FANDOM


テンプレート:ネタバレ冒頭

ポートピア連続殺人事件』(ポートピアれんぞくさつじんじけん)は、堀井雄二がデザインしたアドベンチャーゲーム。当時のゲーム業界は個人による開発が主流で分業がほとんどされておらず、本作もオリジナル版のプログラム・シナリオ・グラフィック等の全ての作業を堀井が一人でこなしている(PC-6001、PC-8801版のみ)。

1983年エニックスよりPC-8801版から発売され(開発はPC-6001版が最初)、当時の多くの家庭用パソコンに移植された。1985年11月29日ファミコン移植版が発売され、ファミコン初のアドベンチャーゲームとなった。携帯アプリでもリメイクとして登場している。

パソコン版 編集

システムは当時としてはオーソドックスなキーボードからのコマンド打ち込み式のアドベンチャーゲームだが、SFやファンタジーといった現実から離れたジャンルのゲームが多かった当時では本作のような現代日本を舞台とするゲームは異色であった。後に堀井雄二がシナリオを担当したアドベンチャーゲーム『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』『軽井沢誘拐案内』と本作を合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれる。

基本的なストーリーはどの機種もほぼ同じであるが、ゲーム途中に出てくる暗号はパソコンの機種毎に異なり、その難易度には明らかに差があった。

ファミコン版 編集

チュンソフトが移植を担当。60万本を販売した[1]。ファミコンのコントローラーではパソコン版のようなキーボードタイプによるコマンド入力は困難であるため、パソコン版の『オホーツクに消ゆ』と同様のコマンド選択式のインターフェースを採用。ただし、コマンドを適当に選んでいるだけでゲームが終わらないように、パソコン版にあった暗号だけでなく画面内でカーソルを動かして証拠品を探す箇所や、3D表示の地下迷宮が追加されている。コンティニュー用パスワードバッテリーバックアップといった進行状況を保存する機能は存在しないため、プレイするたびに最初からやり直す必要があるが、正解さえ知っていれば短時間でエンディングに到達することが可能。

本作において成立した堀井雄二がゲームデザインをしてチュンソフトが開発するという体制は、その後の『ドラゴンクエストシリーズ』へと引き継がれている。

ストーリー 編集

黒い噂の絶えない金融会社、「ローンやまきん」の社長・山川耕造がある日突然に自殺(ただし、ファミコン版では殺害されている)する。その死に不審感を抱いた主人公は、他殺の可能性を調べようとするが、耕造の発見された部屋は完全な密室[2]であった。

キャラクター 編集

ボス
プレイヤーが操るキャラクター。基本的にプレイヤー視点で物語が進むため、画面には出てこない。
真野 康彦(まの やすひこ)
通称「ヤス」。ボスの部下であり、捜査上のパートナー。彼がボス(プレイヤー)に語りかけ、ボスの命令で動く形式でゲームが進行する。
署長
主人公2人の上司。姿は見えないが声はする。ヘマをすると怒られる。
山川 耕造(やまかわ こうぞう)
この事件の第一の被害者。年齢は不明。独り者。「ローンやまきん」の社長で、前科こそないもののあくどいこともやっており、多くの人から恨みを買っていた。しかし捜査をしていく内に、彼の意外な一面が明らかになっていく。
沢木 文江(さわき ふみえ)
耕造の秘書。23歳。耕造の死体の第一発見者でもある。
小宮 六助(こみや ろくすけ)
耕造に雇われている守衛。60歳。文江と共に耕造の死体を発見している。事情聴取ではなぜかステテコを履いて登場する。
事件現場はファミコン版が一戸建て住宅、PC版がマンションの一室という差異がある。そのためPC版の小宮はマンション管理人という設定になっている。
山川 俊之(やまかわ としゆき)
耕造の甥。29歳。無職で、耕造から金を貰っては遊び回っていた。傷害の前科がある。序盤では最も疑わしき人物だが、彼は犯行時刻に麻薬密売の取引をしており、アリバイがあった。なお俊之の苗字はゲーム中で明らかにする事は一切無かった[3]
むろた
俊之の麻薬密売の取引相手。4、5回検挙されている常習犯。名前はパソコン版でのみ表記。
平田(ひらた)
由貴子の父親。50歳。商店の経営をしており、耕造に多額の借金を抱えている。由貴子の証言によると、ローンやまきん以外でも借金をしていたらしい。
平田 由貴子(ひらた ゆきこ)
平田の娘。高校2年生。事情聴取の際に制服を着ている。PC版では登場しない。
以前はグレていたこともあったが、現在では学校に通っている。俊之とは知り合い。
川村(かわむら)
事件の第二の被害者。42歳。生前の耕造とは昔、詐欺仲間であった仲であるが、現在では揉めていた。手形詐欺の常習犯で前科6犯。
夕日 おこい(ゆうひ おこい)
新劇シルバーに勤めるストリッパー。川村の知り合い。
文江の兄
文江が幼少の頃、洲本で両親と共に暮らしていた文江の実兄。耕造と川村の詐欺によって両親が自殺してからは親戚に引き取られ、離れ離れになった。現在は行方不明。肩に蝶々の形の痣がある。
寺田屋旅館の女将
スナック「ぱる」のマスター
リカちゃん
電話番号を「0000000000」と入力すると、現れる。PC版では登場しない。お友達にバービーちゃんがいる(本人は登場せず母親の話の中に名前だけ登場)。
携帯アプリ版では「リガちゃん」に変えられている。
通信司令室
電話番号を「110」と入れると「デカが110番回してどないするんじゃ!」と怒られる。
桜井(さくらい)
PC版でのみ登場する特命捜査課の刑事。普通に進めた場合、1回だけ電話がかかるという形で登場する。登場人物の死亡を発見して「デハ エピローグヲ ムカエマスノデ[4] ヨイ ト ニュウリョクシテ クダサイ」というメッセージが出た際に「ヨイ」と入力して捜査を終了した後に出てくる偽のエピローグでも登場し、問題点を指摘してゲームオーバーを宣告する。

ゲーム中に登場する地名 編集

  • 花隈町 - 第1の事件現場であるが、パソコン版では特定の地名はなく、単に「現場付近」とされた。
  • 新開地
  • 神戸港(中突堤) - 洲本行きの高速船がある(発売当時、明石海峡大橋は事業化すらされていなかった。事業化が決定したのはファミコン版発売の直後)。
  • 京都
  • 阿弥陀ヶ峰 - 京都市東山区の豊国廟の背後にある標高196mの山。山頂まで565段もの石段が続く。
  • 淡路島 - パソコン版で「アワジ イケ」と入力すると、「アワジト イッテモ ナカナカ ヒロオマスガ…」と返ってくる。この淡路島は堀井の出身地(洲本市)である。

犯人 編集

本作の真犯人が何者であるかはよく知られており、当時このゲームが流行していた頃の世代には、このゲームを遊んだことが無くても犯人の名前だけは知っているという状況が多く見られた。この人物は「おそらく日本一有名な犯人」と形容されることもある[5]。具体的には、作中で常に主人公と行動を共にしゲームシステムの一部にも組み込まれている主人公の相棒、ヤスこと真野康彦が真犯人であるという意外な結末が用意されているのだが、これを一言で言い表した「犯人はヤス」というフレーズは未だにネタバレを指す小ネタとして使われることがある[6]。デザイナーの堀井も、もし本作の次回作を作ることがあるなら、このフレーズをサブタイトルに組み込みたいという話を冗談めかして語っている[7]

ビートたけしがゲームに興味を持ち始めた頃、ラジオ番組『オールナイトニッポン』の中でこのゲームのプレイを延々実況するという試みを行った。その際、偶然に「犯人、こいつじゃねぇのか?」という偶然に真相を言い当ていた発言が放送されてしまい、周囲で見ていたたけし軍団が大慌てした。この放送では、虫眼鏡(型カーソル)で太陽を覗かせ、ゲーム中のアシスタントであるヤスから注意を受けると「ゲームに突っ込まれちまった」「ゲームが突っ込んでどうするんだ」などとリアクションをとっている。また、たけしはこのゲームが気に入っていたのか、テレビ番組『オレたちひょうきん族』内で、石井めぐみの「分からないわ…」という台詞に対し、「あれでしょ?ポートピア連続殺人事件。地下の迷路が難しいんだよ」とボケていた。また、テレビ番組『スーパージョッキー』で「犯人はヤスなんだ」と言ってしまい、まだゲームをクリアしていないのに犯人を知ってしまった人もいた。

その他 編集

パソコン版では文章入力方式[8]であり、新開地に進みたければ基本的に命令口調で「シンカイチ イケ」(「ヲ」「ニ」などは不要)のようにコマンドを打つ。「デンワ」など単語だけで判断可能な場合は「シロ」「セヨ」は不要。特定の機種版では、方言対応と銘打って「シンカイチ イクンダヨ」のように入力しても反応できる仕様となっていたが、「シンカイチ イクナ」と入力しても新開地に行ってしまう。また、「アホ」と入力すると「アホ ト イウホウガ アホ ヤト ウチノ シンダ オバアチャンガ ヨク イッテマシタ」という反応が返ってくる。

ファミコン版に登場する地下迷宮は『ウィザードリィ』へのオマージュであると思われる。迷宮内の落書き「もんすたあ さぷらいずど ゆう」(Monster surprised you=怪物はあなたを驚かせた)は英語版『ウィザードリィ』でモンスターの奇襲に遭った場合のメッセージ。

ファミコン版では容量節約のため、カタカナは「イ・カ・キ・コ・シ・ス・タ・ト・ヘ・ホ・マ・ミ・ム・メ・ラ・リ・ル・レ・ロ・ン」の20文字のみが使用されている(堀井雄二がいう「よく使う20文字のカタカナ」。この工夫は後の『ドラゴンクエスト』等にも引き継がれている)。このため、パソコン版では「ペンダント」として登場したアイテムが、ファミコン版のみ「ゆびわ」となった。なお、ファミコン版を移植した携帯アプリ版も「指輪」となっている。

ファミコン版ソフトの箱とソフトのラベルに描かれている男女の絵と物語の関連性が当時話題になった。

登場人物の一人である沢木文江は、後に同じエニックスの続編『軽井沢誘拐案内』にも登場する。

音楽が一切無い。ファミコン版で出て来る音響は冒頭などのサイレンの音、電話の音、ドアなどを閉める音、コマンド入力音、台詞の文字が流れる音くらいのものである。逆にこれが恐怖を煽る演出として効果的である場面が多く出て来る。尚、携帯アプリ移植版では全編BGMが付いている。

合成音声機能を持つPC-6001mkIIの専用版(PC-6001版のテープB面に収録)では、ヤスなどの登場人物が、一部の場面で音声を出すようになっている(例:街で「キキコミ」をすると、ヤス「あのぉ、ちょっとお尋ねしますが…」通行人「はい、何でしょう?」など)。

関連書籍 編集

脚注 編集

  1. 土屋新太郎『キャラクタービジネス その構造と戦略』より。
  2. 具体的には、現場の部屋のドアは内側からロックするにも鍵を必要とする錠前が付いており、その錠前は内側から鍵が差し込まれていると外側から鍵が入らない構造で、発見時には内側から鍵が差し込まれていた。また窓ははめ殺しで開閉不可。
  3. パソコン版の説明書には、人名を入力する際、山川姓の人物については「コウゾウ」「トシユキ」と入力するという記載がある。
  4. オリジナルのPC-6001版などはメモリ容量の関係上プロローグ・本編・エピローグがそれぞれ別々に記録されているため、「では エピローグを CLOADしますので」となる。
  5. テンプレート:Cite news
  6. 同人用語の基礎知識の当該ページ
  7. テンプレート:Cite web
  8. 主要なコマンド等(「イケ」「シラベロ」「アリバイ」など)はファンクションキーに割り当てられている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki