FANDOM


大怪獣デブラス』(だいかいじゅうデブラス)は、1990年12月21日データイーストより発売されたファミリーコンピュータゲームソフト。ジャンルはシミュレーションゲーム

概要 編集

地球防衛隊となって、怪獣侵略から地球を守る事が目的の戦術級シミュレーションゲーム東宝系の怪獣映画特撮作品へのオマージュが多いが、フィクションノンフィクションを問わず様々なパロディをちりばめた演出、設定が特徴。

基本的な展開は、航空機戦車などのユニットを駆使して敵側の大怪獣「デブラス」の侵攻を食い止めつつ、古代鳥「ヤセギュルウス」のをマップ上のゴール地点まで運搬する、と言うもの。防衛兵器はいずれも非力で基本的に足止め役にしかならない。ビル街や工場などの地形効果を得て戦えば防御力(この場合は一撃でやられない確率とも言える)が若干高くなる。

ダメージを受けた場合は、基地に収容する事によって回復させる事が出来る。ただし基地は怪獣に踏まれると破壊され使えなくなる。無論ユニットのHPがゼロになると、再出撃は不可能である。

後半戦になるとUFO、UGOと言ったいわゆるザコ敵ユニットが出現するため、前半戦とは異なる用兵が求められる。

マップごとの目的を達成すると1マップクリアだが、卵と怪獣が同じ地点に止まる、特定地点に怪獣が侵入する、などの条件を満たしてしまうとゲームオーバーとなる。また卵の移動手段は「サイコロの目」であるため、運が悪いとあっという間に追いつかれてしまう事になる。

GAME SIDE』の前身『ユーズド・ゲームズ』ではバカゲー紹介コーナーで扱われたことがあり、怪獣映画のパロディであるがゆえの宇宙人襲来もバカゲーのお約束であるかのような書き方をされていた[1]

あらすじ 編集

199X年、TOKYO湾南方に巨大隕石が落下、次いで大型台風がTOKYOを襲った。この台風により、海岸に巨大鳥の卵が打ちあげられる。やまね博士らを中心とした調査によりこの卵が古代鳥獣「ヤセギュルウス」の物であると判明し、これを孵化させるためにふみ山まで運ぶ事となった。

しかしその時、海中から大怪獣「デブラス」が出現、卵を追うようにしてTOKYOに上陸してきた。地球防衛隊は卵を守るため、デブラスに戦いを挑むのであった。

登場人物 編集

怪獣 編集

古代鳥獣ヤセギュルウス
かつて地球上に生息していたと伝えられる鳥獣。口から「ガリガリ酸」と呼ばれる強力なを吐く能力を持っていた。
ゲーム中ではこの鳥の生き残りと見られる卵が発見され、ふみ山麓に建造された孵化施設までこれを運ぶ事になった。この卵を怪獣の手から守り抜く事がゲーム中の目的となる。卵を孵化させて悪の怪獣と戦わせるというエピソードはモスラ対ゴジラウルトラQの第1話「ゴメスを倒せ!」を彷彿とさせ、外見は後者に登場するリトラがモチーフだと思われる。名前はラルゲユウスから。
大怪獣デブラス
巨大隕石の形で飛来してきた巨大怪獣。ヤセギュルウスの生き残りを殲滅するためM48星雲ひまん星から送り込まれてきた。一目散に卵を目指して進撃してくる。移動時に隣接したユニット全てに攻撃を仕掛け、火炎放射とから発振する電撃であらゆる物を破壊する。また非常に生命力が強く多少ダメージを与えてもすぐさま再生してしまう。しかし攻撃を加える事で足を遅くする(1回の移動量を減少させる)事は出来る。
なお「デブラス」の名は太っている事から防衛隊が名づけたものであるが、ひまん星側でも同じ名で呼んでいる模様。設定やパッケージイラストからはウルトラQでリトラと戦ったゴメスもしくはゴジラなどが連想される。
キングデブラ
一度は倒されたデブラスの死骸から現れた二体の怪獣のかたわれ。赤い体を持ち、全体的にとがったデザインになっている。母体のデブラスと殆ど同じ戦闘能力を有する。
クイーンデブラ
デブラスの死骸から現れた二体の怪獣のかたわれ。ライトグリーンの体を持つ。キングに比べ耐久力に若干劣っており、後半戦のあるマップでは攻撃を加える事で倒すことが出来る。
グレートデブラ
キングデブラが最終決戦でパワーアップした姿。直立した首長竜のごとき外見をしている。

地球防衛隊 編集

マップのシチュエーションを説明するマップオペレーターと、ユニットの性能や戦闘の状況を説明するバトルオペレーターに分かれている。基本的にマップが男性、バトルが女性になるが、中盤のはんだ少尉とはまだ(途中からみなみ軍曹)の場合に限って役割の男女が逆になっている。

かわもと ももこ
階級は軍曹。ゲーム前半、及び終盤戦のバトルオペレーターを務める。怪獣のせいで休暇海外旅行が台無しになってしまった事を憤慨してすな少尉に呆れられる。ゲーム中もっとも表情が多彩。
すな きんご
階級は少尉。序盤のマップオペレーターを務める。まじめな性格だが常にくわえタバコ。やや不真面目なところがあるかわもと軍曹には少々呆れ気味。
はんだ つよし
階級は少尉。ゲーム中盤でのバトルオペレーター。四角顔の強面。軟弱な男を嫌うが、そういう自分はあちこちで失恋して涙を流す。
みなみ ようこ
階級は軍曹。はまだがいなくなった代わりに中盤のマップオペレーターとなる。口元にほくろがある。仕事熱心で、事あるごとにはんだ少尉を叱咤する。オペレーター交代の時まではんだの突っ込みに回っている。
かわら としお
階級は曹長。終盤戦のマップオペレーターを担当する好青年。さいとう軍曹とは恋仲の模様。
さいとう みき
階級はゲーム中で明かされない。地味な顔をしている。終盤のバトルオペレーターだったが、突然途中で倒れてしまう。あとはかわもと軍曹が引き受けることに。かわら曹長とは恋仲らしい。
ほし いってつ
階級は不明。防衛要塞「ハイパーX」のパイロット。太い眉毛ヒゲの濃い面構えが特徴。帽子に「X」マークを刻んでいる。出撃時に、ウルトラホーク発進シーンのオマージュと思しきセリフを叫ぶ。
あなご つとむ
階級は不明。卵輸送車の運転手を務めている。たらこ。防衛隊の軍人とは思えないほど弱気で、さらにマザコンのきらいがある。

ひまん星人 編集

地球人類が誕生する遥か以前より高度な文明を持っていた異星人類。約1億年前に母星を失って以来、第二の母星として地球を狙い続けていた。 尖兵として怪獣デブラスを操り、地球側の防衛兵器三機と単機で優位に戦えるだけの兵器を所有する。

はまだ ともよ
M48星雲、ひまん星から地球侵略に現れた異星人。地球防衛隊の一員として中盤戦のマップオペレーターを務めていたが、登場するマップですぐさまひまん星人としての正体を現し、同胞たちを呼び寄せて戦いを仕掛ける。かわもと軍曹とは友人同士だったらしい。
うちゅう じん
ひまん星の侵略者。常にサングラスをしている。事あるごとにを叩きながらセリフを読むよう(作動している扇風機の前で喋った時と似た効果が得られる)、プレイヤーに進言してくる。みなみ軍曹に惚れたようだが、文通の申し出をにべもなく突っぱねられている。
怪獣大戦争に登場したX星人のパロディ。

その他 編集

やまね しげお
古代生物学者。眼帯をつけており、ややマッドな風貌(ネーミングと外見は『ゴジラ』の登場人物である山根博士と芹沢博士にちなむ)。TOKYO湾に打ちあげられた卵をヤセギュルウスの生き残りと結論付けた。野球ファンで、非常時にもかかわらず呑気にヨダゴンズの試合を観戦していたりする。
やまがみ たつひこ
総理大臣。就任したばかりなのに怪獣が現れたためか、自分の政治生命の心配をしている。ハイパーXの使用許可を出すなど戦線を応援してはくれる。
あなご とら
あなご運転手の母親。かなりの親バカで、時々しゃしゃり出てきてゲーム進行を妨害する。その最たるものは後半シナリオであなごにおやつを与えて輸送車の動きを止めてしまうというもの。倒れたさいとう軍曹に代わってオペレーターになろうとする一幕も。
もとなし まさる
どこかで見たような名前レポーター。話の最後に「恐縮です」と付け加える癖がある。デブラス上陸時、撃破時に駆けつけてくるが、UFOが来た時は何故かおかしくなって一時戦線離脱する。
あんどう ようこ
もとなしが離脱したので、代わりにひまん星人のUFO襲来を告げるレポーター。出番が少ない。
デーク とうごう
オープニングデモ、ロード画面などに登場する正体不明のナレーター某凄腕スナイパーに何となく似ている。

登場ユニット 編集

輸送車 編集

ヤセギュルウスの卵をふみ山まで運ぶことが使命の卵輸送車。「サイコロン」によるサイコロの目で動く。道路しか走れず、怪獣に対して何らの防衛手段をも持たない。怪獣に追いつかれたらゲームオーバーなので何を犠牲にしてもこれを守らなければならない。展開によっては輸送列車になるが目的は同じ。


航空ユニット 編集

地形による移動制限を受けず足回りは抜群だが、総じて防御力が低く、まず一撃で落ちる。主に空中ユニット戦で有効。

  • AH-1 ペガサス戦闘ヘリ。攻守ともに弱い。
  • AH-2 ホートレス…戦闘ヘリ。攻撃力は強化されている。
  • F-1X エンゼル…対空戦特化型戦闘機。移動力に優れる。
  • F-2J…主力戦闘機。対地・対空戦ともに有効で攻撃力が高め。
  • F-3AJ…対地攻撃機。航空ユニットとしては珍しい対地戦特化タイプ。

地上ユニット 編集

種類が多く、性能や特徴もさまざま。大抵は地上戦向きで、航空機よりは防御力も高め。

  • BRABO ブラボー…連装ミサイル搭載型車両。比較的対空戦向き。
  • C-GUN クルガン…単装ロケットランチャー搭載型装甲車。対地戦向き。戦車ほどではないが比較的頑丈。
  • CHARI チャーリー…多連砲ミサイル搭載型車両。対地戦向き。
  • DEEN デーン…対地大型ミサイル搭載トラック。防御力が低い。
  • HIBA ヒバ…連砲ミサイル搭載型軽自動車。ヘリ並みの移動力を誇るが防御力が低い。
  • HOHEI 歩兵…携行式ミサイルを担いでいる、文字通り生身の人間。全スペックが最低ランクだが、対空攻撃が一応可能。
  • JEAR ジーラ…自走電撃砲。対地・対空ともにかなりの高性能を誇るが移動が遅い。
  • K-NERIH コーネリアスレーザー砲搭載型戦車。スペックはジーラと同じ。
  • KAERU カエル…ビーム砲搭載型装甲車。対地・対空戦ともに有効だが防御力が低め。
  • S-KICK スカイキッカー…連装対空機銃。地上戦では殆ど役に立たないものの対UFO戦で真価を発揮する。
  • SUKI スキヤキ…255mm自走榴弾砲。対地対空ともに有効範囲3マスの長距離砲撃が可能と言う凄まじい性能を誇るが移動が遅い。
  • T-88 ドラゴンバスター…旧式主力戦車。足は鈍いが防御力が高い。
  • T-90 ドーム…新主力戦車。ドラゴンバスターを一回り強くした戦車。

艦船ユニット 編集

海の地形でしか使えない。地形効果を得て戦う事は出来ないが、単体での戦闘力がわりと高いのが特徴。

  • HARU はるやすみ巡洋艦。攻撃力・防御ともにそれなりに高い。
  • NATU なつやすみ重巡洋艦。対地長距離砲(射程4)と対空ミサイルを装備しているが移動が遅い。

ハイパーX 編集

首都防衛用大型攻撃要塞。最高ランクの攻撃力を誇り巡洋艦クラスに次ぐ防御力も備えるものの、射程が1という泣き所がある。初登場時に発進デモがある上に専用BGMも持っている。元ネタは平成ゴジラシリーズに登場するスーパーX。外見はスーパーX2に似ている。

UFO 編集

敵側の使う航空ユニット。標準M型、対空S型、対地G型がある。周囲のユニットに攻撃を仕掛けつつ、卵輸送車を包囲するように動く。

UGO 編集

敵側の使う地上ユニット。標準A型1種類のみ。UFO同様に卵輸送車の移動を妨害してくる。

脚注 編集

  1. キルタイムコミュニケーション刊行「ユーズド・ゲームズ VOL.10(1999年号)」42・43ページより。

関連項目 編集

外部リンク 編集


テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki