FANDOM


本将棋 内藤九段将棋秘伝』(ほんしょうぎ ないとうきゅうだんしょうぎひでん)は、1985年8月10日セタが発売したファミリーコンピュータ用ソフト。

概要 編集

  • 内藤國雄監修のゲーム。
  • 将棋の手合割と、後手先手を選べることは可能。
  • CPUの強さを調整する事ができない。また、詰め将棋が無い。
  • 余談だが、プレイヤーから見て右側はロボットで、左側は人間。

操作 編集

  • 十字キーでカーソルの操作、Aボタンで駒を持つ・離す、Bボタンで「待った」をかける。
  • 特にBボタンは、1回押すだけでは「待った!」と叫ぶだけであり、その後連打を繰り返すと人間がロボットに対し頭を下げる動作を行い、頭を9回下げて初めて手が戻る、というものであった。

その他 編集

  • 平手・プレイヤー先手で、15手でCPUに勝てる指し手が存在する。

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki