FANDOM


マリオカート8』(Mario Kart 8)は、2014年5月29日に任天堂より発売されたWii U専用ソフト。家庭用向けの『マリオカート』シリーズとしては8作目にあたる。

Nintendo Switch専用として発売された『マリオカート8 デラックス』(Mario Kart 8 Deluxe)のページを参照してください。

概要 編集

アーケードゲーム版を除いたマリオカート作品の8作目であることから、前作『マリオカート7』に続き、タイトルにナンバリングが記された。

本作では、前作で搭載された空中あるいは水中での走行が引き続き搭載され、さらに新しく「反重力」という要素が搭載された。コース上のカベや天井などに「反重力エリア」が配置されており、「反重力エリア」に進入するとタイヤが水平に可動し、壁面や天井などを走行することが可能。この反重力の概念から、本作のタイトルロゴの「8」もメビウスの輪のように裏表が反転したコースをデザインしたものとなっている。また、『マリオカートWii』で初登場したバイクが本作で復活し、『マリオカート7』と同様に、好みのパーツを組み合わせてマシンのカスタマイズも可能。

本作はシリーズ初のHD(720p)対応となり、2人プレイ時も60fpsで動作する。また、「Wii U GamePad」の操作に対応しており、GamePadの画面上にはコースマップやクラクションボタンが表示される。アナログスティックによる操作に加え、「Wiiリモコン」と同様のモーションセンサーを使用した操作にも対応している。また、テレビを使用せずWii U GamePadの画面のみでのプレイに対応している。

シリーズとしては初めてコースのBGMに生演奏が収録され(32コース中20コース)、村田陽一(トロンボーン)、エリック・ミヤシロ(トランペット)、坂東慧(ドラムス)、則竹裕之(ドラムス・第二弾追加コンテンツのみ)、勝田一樹(サックス)、増崎孝司(ギター)などの大物ミュージシャンが多数参加した。前作同様、トップを走っている時はBGMがパーカッション入りの通称「イケイケトラック」に変化する。

インターネットに接続して遠くのプレイヤーと通信対戦することも可能で、インターネットの通信対戦では1ゲームに最大12人まで参加可能。また、前作『マリオカート7』では搭載されていなかった1人用の「VSレース」モードが搭載されており、自分の好みのルール設定でレースが可能。

Wii Uと本作を同梱した『Wii U すぐに遊べるマリオカート8セット』が2014年11月13日に発売された。『マリオカートWii』と異なり、「Wiiハンドル」は未同梱。

ゲームモード 編集

本作には以下のゲームモードが搭載されている。

ひとりで
1人用のモード。「グランプリ」「タイムアタック」「VSレース」「ふうせんバトル」の4種類のゲームをプレイできる。
グランプリ
4つのコースで構成されたカップ(大会)をプレイし、総合順位を競うゲーム。1レース終了ごとに順位に応じて「ドライバーズポイント」が与えられ(1位が15ポイント・2位が12ポイント・3位が10ポイント・4位が9ポイント。以下1つ順位が下がることに、加算されるポイントが1ずつ減少し、12位は1ポイントのみ)、4レース終了時の合計得点で総合順位が決まる。
タイムアタック
コースを選択して自分のマシン1台だけで走り最速レコードを目指す、1人用の練習モード。自分の走りが最速レコードになるとその走行が「ゴースト」として保存される。保存されたゴーストはインターネットにアップロードでき、世界中のユーザーと共有することができる。
VSレース
走るコースやアイテム、レースの回数などの細かいルールを自由に設定して対戦するゲーム。
ふうせんバトル
アイテムでライバルを攻撃し、風船を割り合うゲーム。制限時間内に相手の風船を割った数と、自分が持っている風船の数を合計した数で順位が決まる。
みんなで
2~4人で対戦するモード。
インターネットひとりで/ふたりで
インターネットに接続して、遠くにいるプレイヤーやフレンドと対戦するモード。以下の4種類のモードから、対戦相手を探してプレイできる。
せかいのだれとでも/こくないのだれかと
それぞれ世界中、国内のユーザーとマッチングし、レースや風船バトルで対戦する。
フレンドやライバルと
「フレンド」に登録したプレイヤーや、一度対戦したことのあるプレイヤーと対戦する。
大会で
インターネット上で開催されている「大会」に参加して対戦できる。他のユーザーの大会に参加するだけでなく、自分で大会を開くこともでき、大会を開く場合は大会名や開催期間、その他の細かいルールを設定する。
マリオカートTV
インターネットで自分の「ハイライト映像」を投稿したり、他人のハイライト映像をダウンロードしたり、鑑賞できるモード。
カタログ
新しいコースやキャラクター、マシンがセットになった追加コンテンツを有料で購入できる。

プレイヤーキャラクター編集

公式サイトより。隠しキャラクターは各グランプリで優勝することで一人ずつ解放されるが、誰が解放されるかはランダム。今作は隠しキャラクターを解放していない状態でもCOMキャラクターとして登場することがある(メタルマリオ、ベビィロゼッタ、ピンクゴールドピーチは除く)。 また、追加コンテンツ購入により、キャラクターが増やせる(後述)。

軽量級 編集

  • ベビィマリオ
  • ベビィルイージ
  • ベビィピーチ
  • ベビィデイジー
  • ベビィロゼッタ - 新キャラ、隠しキャラ
  • レミー - 新キャラ、隠しキャラ
  • キノピオ
  • ノコノコ
  • ヘイホー
  • ジュゲム - 隠しキャラ
  • キノピコ - 隠しキャラ
  • ウェンディ - 新キャラ、隠しキャラ
  • ラリー - 新キャラ、隠しキャラ

中量級 編集

  • ピーチ
  • ヨッシー
  • デイジー
  • マリオ
  • ルイージ
  • ルドウィッグ - 新キャラ、隠しキャラ
  • イギー - 新キャラ、隠しキャラ

重量級 編集

  • ドンキーコング
  • ワルイージ
  • ロゼッタ - 隠しキャラ
  • ロイ - 新キャラ、隠しキャラ
  • クッパ
  • ワリオ
  • メタルマリオ - 隠しキャラ
  • ピンクゴールドピーチ - 新キャラ、隠しキャラ
  • モートン - 新キャラ、隠しキャラ

その他 編集

  • Mii - 隠しキャラ
Miiの重量は前々作『Wii』と同様、Miiスタジオで設定した身長と体重によって変化する。今作ではハーフヘルメットを着用している。

有料DLC編集

第1弾編集

  • リンク(ゼルダの伝説) - 重量級
  • タヌキマリオ(スーパーマリオ3Dランド) - 中量級
  • ネコピーチ(スーパーマリオ3Dワールド) - 中量級

第2弾 編集

  • むらびと(どうぶつの森) - 中量級(少年、少女)
  • しずえ(どうぶつの森) - 軽量級
  • ほねクッパ - 重量級

その他(第1弾と第2弾の購入特典) 編集

  • ヨッシーのカラーバージョン8色
    • あかヨッシー
    • あおヨッシー
    • みずいろヨッシー
    • きいろヨッシー
    • ピンクヨッシー
    • くろヨッシー
    • しろヨッシー
    • オレンジヨッシー
  • ヘイホーのカラーバージョン8色
    • みどりヘイホー
    • あおヘイホー
    • みずいろヘイホー
    • きいろヘイホー
    • ピンクヘイホー
    • くろヘイホー
    • しろヘイホー
    • オレンジヘイホー

マリオカートTV編集

自動で30秒程度に編集されたハイライト映像をMiiverse上に投稿することが可能で、そのハイライトを他のユーザーと鑑賞しているかのように楽しむことができる。Miiverseで一般ユーザーが動画を投稿できるようになったのは当ソフトが初。また、ハイライト映像をYouTubeにアップロードすることができる。

amiiboとの連動 編集

2014年のE3で、Wii U GamePadのNFC読み取り機能をもったフィギュア『amiibo』と連動することが発表された。

GamePadにamiiboをタッチすると、そのキャラクターに応じてMii用のレーシングスーツが入手できる(例えばマリオのamiiboをタッチすると、マリオ柄のスーツが手に入る)。

対応amiiboは以下の通り。

第1弾…「マリオ」「ルイージ」「ヨッシー」「ピーチ」「ドンキーコング」「リンク」「カービィ」「キャプテン・ファルコン」「サムス」「フォックス」

第2弾…クッパ・キノピオ・ワリオ・ロゼッタ&チコ・むらびと・ピクミン&オリマー・ソニック・ロックマン・パックマン

互換対応…ドクターマリオ・トゥーンリンク・ゼロスーツサムス・あみぐるみヨッシー(みどり・ピンク・みずいろ)・しずえ

2014年11月13日に配信される更新データでソフトを更新するとamiiboと連動するようになる。

ギャラリー編集

マリオカート8/ギャラリー

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。