Fandom

任天堂 Wiki

ミシシッピー殺人事件

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ミシシッピー殺人事件』(ミシシッピーさつじんじけん、MURDER on the MISSISSIPPI[1])は、ジャレコが発売したファミリーコンピュータ用のアドベンチャーゲーム。のちにMSX2へ移植された。

海外では「MURDER ON THE MISSISSIPPI」という名前でアクティビジョンからコモドール64Apple IIで発売されている。海外のものがオリジナルであり、日本のものはジャレコによるライセンス開発である。

概要 編集

セントルイスからニューオリンズへと向かう外輪船「デルタ・プリンセス号」で起こった殺人事件を、たまたまそこに居合わせた探偵チャールズ卿が助手のワトソンと共に犯人を推理し、解決する。

登場人物 編集

チャールズ卿
主人公の探偵。展開によっては、彼自身が第2の被害者になってしまうこともある。チャールズ・ドイル(コナン・ドイルの父)画のシャーロック・ホームズに風貌が似ているが、ホームズではない[2]
ワトソン
チャールズの助手。決まった数しかメモを取ることができない。たまに1人で勝手に歩くこともある。チャールズが死ぬと、やり直せることを切望する。アクティビジョン版では「リージス」という名前である。
ディジー
売春婦。8号室にいる。ニューオリンズのパールおばさんを訪ねに行くために乗船した。おばさん秘伝のオクラスープは乗客に大人気である。
テーラー
売春婦。ネバダ出身。2F20号室にいる。
カーター
判事。9号室にいる。大酒のみで評判はよくない。
ヘレン
富豪の未亡人。2F23号室にいる。乗客の評判はすこぶる悪い。
ネルソン
船長。死体発見前でも3度船長室に入ると、事件について語る。
ウィリアム
慈善家。2F15号室にいる。射撃が趣味で、よく鳥を撃ち殺す。
ヘンリー
船員。1F27号室にいる。殺されたブラウンの息子(正確には私生児)だが、不仲であった。テーラーを愛してしまっている。
ブラウン
今作品の被害者。4号室で遺体で発見された。デルタプリンセス号のオーナー(ネルソンとの共同経営)。他にも多くの事業を手がけていた。

トラップ 編集

チャールズ卿たちの部屋は3号室であり、人間心理としてまずは隣室の1号室から捜査を開始すると考えられるが、その1号室には落とし穴が存在し、落ちれば即死(ゲームオーバー)になる。14号室にも同様の落とし穴が存在する。また、16号室には入室直後にナイフがチャールズ卿の頭目掛けて飛んで来るトラップがあり、ナイフをよけないと即死、ゲームオーバーになる。

犯人を突き止めて事件を解決しても、これらの罠の存在理由は謎のままである。

「もういいました」 編集

容疑者たちは1度しか話をしてくれず、同じ事を2度聞くと、この言葉が返ってくる。つまりメッセージを見逃してしまうと重要な情報を手に入れることが出来ず、手詰まりになってしまうことも。ある意味リアリティがあるが、彼らのこの頑なな態度が多くのプレイヤーたちを絶望させた。

その他 編集

  • ファミリーコンピュータMagazine」(徳間書店)誌上の人気コーナー「ハイスコアルーム」に、このゲームをクリアしたという『記録』が掲載された事がある。スコアを競うタイプのゲームではないアドベンチャーゲームがこのような形で取り上げられる事は極めて異例であり、本作品の難度の高さを物語るエピソードといえる。
  • 本作にはバッドエンドが存在する。ゲーム終盤である証拠品を入手すると犯人を「こくはつする」コマンドが使用できるようになる。しかし、この証拠品を自室で調べていなかったり、それとほぼ同時に入手できる別の証拠品を入手していなかったりすると、証拠不十分でそのままゲームオーバーになってしまう。

脚注 編集

  1. パッケージでのアルファベット表記。ゲーム画面では日本語表記になっている。
  2. チャールズ・ドイル画のシャーロック・ホームズ画像

関連項目 編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki