FANDOM



ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』(ワルキューレのぼうけん ときのかぎでんせつ)は、1986年8月1日ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)からファミリーコンピュータ用ゲームとして発売されたアクションロールプレイングゲーム。キャラクターデザインは冨士宏

1998年発売のプレイステーション用ソフト『ナムコアンソロジー2』にオリジナル版と、グラフィックやアクション性を強化したリメイク版が収録されている。また、2006年から2007年にかけてiアプリEZアプリS!アプリ版が順次配信された他、2007年3月20日よりWiiバーチャルコンソールでも配信された。

ストーリー 編集

その昔、マーベルランドでは人々は無限の命を持っていたが、その心には悪魔が住みつき争ってばかりいた。見かねた神はこの地に大きな時計を築くことで人々に寿命を与え、心の中の悪魔を時の鍵によって時の狭間に封印した。人々は限りある命ゆえに互いへのいたわりを知り、マーベルランドには平和な時が続いた。

しかしある夜、死を恐れた男が時の鍵を抜き取ってしまい、封印されていた悪の化身ゾウナが復活する。ゾウナは時の鍵を奪い、魔物を次々と地上に放ち、マーベルランドに再び暗黒の時代が訪れた。魂を抜かれた人々の苦しみの声を聞いた神の子ワルキューレは、マーベルランドを救うため地上に降り立ち、時の鍵を探し出してゾウナを再び封印するべく冒険の旅に出た。

ゲーム内容 編集

剣と魔法で攻撃していくアクションゲームとしての要素の他に、「敵を倒すごとに経験値を得て、宿に泊まるとレベルアップ」「フィールドやダンジョンアイテムを集めなければ先に進めない」などのロールプレイングの要素も盛り込まれていた。また、昼と夜の概念があり、夜の場合の特徴として「敵が強くなる」「特定のイベントが発生する」などがある。

ゲームスタート時に生年月日血液型を入力するが、星座、血液型によって成長速度が異なるシステムとなっている。

ゲームの中断は、宿に泊まった際に表示されるパスワードを再開時に入力する方式となっていたが、再開時には重要なもの以外のアイテムが無くなるというシステムになっていた。

体力が0になるとワルキューレがに埋められ、天に召され、ゲームオーバーになる。

おもな登場キャラクター 編集

ワルキューレ
本作の主人公。地上を救うために降り立った神の子。剣と魔法を駆使して冒険を続ける。
サンドラ
ゾウナの復活に伴い悪の心に支配され「ブラックサンドラ」と化しているが、悪の心を浄化したあとは「よいサンドラ」となってピラミッドの扉を開けてワルキューレの旅を助けてくれる。ゲームシステム上は扉を開けるアイテムとなる。彼がブラックサンドラと化した経緯は「サンドラの大冒険」のエンディングで語られる。
ズール
本名はズーリィ・ズルコビッチ・コズルイネン。特定の地点でワルキューレのアイテムを盗むザコ敵。倒せば盗んだアイテムを落とすものの、しつこく追いかけてくるうえに足が速く、イナズマの魔法が無いとアイテムの損失を完全に防ぐのは困難。続編「ワルキューレの伝説」では商人となり、ワルキューレにアイテムを売って冒険を手助けしてくれる。
コアクマン
本作ではゲーム序盤で多数登場しワルキューレに毒攻撃をしてくる敵キャラクター。続編の「ワルキューレの伝説」ではノンプレイヤーキャラクターとして登場するのみである。性別は「ワルキューレの伝説」の公式設定資料で女性と判明している。
マッコウクジラ
とある場所でワルキューレの助けを待っているキャラクター。後半フルータジアへ行くための重要なアイテムにもなるが付属の地図に「ぼくを助けてね」のセリフの書かれたクジラの絵が存在する。
ゾウナ
時の鍵が奪われ封印が解かれたことにより蘇った魔王。永遠の命を持っているためワルキューレの攻撃を受けても決して消滅することはない。倒すには特定のアイテムを特定の手順を踏んで使用する必要がある。

アイテム 編集

のちのRPGのように多くのアイテムが登場する。使用アイテムの選択にはまずセレクトボタンを押し、十字キーの左右で選んだのちにBボタンを押せば決定される。本作には装備品の装備という概念がなく、武器を装備するにも同様の操作を行う。選んだアイテムはBボタンで使用する。また所持できるアイテムは最大8個。アイテムは捨てることができず、手放すには使い切るか店に売るしかない(売値は購入時の価格の半額)。

ショートソード
初期装備している剣、体力÷32+10の攻撃力を発揮する。
パワーショートソード
やや強いショートソード、体力÷32+30の攻撃力を発揮する。実は固定攻撃力が全武器中最も多いため、ワルキューレの体力が低い内はロングソードよりも強い。
ロングソード
ショートソードの倍に及ぶ体力÷16+20の攻撃力を発揮する剣。
パワーロングソード
さらに強くなったロングソード。体力÷8+20の攻撃力を発揮する。
スーパーソード
ゾウナの城にある最強の剣、体力÷4+20の攻撃力を発揮する。
テント / パワーテント
使うと知力を全回復させてくれる、テントは1回、パワーテントは4回使用可能。
ヘルメット / スーパーヘルメット
喰らうダメージを減少させてくれる防具、装備するとグラフィックが変わる。ある程度のダメージをうけると壊れてしまう。スーパーヘルメットは外れるだけで無くならないので何度でも再装備可能。
マント / スーパーマント
装備すると砂漠や雪原のダメージゾーンを通っても体力が減らなくなる。装備するとグラフィックが変わる。ある程度のダメージをうけると壊れてしまう。スーパーマントは外れるだけで無くならないので何度でも再装備可能。
回復剤 / 大回復剤
丸フラスコに入った薬品、使うと体力を回復する。回復剤は1回使い捨て、大回復剤は4回まで使える。
解毒剤 / 大解毒剤
三角フラスコに入った薬品、使うと毒状態を回復する。こちらも大解毒剤は4回まで使える。
おの
装備すると剣の代わりにBボタンで振るう、マップ上の木を切り倒す他ワルキューレの体力が一定以上だと山も崩せる。カギが無くても宝箱をこじ開けることが出来るが、なぜか毒に侵されてしまう。武器としても使用可能だが弱い。40回使うと無くなる、怪物や宝箱に使った場合は消費されない。
パワーおの
青色をした斧、回数制限が無く何度でも使える。
ランプ
火を灯して使うランプ、地下迷宮等暗い場所を明るくすることが出来る。4回使うと無くなる。
パワーランプ
青い炎のランプ、基本性能はランプと同じだが、回数制限が無く何度でも使える。
シルバーキー
迷宮にある扉や宝箱を空けることが出来るカギ、4回使うと無くなる。
ゴールドキー
シルバーキーと使い道は同じ、何度使っても無くならない。
キララ
Kの字が書かれたメダルのようなアイテム、使うと体力と知力をいっぺんに全回復してくれる。4回で無くなる
魔法の船(スキーズブラズニル
持ってると海を渡れる、手軽に持ち運べる不思議な船。海に出る時も陸に戻る時も桟橋からしか不可。
マッコウ
山の中にいるマッコウクジラを助けると手に入る、船の代わりに海の上を移動することが出来る。船と違い呼び出すために少しだけ待たなくてはいけない。
サンドラの魂
ブラックサンドラやツンドラ(フルータジア北の雪原に出現)を倒すとたまに手に入る。ピラミッドの扉を開けてくれる。4回使うと無くなる。
ティアラ
終盤にある「ライオンの門」を開けるのに必要。また持ってるだけでワープゾーンの行き先が切り替わる。
時の鍵
これをゾウナから取り戻すことが本作の目的。

魔法 編集

魔法はレベルによってではなく、知力の最大値が一定の値に達するごとに使用可能になる。選択はアイテムと同様の操作になるが、こちらは選択を十字キーの上下で、決定をAボタンで行う。魔法の使用もAボタン。

薬の術
試験管のようなアイコンで表される魔法。体力を回復させることができる。知力の最大値が40に達すると使用可能になり、1回につき知力を20消費する。
火の玉
名前どおり火の玉のアイコンで表される魔法。火の玉で遠距離攻撃ができ、レベルの上昇とともに威力も上がる。知力の最大値が60に達すると使用可能になり、1回につき知力を5消費する。
透視術
水晶玉のようなアイコンで表される魔法。見えないアイテムなどを発見することができる。知力の最大値が80に達すると使用可能になり、1回につき知力を10消費する。
ガラスの術
回復剤とは異なるフラスコようなアイコンで表される魔法。一定時間ワルキューレが半透明になり、上述のズールの目をくらますことができる。知力の最大値が120に達すると使用可能になり、1回につき知力を15消費する。
星笛
星のようなアイコンで表される魔法。一定時間敵の動きを止めることができる。知力の最大値が160に達すると使用可能になり、1回につき知力を32消費する。
解毒
アイテムの「解毒剤」と同じグラフィックのアイコンで表される魔法。効果は解毒剤と全く同じだが、解毒剤を持ち歩く必要が無くなるのでアイテムスペースが節約できる。知力の最大値が220に達すると使用可能になり、1回につき知力を20消費する。
イナズマ
名前どおり稲妻のようなアイコンで表される魔法。画面の敵すべてに大ダメージを与えることができる。知力の最大値が240に達すると使用可能になり、1回につき知力を50消費する。

関連作品 編集

『ナムコアンソロジー2』リメイク版
ワルキューレの伝説
アーケードゲームで発表された続編作品。その他いくつかのスピンオフ作品がある。
ワルキューレの栄光』『ワルキューレの栄光2』
携帯電話アプリで発表された続編作品。
ゲームブックスーパーアドベンチャーゲーム ワルキューレの冒険』シリーズ
1988年創元推理文庫より出版された本作の内容をベースとしたゲームブックシリーズ。全3巻。主人公(プレイヤー)はワルキューレの後を追って旅に出た冒険者で、ワルキューレは2巻目の終盤まで登場しない設定となっている。
ハンディボードゲーム『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』
1999年、ナムコから発売されたボードゲーム

備考 編集

  • 本作の内容物はROMカセット、説明書、マーベルランドの地図の3点が挿入されている。
  • ゲーム中はキャラクター同士の会話が一切なく、ヒントも存在しない。(ただし付属の取扱い説明書の巻末のサンドラの手紙やマーベルランドの地図にヒントになっている部分がある)そのため攻略本が無いとクリアが非常に困難であったことで知られる。攻略本はケイブンシャ徳間書店双葉社より刊行された。
  • ゲームの中断はパスワード方式であったが、一定の位置の文字を入れ替えることによって様々な効果が現れる裏技が発見され、当時のゲーム雑誌を賑わせた。
  • 1989年MSX2で続編「ワルキューレの冒険II 遥かなる時の扉」(仮称)の製作が発表され「ディスクステーション」(コンパイル)第4号にデモの収録、『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)では敵キャラクターのデザイン募集も行われたが、発売中止になっている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:ワルキューレシリーズ テンプレート:ナムコット

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki