
えばると(クリス・エバート
すてっぴい(シュテフィ・グラフ
さぼちいに(ガブリエラ・サバティーニ

関連項目 編集

テンプレート:ナムコのテニスゲーム テンプレート:ナムコットテンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki