FANDOM


マッピー』(MAPPY)は、1983年ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)よりアーケードゲームとして発売されたコンピュータゲーム1984年11月14日にはファミリーコンピュータに移植され、その後も様々な機種に移植されている。アメリカ合衆国ではミッドウェイ社(後のミッドウェイゲームズ)がナムコのゲームをライセンス生産及び販売していた。

ゲーム概要 編集

主人公であるネズミの警官・マッピーを操り、トランポリンやパワードアを上手く使って泥棒猫・ニャームコとその手下・ミューキーズを避けながらステージに点在する盗品の数々を取り返していく面クリア型アクションゲーム

ゲームデザイナーは佐藤英治[1]

ゲーム内で使われている音楽は大野木宣幸によるもので、テンプレート:要出典範囲

遊び方 編集

主人公であるマッピーを2方向レバーで左右に動かし、ボタンで扉の開閉を行う。

舞台はニャームコ達のアジトである洋館である。画面は、建物を真横から見た形で、アーケード版では6階建ての建物となっている。中盤以降は屋上に行けるようになり、階数+1フロア分を移動できる。キャラクターは床の上を左右に移動できるが、上下の階へ移動する際は床の切れ目にあるトランポリンを使用する。敵のネコ達をかわして全ての盗品を回収すると1ステージクリアとなる。

ステージ開始後、一定時間が経過すると"HURRY UP!"が表示され、音楽のテンポが上がり、同時にミューキーズが追加され、ネコ達の動きも早くなる。さらに一定時間経過するとご先祖様が登場する。

3ステージ(ゲーム開始後は2ステージ)クリアごとにチャレンジステージとなる。

ステージが進むごとにネコの移動速度が速くなり、最終的にはマッピーの倍以上にまで達する。その上、"HURRY UP!"の警告までの時間が短くなるため、ステージが進むにつれて高得点重視からクリアまでの時間短縮を重視する戦略が必要とされる。

トランポリン
床の途切れた場所に行くとトランポリンで昇降する事が出来る。この場合、レバーを操作しないと単純に昇降し続ける。
トランポリンで上昇中にレバーを左右に倒すと行きたい階へ着地する事が出来るが、下降中は着地できない。
マッピーが着地なしで同じトランポリンを跳ぶごとに色が緑→青→黄→赤と変化し、赤になっている状態で再度トランポリンに着地するとトランポリンが破れて下に落ちてしまう。ミューキーズやニャームコが飛んでも色は変化しない。途中でどこかの床に着地すると緑に戻る。ボーナスステージでは着地できないため色は戻らず、通算で4回同じトランポリンで跳ぶと破れる。
トランポリンが破れた場合、下にさらにトランポリンが無ければミスとなる。
昇降中はネコ達に触れてもミスにならない。ご先祖様はミスになる。
トランポリンでのジャンプ1回につき10ポイント。
通常のドア
通路上にある扉は開閉でき、ノブのある方向へ開く。敵のネコ達は扉の開閉動作に重ねる事で気絶させる事が出来る。気絶中は触れてもミスにならない。たまに閉まっている扉を自らの方向に開けて、それにぶつかって気絶するネコ達もいる。ネコ1匹を気絶させるごとに50ポイント。
マッピーは扉にぶつかっても気絶しない。またマッピーがドアのすぐ手前に来てから開閉すると、ドアの圧力でマッピーが若干吹き飛ばされ、これでネコに体当たりして気絶させることも出来る。手前に開いたドアは通り過ぎる瞬間に閉めてその圧力で手前に吹き飛ばされることにより、早く進むことも出来る。吹き飛ばされている間は盗品を通過しても回収はできない。
ネコ達は自分でドアを開けることはするが、閉めることはしない。マッピーだけが閉められる。
ネコ達はドアの至近距離まで行かないとドアを開けられないが、マッピーは少々離れていてもドア開閉ができる。これを利用して、挟み撃ちに遭ったときなどで操作可能のドアがある場合、ボタンを連打しているとネコを気絶させて助かるケースもある。また上記のようにドアを開けてネコが自爆することも多いので、余裕があるときはこまめにドアを閉めておくと窮地で助かることもある。
パワードア
1ステージに4つのパワードアがあり、この扉を開けるとノブの方向に向かってマイクロ波が出る。このマイクロ波にネコ達を引っ掛けると画面外に消えて行き、得点がもらえる。
得点は引っ掛けたネコ達の数によって決まっていて、1匹の時200点で、1匹増えるごとに400、800、1200、1600、2000、3000、4000、5000となる。その中にニャームコが入った場合、得点は2倍になる。ミューキーズ8匹とニャームコの計9匹を引っ掛けた時、5000x2で10000点。ただし例外として、ミューキーズ9匹とニャームコの計10匹を引っ掛けた場合、6000x2という表示が出るが、実際は1000点しか入らない。
パワードアは、1ステージに付き1回のみ使用可能でミスをしても復活せず通常のドアとなってしまう。
パワードアの状態のとき、ネコ達はこれを開けられずに廊下を引き返す。安易に開けないほうが、いざというときに窮地から救われるケースもある。
パワードアは、マッピーとご先祖様のみが開けられる。
ベル
ステージが進むと天井にベルが付いている場所がある。このベルをマッピーが通過すると、落下してトランポリンを飛んでいるネコ達が、気絶する。
気絶させた場合、ミューキーズ一匹につき300点、ニャームコは1000点が入る。なお、ご先祖様は気絶しない。
ベルもパワードア同様に1ステージにつき1回のみの使用しかできず、ミスをした場合使ったベルは消滅する。
落とし穴
ステージが進むと床の一部が点滅し、落とし穴となっている場所が現れる。この床をマッピーが通過すると一定時間穴が開き、そこを通過するネコ達が落下して気絶する。
気絶させた場合、ミューキーズ一匹につき300点、ニャームコは1000点が入る。なお、ご先祖様も落とし穴には落ちるが、得点は入らない。
マッピー自身もこの落とし穴に落ちるとミスとなる。
落とし穴もミスをしたときの扱いはベルと同様で、使った落とし穴は普通の床になる。

ミス 編集

ミスとなる条件は以下の通り。なお、チャレンジステージではミスにはならない。

  • 床移動中に、気絶していないネコ達や盗品に隠れていないニャームコに触れる。
  • ご先祖様に触れる。ただしファミコン版の場合、扉の開閉に乗っての滑走中及びご先祖様がトランポリンから床に着地する瞬間に限り、すり抜けることが可能である。
  • トランポリンから床に着地せずに連続4回飛び、破れた後の下にトランポリンが無い場合。
  • 自分で開けた落とし穴に落ちる。

キャラクター 編集

マッピー
主人公。ネズミ警察官で、ニャームコ達に盗まれた品物を取り返すことを目的とする。元々はナムコが開発した実在する迷路脱出ロボットをキャラクター化したもの。
続編である「マッピーランド」では、「マピコ」という女性と出会い、愛を育み結ばれる。その後に二人の子供を授かる。
さらにその続編である「マッピーキッズ」ではマピコとの間に生まれた双子の子供、兄の「ハッピー」と弟の「ラッピー」が成長して登場する。本作ではハッピーが主人公となっていて、ラッピーは2P対戦時のみ登場する。花嫁を巡って世紀の兄弟対決がストーリーとなっている。エンディングでは父・マッピーも登場する。
ニャームコ
敵キャラで、泥棒ネコ達のボス。赤い色をしているちょっと太目のネコ。
行動パターンが一定で、自ら盗んだ品物に隠れる。品物に隠れているときにその品物を取ると1000点獲得し、ニャームコは「1000」と書かれた看板を掲げた状態でしばらく動かなくなる。
「マッピーランド」ではステージ毎に衣装を変えて登場する。また小判など金目のものに目がない。
「マッピーキッズ」では各ステージの最後に登場し、スロットにて景品と、それを掛けてゲーム対決を仕掛けてくる。1P時は彼の子供たちであるミューキーズが相手となり、2P時は双子の兄弟対決となる。
ミューキーズ
敵キャラ。ピンク色をしているネコ。アーケード版では内1匹はマッピーを追って階着地直後、また飛び直してくる。
アーケード版では、『NYANTA』(ニャンタ)と表示されるバージョンも存在する。
廊下の端の閉まったドアの存在やパワードアなど、自力でドアを開けてマッピーと同じ階の同じ場所まで到達できないとき、それを学習して2度目は上下の階から迂回してくる。ただし引き返してトランポリンで跳んでいるときに障害物のドアを開けると、また同じ階に来るケースもある。
初出ではニャームコの子分という扱いだったが、後の作品では子供たちということになっている。
「マッピーキッズ」では、そのうちの3匹に「ミュータ」「ミューキチ」「ミューミュー」と名前があり、それぞれ特徴がある。
ミュータ
3匹の中では反射神経が鋭く、旗揚げゲームを得意とし、苦戦を強いられる。逆に他のゲームは苦手。
ミューキチ
3匹の中では力が強く、尻押しゲームを得意とし強敵である。逆に旗揚げゲームが苦手。間違いゲームはそこそこ。
ミューミュー
3匹の紅一点。視力が非常によく、間違い探しが得意。また旗揚げ・尻押しともにそれなりにこなせ、苦手とするジャンルが無い。
ご先祖様
ニャームコのご先祖様で、永久パターン防止キャラクター。一定時間後に出てくるコイン型のネコ(墓石)。
マッピーが触れるとトランポリン使用時でもミスになる。
例外としてファミコン版では、マッピーがドアダッシュ中及びご先祖様が床に着地する瞬間のみ、すり抜けることができる。
アーケード版では、バグにより出てこないことや、マッピーが近付くと階の途中で折り返してくることがある。また、マッピーが5・6階・天井裏にいる時は1階を行ったり来たりしている。

盗品 編集

1ステージに付き盗品は全て10個あり、5種類の盗品が2個ずつとなっている。1つ盗品を回収するともう1つが点滅し、その点滅している盗品を回収すると得点が2倍、3倍とアップ(2個目の盗品のみで、1個目は通常の点数)していく。全てを順番(ラジカセ→ラジカセ→テレビ→テレビ→マイコン→マイコン→モナリザ→モナリザ→金庫→金庫)に回収すると8,500点となる。ニャームコが盗品に隠れている状態で回収した場合はミスにならずボーナス点(+1,000点)がもらえる。この1000点を多く取るパターンの場合は盗品の順番は適度に入れ替えたほうが良い場合もある。

ボーナスラウンド 編集

ここでは、画面上に散りばめられた風船を、音楽が鳴っている間に割っていく。通常の赤い風船15個とニャームコ入りの大風船1個を割っていくのだが、このステージには床がなく、すべてトランポリンと壁のみで構成されている。途中でトランポリンを破って一番下に落ちたり、音楽が終了したり、ニャームコ入りの大風船を割るとラウンド終了となり、結果が表示される。このステージでミスをしてもマッピーの数は減らない。

赤い風船は一個200点、ニャームコ入りの大風船は一個2,000点、パーフェクトの場合は5,000点のボーナスが加わり、最高で10,000点となっている。

ボーナスラウンドの風船配置は四パターンで、風船の回収順序を覚えてしまえばパーフェクトを取ることは容易である。三パターン目では大風船直上の二つのうちの上側の風船、四パターン目では大風船の右上の風船を、大風船を割って飛び出すニャームコに割らせる必要があり、順番に割って進めてしまうと大風船に辿り着くまでに音楽が終了し、パーフェクトを取ることができない。

アーケード版の特徴 編集

全部で256面
ROUND1からROUND16までですべての面が表示され、以降はROUND1に戻るが、スピードはかなり速くなる。2周目のROUND31をクリアするとゲームは3周目となる。以降はこの3周目のスピードが延々続き、255面の次は0面に到達する。255面はボーナスステージのため表示無し。最後の0面までクリアすると、ゲーム最初のGO ON STORY!のデモから始まり、1面に戻る、この延々続くシステムのため、得点効率の高い危険なパターンを使うより、適度な得点効率の安全パターンでミスせず面クリアしていくほうが良いスコアになる。
アーケード版の公式最高ハイスコアは、マイコンBASICマガジン関係者によるもので、88面達成。プレイヤーが具体的に誰なのかは不明。ALL ABOUT namco掲載の写真によれば、116万3150点となっている。
マイコンBASICマガジン誌でハイスコアを集計していたコーナー「チャレンジ!ハイスコア」では2000万点のスコアが確認されている。ちなみに1000万点達成時の所要時間は12時間前後とのこと。
また、非公式ながらノーエブリ設定で999万9990点を達成したプレイヤーも存在する。
半永久パターン技
アーケード版マッピーには、ROUND28以降、落とし穴のある面で使える、永久パターンに準じたテクニックが存在し、そのスキを狙って宝物をすべて取れば、容易に面クリアしやすくなる。ただし途中で突然追いかけて来ることもあり、完全な永久パターンとは呼べない。

移植版の特徴 編集

本作は家庭用ゲーム機のほか、80年代半ばに8ビットパソコンの移植作品が主に電波新聞社によって次々に開発、販売された。

  • 市販された初期の移植作品はゲーム機、パソコンを問わず洋館が5階建て以下で、MSX版など一部機種は4階建てである。そのため、アーケード版の攻略パターンは通じない。
  • MZ-80K/C版は電波新聞社から発売され、キャラクタグラフィックによる苦しい表示が特徴だった。HAL研究所PCG-8000に対応したバージョンも出ている。
  • MZ-1500版は上記のPCG版をリファインしたものであり、ハードウェア性能を生かしたものとは言い難い仕上がりになっている。BGMもMZ-80と同じくBEEPによる単音の演奏である。
  • MZ-2500版はハードウェアにより横方向のスムーススクロールを実現している。
  • X1版は一度発売された後、再度プログラムを大幅に書き直し、グラフィックやキャラクタの動作アルゴリズム、サウンドがよりオリジナルに近くなったニューバージョンが発売されるという異例のてこ入れが行われた。
  • X1のNewVersion、mz-2500、PC-88SR版は、ベースが同じであり、ゲーム画面、アルゴリズム共に、類似したものになっている。
  • FM-7版は屋敷が単色による表示となっていた。
  • カバヤの食玩、ゲーム伝説シリーズにあったアーケード版マッピーは、序盤数面だけのラウンド限定システムだったため、得点効率を高めたパターンが必要になる。
  • iOS(iPhone / iPod touch)版は画面外にいる猫達のy軸位置がアイコンでわかるナビゲート機能が追加された。

対戦モード 編集

ゲームギア版には、通信ケーブルを使用した対戦モードが用意されていた。それぞれのプレイヤーが独立したフィールドでプレイし、先に全ての盗品を回収するか、相手がミスをすると勝ちとなる。パワードアを使って追い出した敵キャラは、相手方のフィールドへ送り込むことが出来る

スクランブルモード 編集

iOS版には落とし穴ステージをベースとした90秒のタイムアタックであるスクランブルモードが新たに収録された。パワードア、落とし穴、アイテム(NEWアイテムで、対には用意されていない)はしばらく経つと復活する。

シリーズ作品 編集

アレンジソング 編集

  • ちょっとマッピー男の子
歌:ツベルクリン/作詞:弓達公雄/作曲:大野木宣幸/編曲:米光亮

ロボットとしてのマッピー 編集

キャラクターの項で触れたとおり、マッピーは当初迷路脱出用ロボットとして登場した。人間がリモートコントロールするタイプのロボットとは異なり、自ら試行錯誤の末に出口へと向かうマイクロマウスと呼ばれる自立型ロボットで、1981年に開かれた第2回全日本マイクロマウス大会(財団法人ニューテクノロジー振興財団主催)で初登場した。ナムコは前年にも同大会に参加しており、そのロボットの名前がニャームコだった。ちなみに、マッピーと言う名前は「マップ」に警察官の隠語である「マッポ」を掛けたもの[2]

なお、ニューテクノロジー振興財団の発起人はナムコ創業者の中村雅哉で、現在も財団の所在地はバンダイナムコゲームス本社と同じである。

脚注 編集

  1. バンダイナムコゲームス公式サイト アナタとワタシのナムコ伝 ナムコ伝09 マッピー
  2. 『つくば科学万博クロニクル』(洋泉社)2005年、p81。

関連項目 編集

プレイステーション版(1996年2月9日発売のVol.2)、
プレイステーション・ポータブル版(2006年2月23日発売のVol.2)、
プレイステーション2版(2006年1月26日発売のアーケードHIT'S)、
ニンテンドーDS版(2007年10月11日発売)、
Wii版(2007年12月6日発売の『みんなで遊ぼう!ナムコカーニバル』)、
Xbox 360版(2009年11月5日発売の『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』)
に収録。
アトラクションのひとつ「福袋探偵大学」に、マッピーが学長として登場する。
2008年1月29日よりファミコン版が、2009年4月14日よりアーケード版が配信されている。

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stub

テンプレート:ナムコットzh:貓捉老鼠

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki