FANDOM


ゲーム&ウオッチにおける『ボール』 (BALL) は、かつて任天堂が製造販売していた携帯型液晶ゲーム機で、ゲーム&ウオッチシリーズの第一作。発売日は1980年4月28日。型番はAC-01。メーカー希望小売価格は5800円。

内容 編集

ファイル:Game and watch Ball.JPG

キャラクターの腕を左右にコントロールし、空中を飛び交うボールをお手玉のように受けて投げ返す事を繰り返すゲーム。ボールを地面に落とすとゲームオーバーになる。

ゲーム&ウォッチシリーズに共通の仕様としてGAME AとGAME Bの2つのモードがあり、GAME Aではボールが2つ、GAME Bでは3つのボールが使用され、ボールを受ける毎にそれぞれ1点、10点が加算される。最高得点はそれぞれ999点、9990点。

おおむねGAME Aでは10点毎、GAME Bでは100点毎にボールの移動速度が上がるが、GAME Aでは100点毎、GAME Bでは1000点毎に移動速度が数段階落ちる。GAME Aで280点、GAME Bで2800点に達すると、ボールの軌跡に残像が見えるようになるが、液晶の応答速度の関係や、急に速度が上がる事によってプレイヤーの目が惑わされる事による。

登場キャラクター 編集

移植 編集

復刻 編集

クラブニンテンドーの2009年度プラチナ会員の特典として復刻版が作成され、2010年4月下旬に発送された。

オリジナルから約30年を経ていることから入手困難な部品が多いため、内部の電子回路などが当時のものとは異なるが、開発者の記憶などを頼りに再現している。なお、現代の使用状況を考慮して消音機能を追加している。

リメイク 編集

外部リンク 編集


テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki