FANDOM


テンプレート:コンピュータゲームの新製品 テンプレート:コンピュータゲームシリーズメタルマックス』(METAL MAX)は、クレアテック企画のRPGシリーズ。本シリーズの流れを汲むメタルサーガMETAL SAGA)シリーズも部分的に本項目で扱う。

シリーズ概要 編集

プレイヤーは、戦車を駆って凶悪な賞金首を退治する稼業「ハンター」として冒険する。ラスボスに辿りつくまでの大まかなストーリーは存在するが、イベントの順序は厳密には設定されておらず、ラスボスを倒さずに引退という形でエンディングを迎えることも可能である。

ゲームデザインを担当した宮岡寛は、『ドラゴンクエスト』(ドラクエ)I〜IIIの製作に参加しており、かつ同時期にライターを担当していた『ファミコン神拳110番』においては、そのドラクエを非常に持ち上げていた。しかし本シリーズ1作目はドラクエに代表される物語重視のRPGが既に流行となっていた時期に発売され、その流れに対抗するものを目指して作られた。キャッチコピーは「竜退治はもう飽きた」であり、これはドラクエに対するアンチテーゼを意味している。

1作目は、1991年データイーストからファミリーコンピュータで発売された。TVコマーシャルのナレーションはたてかべ和也が担当し、キャッチコピーの後に「〜戦車と人間のRPG、メタルマックス!」という台詞が入っていた。2作目はスーパーファミコンへと移行して人気を博し、1作目のリメイク版も発売された。

以降、データイーストの経営悪化で続編の発売が滞る。ドリームキャストで『メタルマックスワイルドアイズ』の発売が予定されていたものの、新たに発売元となったアスキーの経営悪化とゲーム業界撤退により無期延期となった。

その後、ゲームボーイアドバンスのソフトとしてナウプロダクションより移植作『メタルマックス2改』が発売された。しかし、フィールドに落ちているアイテムの大部分が削除されるなどの仕様の不一致や、デバッグが不十分で致命的なバグが数多く残っており、バグ修正版が発売されるに至った。だが、このバグ修正版にも一部バグが残っている。それに続いて発売される予定だった『メタルマックスリターンズ改』はデータイーストの破産による権利関係のトラブルへの懸念から発売中止となってしまった。

他にも様々な問題でもめ事が続いていたタイトルだったが、2005年サクセスより事実上の続編『メタルサーガ 〜砂塵の鎖〜』がプレイステーション2で発売された。『メタルマックス』の名称が新宿エクスプレスの登録商標となっている関係で改題となったが、製作に同シリーズの一部の開発スタッフが関わっている。のちに『メタルマックス』の商標はエンターブレインに移った。

2006年6月15日にはニンテンドーDS用『メタルサーガ 〜鋼の季節〜』が発売され、2007年7月からは携帯電話向けの『メタルサーガ モバイル』の配信が開始された。また、2010年3月18日よりmixiアプリで『メタルサーガ ニューフロンティア』が提供されているが、こちらはオリジナルスタッフは関わっていない。

2010年3月には17年ぶりのナンバリング新作となる『メタルマックス3』の発売が発表された。ニンテンドーDS用ソフトとして2010年7月29日に発売された[1]。また、2010年4月27日からWiiバーチャルコンソールにて第一作『メタルマックス』が配信され、2010年7月13日から『メタルマックス2』が配信されている。

2011年冬には『メタルマックス2』のリメイクとなる『メタルマックス2:リローデッド』が、ニンテンドーDS用ソフトとして発売される予定である[2]

シリーズ作品 編集

発売中止作品 編集

  • メタルマックス3 HEART OF GOLD(プレイステーション用)
  • メタルマックスワイルドアイズ(ドリームキャスト用)
  • メタルマックスリターンズ改(ゲームボーイアドバンス用)

主要スタッフ 編集

シリーズの世界背景 編集

テンプレート:出典の明記 突如起こった“大破壊”と呼ばれる災厄で都市文明が荒廃し、砂漠化や環境汚染が進んだ近未来の地球が舞台である。奇形化・凶暴化した怪生物、暴走する前時代の自律兵器、跋扈する犯罪者などが“モンスター”である。これらを退治するのが“モンスターハンター”と呼ばれる職業であり、プレイヤーはモンスターハンターを目指す1人の青年となって冒険する。このゲームのシンボルとも言える“戦車”は、魔法や超能力など何一つ持たない人間がモンスターに対抗しうる強力な手段である。

シリーズを通して作品間の直接的なつながりは無い(ただし鋼の季節は一作目の主人公の息子や仲間たちが登場する)が、シリーズに共通するキャラや設定が随所に見られ同一世界であることを示唆している。

各作品の舞台となる地域は毎回明確にされることは無いが、地形や建築物などからおおよその見当がつけられている。

  • 1およびリターンズには東京タワー東京都庁舎が登場することから日本の関東と推測される。
  • 2の攻略本のコラムに開発者の宮岡寛諏訪湖諏訪大社に取材に行ったとあり、諏訪湖周辺説が強い(ただし宮岡は特にそういうつもりは無いとしている)
  • 砂塵の鎖では湖の形が琵琶湖に酷似、町の名前が近辺の地名を捩った物がある(鈴鹿→ベルディア〔鈴:bell 鹿:deer〕など)
  • 発売中止となった『ワイルドアイズ』は当時の雑誌記事からアメリカ大陸が舞台とされていた。
  • 3は樹海やワナナバニ研究所(バナナワニ園)、シエルタ(五稜郭)、プエルト・モリ(長崎)、ドゥーム球場(福岡ドーム、名古屋ドーム、アメリカの球場)など[5]、それぞれ、おおむね日本という共通点はあるものの特定の地域をモデルとはしてない。

基本システム 編集

基本的には戦車に乗ってフィールドやダンジョンを進み、出会ったモンスターを倒しながら話を進めていく。ただし序盤は戦車を持っておらず生身の状態で進むことになる。また、地形(建物内、荒れ地など)によっては戦車で進入することができず生身での行動を強いられることもある。そのため、武器屋や道具屋は人間向けのものと戦車向けのものが存在する。

戦車には主人公たちに発見されるのを世界の何処かで待ち続けているものがある一方、「レンタルタンク」と呼ばれる戦車の貸し出し業者も存在する。レンタルタンク利用中は返却するまで戦闘時の儲けが貸し出し台数に応じて50%から95%まで自動的に差し引かれる(賞金首の賞金や箱の中のお金はそのまま)が、このレンタルタンクは通常入手可能な戦車とは違うグラフィックで装備も固定ながら充実している。ただし、パーツが1ヶ所破損しただけで自動的に搭乗者を放り出し店へ戻ってしまうため、装甲タイルの残量には注意が必要である。

アイテム自体は一般のロールプレイングゲーム同様に、回復アイテムや戦闘補助アイテム、またはイベントアイテムと呼ばれる持っていることで特定イベントを進められるものがあるが、このほかに「ネタ」と呼ばれる「敵モンスターの体の一部」もあり、これを酒場に持っていくと二束三文ではあるが序盤では無視できない小遣い稼ぎをすることができるものが稀に入手できる。なお『2』ではこのネタがイベントアイテムとしても使われたほか、「鋼の季節」よりは新たに登場の料理人によってアイテムの材料にすることができるようになった。またマイナスアイテムとして、戦車道具欄にランダムで発生してアイテムの所持限界を圧迫する「とりのふん」や「ナマリたけ」がある。後者はさらに重量が存在して最大積載量をも圧迫する。除去するためには戦車を「洗車」しなければならない。

武器や防具の中にも、お遊び要素で実用価値(ゲームを有利に進める効果)のないレアアイテムも存在する。

職業について 編集

仲間になるキャラクターはいずれかの職業についている。職業によって能力、成長率、特技、装備できるアイテムが異なる。

ハンター
戦車での戦闘を得意とする職業。運転レベルが上がりやすく、戦車での戦闘を有利にする特技を覚える。
白兵戦の強さはソルジャーに次ぐ。基本的にシリーズの主人公はハンターに属する。
メカニック
戦車の修理を得意とする職業。作品によって修理関連のシステムがまちまちであるが基本的に重度の故障はメカニックにしか直せない。
戦車での戦闘はハンターに次いで強いが、白兵戦は最弱でとても死にやすい。
メタルサーガ以降はメカ系の敵に強い設定がなされ、対メカ戦ではメカニックがいると有利になる場合がある。
ソルジャー
戦車に頼らず生身での戦闘を得意とする職業。特に戦車で進入できないところで活躍する。
強力な人間用装備を使用でき戦闘レベルが上がりやすいが、反面戦車の操縦は苦手。
ドッグ
戦闘用のバイオニック犬。『2』から登場し、以降のシリーズでマスコット的存在となっている。
白兵戦はソルジャー並みの強さを見せるが、犬なので戦車に乗れない(操縦できない)ため強力なボス戦では真っ先に死ぬことが多い。3ではその救済策として犬用戦車が登場した。
基本的にデフォルト名は”ポチ”である。
ハッカー
コンピュータに進入しパスワードなどを調べることができる職業。『鋼の季節』から登場。
バトルパソコンでメカ系の敵をハッキングしたり、能力を吸い出して使用することができる。
料理人
素材を使用して料理を作成できる職業。『鋼の季節』から登場。
戦闘では戦車戦より白兵戦が得意。
トレーダー
荒野を旅する商人。『メタルサーガ ニューフロンティア』から登場。
アイテムの発掘、資源の採掘、アイテムの売買を有利にする特技を持つ。
戦闘は戦車戦も白兵戦も苦手であるが、幸運が高くレアドロップを狙いやすいという特性がある。
ナース
回復のスペシャリスト。『3』から登場。
回復アイテムの効果を倍にするなど多彩な回復スキルを持つほか、生物系の敵を即死させる能力もある。
レスラー
肉弾戦を得意とする職業。『3』から登場。
ソルジャーと近いが、こちらは武器を使用せず自らの拳と肉体で戦う。使用できる装備は少ないが単体相手ではソルジャーを上回るダメージが出せる。
アーチスト
ゲージツの素材求めてさすらう戦う芸術家。『3』から登場。
特殊砲弾を作成する特技のほか、戦車装備に限界を超えて性能を上げる”超改造”を施すことができる。

戦車について 編集

本ゲームの戦車は、後述のCユニットが支援することで1人乗りで操縦・戦闘を行えるハイテク兵器である。作中では一般の戦車のほか、装甲車、乗用車やバイク、果ては戦闘機(飛ばない)なども含め「戦車」「クルマ」と呼ばれている。

戦車はその車体であるシャシーと動力源のエンジン、移動や戦闘の制御を行うCユニットが主体となり、これに以下の3種類の武器を主砲・副砲・S-E(Special Equipment)の3系統まで装備できる。

  • 大砲 - 戦車砲。攻撃力が高いが弾数の制限があり、砲弾の補充に金が掛かる。満タンサービスで1発5Gで補給できる他、砲弾屋で購入した特殊砲弾を装填し発射することもできる。
  • 機銃 - バルカンやビーム砲など。弾数の制限が無く、弾丸の補充が必要無い代わりに攻撃力が低い。グループ攻撃が可能な物も存在するので、ザコの一掃には最適。
  • 特殊砲 - 特殊な効果を持った兵器。ミサイルや火炎放射機など。弾数が少ない、弾薬が高価、一度使うとしばらく次の弾を撃つことができない等のデメリットが設定されていることが多いが、威力は絶大で、効果範囲もグループ攻撃や全体攻撃の物が存在する。

シャシーを含む全てのパーツには重量が設定されており、その合計がエンジンの能力を超えているとその戦車は走ることができない。これを"自走不能"と呼ぶ。重量に余裕がある場合にはその残りを装甲タイルに割り当てることができ、これが残っている限りはダメージを受けてもパーツに被害が及ぶことはない(一部の攻撃を除く)。ただし、『メタルサーガ 〜鋼の季節〜』では装甲タイルが存在せず、各パーツごとに耐久値が設定されている。

パーツの被害は"破損"と"大破"の2段階があり、"大破"になるとそのパーツは機能しなくなる。シャシーが大破した場合は中にいたドライバーは強制的に外に出され生身の状態で戦うことになる。エンジンやCユニットが大破してもその戦闘では降車されることはない(Cユニットが破壊されると砲撃はできない)が、その戦車は自走不能に陥るため、ドライバーはそれ以降生身での戦闘を余儀なくされることになる。

誰か1人が戦車に乗っていれば1台だけ牽引して運べるため、予備の戦車を用意して乗り換えたり、予備戦車に交換用のパーツを積んで破損したパーツと交換することで対処することも可能である。街には戦闘時のダメージで破損したパーツを修理してくれる修理屋があるほか、メカニックは修理キットやメカニックキットを使用してパーツの破損を直すことが可能。パラメータの修理レベルが上がればメカニック以外による修理や、メカニックによる大破パーツの修理も出来るようになる。

戦車の改造 編集

街によっては修理屋の他にシャシーやパーツの改造を受け持つ改造屋が存在する。改造屋では以下の改造が可能である。ただし、1作目ではシャシーとエンジンしか改造できない。

  • 武器パーツの改造
    • 攻撃力 - 攻撃力を上げることができる。
    • 弾倉 - 砲弾を多く積めるようになる。
    • 守備力 - ダメージを受けたときに破損する確率が下がる。
  • エンジンの改造
    • 積載量 - 出力を上げることで限界重量が増える。名前が上位のものに変わる。
    • 守備力 - ダメージを受けたときに破損する確率が下がる。
  • Cユニットの改造
    • 命中率 - 攻撃の命中率を上げ、1度の攻撃で与えるダメージを増やせる。
    • 回避率 - 敵の攻撃からの回避率を上げ、1度の攻撃で受けるダメージを減らせる。
    • 守備力 - ダメージを受けたときに破損する確率が下がる。なお『メタルサーガ 〜砂塵の鎖〜』ではこの項目しか改造できない。
  • シャシーの改造
    • 守備力 - ダメージを受けたときに破損する確率が下がる。戦車自体が受けるダメージ量を減らす。
    • 弾倉 - 特殊砲弾を多く積めるようになる。
    • 穴 - 武器パーツを装備するマウントを、大砲・機銃・特殊砲の3種類から選んで最高3系統まで設置できる。「穴を開ける」と表記されているが、実際には「設置箇所を製作する」というニュアンスで、その言葉のイメージとは逆に、開いてない状態と比べて重量は増える。『2』以降はマウントの種類の変更も可能。

基本的に、改造によって強化すると重量が増える。逆に、弱体化と引き替えに軽量化することも可能(1作目では不可)。

モンスターについて 編集

モンスターは、ゲーム内では大まかに5つに分類される。

  • バイオニック:生物系。人間を含む。
  • サイバネテイック:機械化された生物。
  • マシーン:機械系。
  • タンク:戦車系。『メタルサーガ』では装輪車両なども含めて「ヴィークル」に変更された。
  • 識別不能:上記4つ以外のもの。『メタルサーガ』では「正体不明」に変更された。
    • 1作目では「マシーン」「識別不能」は存在しない。タンクやバイオニックと見なされる。

モンスターの中には"賞金首"と呼ばれる強力なものがおり、これを倒せばハンターオフィスから多額の賞金が支払われる。"賞金首"は一般のRPGでの"ボス"に相当するが、基本的にはシナリオ上遭遇するボスとは異なる配置がされており、倒さなくてもシナリオの進行は可能である。ただし、『2』ではシナリオ進行上の重要なポイントに配置されている賞金首モンスター(U-シャーク、グラップラー四天王)が存在する。

また、スーパーファミコン版の『2』以降からは、"今週のターゲット"としてランダムに指定される雑魚モンスターを倒せば、撃破数に応じた賞金が得られるようになった(ただし期間限定)。

関連書籍 編集

小説 編集

漫画 編集

出典 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:METAL MAXzh:重装机兵系列

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki