FANDOM


ファミリートレーナー 迷路大作戦』(ファミリートレーナー めいろだいさくせん)は、1987年7月31日バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。日本でのみ発売。周辺機器・ファミリートレーナーの専用ソフト第5弾。

概要 編集

ファミリートレーナーのマットB面(12キー)を使用。主人公の少年が青い帽子をかぶって草原を歩いていると怪しげな預言者のオババから「青い冠をかぶった勇者が迷宮に眠る3000年の太古の秘宝を持ち帰る」と言う伝説を聞かされ、強引に広大な地下迷宮の謎を解明することになってしまうと言うストーリーである[1]。前作『ジョギングレース』までのスポーツゲーム路線からアトラクション路線への転換点となったタイトルである。

舞台となる迷路は全5層28ステージで構成。言うなればコンピュータゲーム上で体感する迷路園であるが、モンスターなども登場する。主人公は攻撃手段を持たないのでモンスターの攻撃をひたすら回避するしか無く、また落とし穴などのトラップも仕掛けられており高度なアクションが要求される。全ての迷路を探索し、石碑にパスワードを入力して正解であればエンディングとなる。

通常のプレイ以外に、ランダムで選択される迷路を5分間の制限時間内に脱出する「5分間迷路」モードがプレイ可能。

脚注 編集

  1. 取扱説明書。

テンプレート:ファミリートレーナーテンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki