FANDOM


テンプレート:Pathnav

ロックマン4 新たなる野望!!』(ROCKMAN4-、ロックマンフォー あらたなるやぼう)は、カプコンから1991年12月6日に発売されたファミリーコンピュータ(以下FC)専用のアクションゲームロックマンシリーズ第4作である。後にプレイステーション(以下PS)や携帯アプリなどに移植された。

概要 編集

ステージは8つの選択ステージとDr.コサックステージ(4ステージ)、ワイリーステージ(4ステージ)の計16ステージから構成される。チャージショットが導入されたことで前作までと比べてゲームバランスが大きく変わっており、ストーリー性の強化も顕著になった。他のシステム変更も加えて後の作品に与えた影響は大きく、本シリーズの一つの転換点とも言える作品である。

システムの変更点 編集

  • ロックバスターが威力の高いチャージショット(ニューロックバスター)を撃てるようになった。補足だが、フルチャージでの威力は大抵の敵に対しては通常弾の3倍である。
  • ロックマンの最大残機数がE缶最大保有数と同じく1桁になった。ただし、E缶の個数は前作と異なりパスワードに記録されない仕様になっている(この仕様は『ロックマン6』まで続く)。
  • ステージの特定の場所で、アイテムを1つランダムで出してくれるエディーが登場した。
  • 前作までの武器装備が切り替え型ウインドウ表示ではなく、ロックマンワールドシリーズで使われた武器リストが画面全体に一律表示されるタイプに変更。さらに「3」で採用されたイメージアイコンに加え表示武器名が英単語で記述されるようになったが、ロックバスターやラッシュを除いては武器名ではなく倒したボスの名前である(例:RING等)。
  • 一度クリアしたステージに何度でも挑戦できるシステムが復活した。『第1作』と違い、ボスとの再戦はできない。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

ロックマンが巨大ロボット「ガンマ」を撃破してから一年後。Dr.コサックの作り出したロボットたちが突如として世界8大都市を占拠し、世界に宣戦布告をする。ライト博士と並び称される天才科学者、Dr.コサックが何故…?新兵器「ニューロックバスター」を装備したロックマンは、都市奪回の戦いへと赴くのだった。

主なキャラクター 編集

DRN.001 ロックマン(Rockman)
DRN.002 ロール(Roll)
エンディングのみ登場。
Dr.コサック(Dr.Cossack)
本名、ミハイル・セルゲイビッチ・コサック。カリンカの実父。本来は世界征服を企む人物ではないが、Dr.ワイリーにカリンカを人質に取られてロックマンを倒すように脅迫されたため、仕方なく襲い掛かる。コサックを倒すと、コサックはロックマンに謝罪し、ワイリーが現れる。
各ステージのボスの部屋の前にあるシンボルマークC三日月に見立てたものに赤い星がついたデザイン。
DRN.000 ブルース(Blues)
イベントのみ登場。Dr.ワイリーの命令でカリンカを誘拐したが、後に解放する。
Dr.ライト(Dr.Right)
カリンカ(Kalinka)
Dr.コサックの愛娘。だが、Dr.ワイリーに人質にされてしまう。プレイステーション版ではプレイヤーのナビゲーター役も務める。
Dr.ワイリー(Dr.Wily)
今回の事件の黒幕。

ボスキャラクター 編集

以下のボスはDr.コサックの製作したものであるが、ワイリーの世界征服に使用されたため(クラブ☆カプコンに拠れば、ワイリーの手で大幅な改造がされているとも語られている)、公式ではドクターワイリーナンバーズに数えられている。

DWN.025 ブライトマン(Brightman)
元々は暗い場所を照らすために造られた照明用ロボットだが、夜のネオンはダメ。頭部の電球からは1000万ワットの光を発し、ロボットのカメラアイの安全装置を作動させ一時的に行動不能にさせるほどの強力な「フラッシュストッパー」を放つ。ゲームでは体力が特定の数値になるとそれが発動する。フラッシュストッパーだけでエネルギーの大半を費やしてしまうため、バスターの他には強力な武器は装備していないが、接触したときのダメージは非常に大きい。戦いが終わった後は電気屋で働いている。このキャラクターをデザインしたのは、イラストレーター榎本よしたか(当時14歳)である。原案ハガキでの名前は「パールマン」。
DWN.026 トードマン(Toadman)
人工のを発生させて水不足の時に大活躍していた農作業ロボットをDr.ワイリーが改造。ロボットに悪影響を与える強酸性雨「レインフラッシュ」を降らせるようになった。レインフラッシュは画面全体に効果を及ぼす強力な攻撃だが、腰を振っている間に攻撃すれば簡単に止める事ができる上、他に攻撃手段を持っていない(体当たり除く)。カエル型ロボットのため、ヘビ型ロボットのスネークマンが苦手。原案ハガキでは「タング砲」という武器を持っていた。
DWN.027 ドリルマン(Drillman)
元々、工事現場等で働いていた穴掘りロボットを戦闘用に改造したもの。頭と両手がドリルになっている。地面の硬さに応じてドリルを換装できる。地中に潜り、足元から奇襲をかける戦いが得意。両腕から特殊武器「ドリルボム」を発射する。仕事熱心な性格。一度、温泉を掘り当てて表彰されたことがある。
DWN.028 ファラオマン(Pharaohman)
ピラミッド探索用のロボットを戦闘用に改造。外見はピラミッドの呪いをさけるために、ツタンカーメンに似せてデザインされている。ピラミッド内部にあるかもしれない罠に備えて耐久性と敏捷性が高い。1000体もの部下、マミーラ達を従えている。太陽エネルギーを溜めて放つこともできる「ファラオショット」が特殊武器。暗いピラミッド内で活動することを前提に作られたため、微弱な光でも周囲が見えるようにカメラアイの感度が良いが、急激な光には弱い。接触によるダメージが他のボスの半分程度に設定されている。原案ハガキでの名前は「ミイラマン」。
DWN.029 リングマン(Ringman)
戦闘用に開発された戦闘ロボット。無類の自信家で「オレに倒せない敵はいない」と豪語している。飛距離や角度を自由に操れる「リングブーメラン」が特殊武器。子供嫌い(特に悪ガキ)。『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』では、過去のシリーズに登場したボスロボットたちの能力をコピーしたボス「ウェポンアーカイブ」の『4』のボス代表として選ばれている。
DWN.030 ダストマン(Dustman)
元々ゴミを吸い込んで圧縮処理する自動ゴミ収集ロボット。その吸引力にDr.ワイリーが惚れこみ、戦闘用に改造した。きれい好きな性格で、研究所の掃除役としても活躍している。その上、年末大掃除が大好き。ゴミの塊を放つ「ダストクラッシャー」が特殊武器。(ロックマン&フォルテの説明によると)息が臭いらしい。このキャラクターをデザインしたのは、漫画『アイシールド21』の作者(作画担当)村田雄介(当時13歳)である。
DWN.031 ダイブマン(Diveman)
小型潜水艦AIを内蔵した水中探査ロボット。船酔いしやすい。胸からホーミングする魚雷「ダイブミサイル」を発射するように開発されたが、設計ミスで自身がミサイルの様に突っ込んでいく事がある。その破壊力には本人も驚いている。基本的に単細胞な性格であれこれ小難しいことは考えない。戦いが終わった後は、海の治安を守る為にパトロールをしている。その後、ロックマンの親友となる。パイレーツマンを苦手としている。
DWN.032 スカルマン(Skullman)
戦うために造られた、純粋な戦闘ロボット。戦う事以外は何も教えられておらず、知略に長け、残忍な性格の持ち主。特殊武器「スカルバリアー」は、骸骨状のビットに特殊エネルギーを付加してから回転させることで使用者を防護する。ロックマンの動きに合わせて行動するので、戦闘開始直後に限り、ロックマンが何か行動するまでは何も行動を起こさない。

その他のボスキャラクター 編集

モスラーヤ(Mothraya)
コサックステージ1のボス。元は寒冷地などで砕氷などを行うための作業用ロボット。それ故に口から伸びるドリルの威力は強力。名前や外見は怪獣モスラに似ている。
スクエアーマシン(Square Machine)
コサックステージ2のボス。3つの部屋状の巨大パーツがスライドして中に敵を閉じ込める「侵入者阻止シャッター」だが、うっかり作業用の足場を取り除き忘れられた。強力なプラズマエネルギー弾によって閉じ込めた侵入者を撃退するが、その発射口が弱点にもなっている。
コックローチツイン(Cockroach Twin)
コサックステージ3のボス。元は建造物補修用ロボットで、ワイリーとコサックが戦闘用に改造。壁に沿って動く。2体セットで販売されていたために「ツイン」と名づけられた。ゲーム内でも、それぞれで2体と戦う。
コサックキャッチャー(Cossack Catcher)
コサックステージ4のボス。クレーン機を連想させる形をした、大きなマジックハンドが特徴的の大型メカ。そのハンドで敵を掴み、高いところから落とすことでダメージを与える構想となっている他、3つに分散するエネルギー弾を発射する。コサックが、自らが得意としているクレーンゲームをヒントに作り上げた。
メットール・ダディ(Mettaul・Dady)
ワイリーステージ1のボス。単体でメットールを生産できる能力を備えた大型メカ。ジェット噴射による機動性の高い移動が可能。冷却効率が悪く、熱攻撃に弱い。
タコトラッシュ(Tako Trush)
ワイリーステージ2のボス。大型ゴミ処理用ロボットをワイリーが対ロックマン戦用兵器として改造したもの。頭部から爆弾、口から火炎放射と、高い火力を備えている。
ドリルボムを当てると、何故か本体の当たり判定が無くなる。
ワイリーマシーン4号(Wily Machine 4)
ワイリーステージ3のボス。初のワイリーカプセルとの一体型となった、対ロックマン戦用兵器(ただしワイリーカプセルとは連戦ではなく次のステージで戦う)。ドクロ型のフロントカバーに隠した拡散ビーム砲が主力。また、第一形態がやられると強化システムが発動する。
第二形態に止めを刺した直後に脱出するワイリーカプセルにレインフラッシュを撃つと、ワイリーカプセルが消えてしまいゲームが進まなくなる。また、フラッシュストッパーで一時的に止めることが出来る。
ワイリーカプセル(Wily Capsule)
ワイリーステージ4のボス。赤外線探知装置を内蔵しており、単体でも小型兵器として戦う事ができる。暗闇の中で戦うことになり、一定間隔で姿を現し攻撃を仕掛けてくる。ロックバスターも効かず、効果のある特殊武器も2種類しかない。ラストボス専用のBGMがシリーズで初めて使われている。池原しげとの漫画版には登場しない(ワイリーマシン4号を破壊して物語が終了している)。

特殊武器 編集

本作ではいずれの武器も連射が利かず、画面内に1発までしか出せない仕様となっている。

フラッシュストッパー(BRIGHT) - ブライトマンを撃破 - 消費エネルギー(4)
全身から1000万ワットの光を放ち、周囲のロボットをカメラアイの安全装置を起動させる事で機能を一時停止させる。一定時間が経過すると元に戻る。『2』におけるタイムストッパーと同様の性質だが、こちらは発動中もバスター(チャージ不可)が使用可能であり、エネルギー消費の方式も異なる。また、ステージ内の仕掛けの動きまでは止めることができない。なお弱点ボスを除き、他のボス級ロボットにはカメラアイに対する防御装置が施されているという設定で効果がない。
レインフラッシュ(TOAD) - トードマンを撃破 - 消費エネルギー(4)
農業用水撒きカプセル内に強力で特殊な酸を入れて攻撃用に改造したもの。上空にカプセルを発射後、少し間を置いてから酸性雨を降らせて画面全体を攻撃する。攻撃判定の発生は遅いものの威力が高く、ガード状態の敵に対してもガードを無視してダメージを与えることが可能。
ドリルボム(DRILL) - ドリルマンを撃破 - 消費エネルギー(1)
ドリル状のミサイルを発射する。特定の壁を破壊可能。ミサイルは敵や壁に接触すると爆発するほか、発射中に再度Bボタンを押すことで遠隔操作による起爆も可能。無効な敵には弾かれてしまうが、その場合は接触する直前で起爆し、爆風でダメージを与えるという使い方が有効。
ファラオショット(PHARAOH) - ファラオマンを撃破 - 消費エネルギー(1, 2)
少量の太陽エネルギーを増幅させ、膨大なエネルギーに変換・圧縮して放つ熱光弾。方向キー入力により、任意で正面・斜め上下の3方向に発射可能。また、ボタンを押し続けることによりチャージが可能で、チャージショットは常に頭上に浮かび上がるようになっている。浮かんでいる弾にも常に攻撃判定が発生しているため、それを直接敵に当てても攻撃可能(この場合は弾を発射したことにならないため、エネルギーは消費しない)。
リングブーメラン(RING) - リングマンを撃破 - 消費エネルギー(1)
リング状のブーメランを発射する。一定距離飛んだ後、手元に戻ってくる。射程は短いが、貫通力が高く地形や敵などあらゆる物体を貫通する。
ダストクラッシャー(DUST) - ダストマンを撃破 - 消費エネルギー(1)
圧縮された廃棄物の塊を発射する。敵に当たると斜め4方向に分裂し、それぞれの方向に飛んでいく。接触時と分裂時で2段ヒットするためダメージ効率が高い。地形は貫通する。
ダイブミサイル(DIVE) - ダイブマンを撃破 - 消費エネルギー(1)
大きな魚を捕まえるための追尾ミサイルを改造した、水陸両用ホーミングミサイル。ただし無効な敵は追尾しない。
スカルバリヤー(SKULL) - スカルマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
特殊エネルギーを秘めた骸骨型の弾をロックマンの周囲で回転させるバリア系の武器。敵弾をかき消せるが、敵または敵弾に一度接触するだけでバリアは消滅してしまうため、耐久面に難がある。

その他の特殊武器 編集

ラッシュコイル - 最初から所持 - 消費エネルギー(2)
上に乗ると大ジャンプできる。従来通りの性能。
ラッシュジェット - ドリルマンを撃破 - 消費エネルギー(-)
上に乗ると空を飛行する。前作とは異なり、自動で前方に一定速度で移動する。操作は十字キー上下で高度調整、後ろで減速ができるようになっている。また、足場の無い場所でも呼び出すことが可能になったが、水中では使用不能になった。
ラッシュマリン - トードマンを撃破 - 消費エネルギー(-)
水中で呼び出し、水中を自在に進むことが出来る。前作とは異なり、水上には一切出られない。搭乗中はラッシュの口からバスターを発射できる。
次作からラッシュジェットが水中でも使用可能となったため、今作を最後に廃止された。
バルーン - 特定ステージでアイテムを入手 - 消費エネルギー(2)
ロックマンの目の前に気球状の足場を出現させる。画面内に最大3つまで出せる。ロックマンが乗ると重みで上昇スピードが少しだけ落ちる。特徴は『2』のアイテム1号とほぼ共通している。
ワイヤー - 特定ステージでアイテムを入手 - 消費エネルギー(2)
地上で立ち止まっている時のみ使用可能。方向キーの上を押すとロックマンが上を向き、その状態でBボタンを押すことで真上に向けてワイヤーを発射する。ワイヤーは天井に接触すると自動で縮まり、ロックマンを高速で天井まで持ち上げる。ぶら下がり中はバスター(チャージ不可)が使用可能で、方向キーの下を押すと落下する。基本的に移動用のアイテムだが、ワイヤー自体にも攻撃判定が存在するため、対空攻撃手段としても利用可能。
実は、ロックマンが唯一腕のバスター形態を両腕で実行している(片手でワイヤー、もう片手でショット)状態となっている。同社のアクションゲーム『ヒットラーの復活バイオニックコマンドー)』におけるワイヤーアクションの特徴とよく似ている。

その他 編集

  • この作品のボスキャラクター公募の当選者には金色のカセットとバスタオルが送られ、中でも金色のカセット(ゴールドカートリッジ)は世界に8個しか存在しないため秋葉原のゲーム店で59万円の値がついており、『TVチャンピオン』、『ゲームセンターCX』、『お試しかっ!』などのメディアに取り上げられた。現在この商品には値札は貼られていない。
  • 特殊武器の傾向や一部のBGMなど、『ロックマン2』と共通する部分も多い。エンディングでは、『ロックマン2』のオープニングの曲をアレンジしたものが使われている。なお、PS版復刻シリーズはこの作品からBGMが全曲アレンジバージョンを聴く事が出来る。
  • FC版シリーズ(『ロックマン6』までのナンバリング作品)では唯一、武器装備画面呼び出しのSEが他のシリーズと異なっている(カーソルのSEも異なる)。また他のシリーズ作品に比べて画面切り替え時のスクロールやエネルギーの上昇がかなり遅めになっているなど、演出面で他作品との違いが見られる。
  • OPデモの前半はロックマン4のストーリーではなく、『1』のロックマン誕生の過程である。
  • 初めてアメリカ人以外の科学者であるロシア人のDr.コサックが登場した作品であるが、この頃ソ連崩壊が起きており一つの時事ネタとみられる。
  • タイトル曲は、FCでは時間が経つとOPデモに切り替わる為に曲が途切れるが、PS版でセーブファイルを選択している時か、サウンドモードで曲の最初にループする所まで聞ける(『5』も同様)。
  • 人気ゲームのキャラクター玩具やグッズが玩具メーカー等から市販されるのは今や当たり前であるが、ロックマンシリーズでは『ロックマン4』が初めてである。
  • 池原しげとによるコミカライズ版『ロックマン4』には、一部本編と異なる点や間違った表記がある(例:ブライトマンをフラッシュマンと表記、コックローチツイン戦やワイリーカプセル戦がない)。
  • EDデモでボス一覧のワイリーナンバーが一部誤った表記になっている。
  • オリジナルではコサックステージとワイリーステージのボスとラストボス倒した時に画面がフラッシュするので注意(VC版では修正されている)。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:ロックマンシリーズfi:Mega Man 4nl:Mega Man 4simple:Mega Man 4 th:ร็อคแมน 4 ผู้ทะเยอทะยานคนใหม่!!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki