FANDOM


暴れん坊天狗』(あばれんぼうてんぐ)とは1990年12月14日に日本で発売されたファミリーコンピュータ用の横スクロ-ル型シューティングゲームである。ライブプランニング(後にKAZeに社名変更)が開発、販売はメルダック1991年1月には主人公を落ち武者の生首に変えた『Zombie Nation』がアメリカで発売された。キャッチコピーは「エキサイテング」。

概要 編集

源平討魔伝』を開発した源平プロの一員でもある中潟憲雄がディレクター兼サウンドコンポーザーとして開発に関わった。

邪悪な生命体の攻撃によって滅亡の危機に瀕したアメリカ合衆国を日本から飛来した天狗が救う……という奇想天外なコンセプトの元、アメリカの都市を破壊しまくったり邪悪な生命体の手によって改造された自由の女神や半裸のマッチョ老人、移動する原子力発電所等の何だかよくわからない者と戦ったりと全くストーリーが掴めない破天荒なゲームである。またアメリカに悪いと思ったのか、エンディングはアメリカを称えているようなものになっている。元々のストーリーは平将門の首塚から飛び出した落ち武者の生首がアメリカに復讐するという設定であった(エンディングに平家の氏神である厳島神社が登場するのはその名残とみられる)が当時の任天堂やNintendo of Americaから許可が下りず、結局自機は天狗の面となった。その後アメリカ版発売の際には、自機が落武者の生首に戻った。しかし、自由の女神のグラフィックなどは変更されている。

落ち武者という共通点からストーリーも中潟のものだと思いがちであるが、ストーリーや企画はナムコ時代に『超絶倫人ベラボーマン』のベンジャミン大久保彦左衛門のモデルにもなった人物によるものである。

キャッチコピーにもあるとおり建物などあらゆるものを破壊する爽快感あふれるシューティングを謳っており特殊な世界観を感じさせるグラフィックや秀逸なBGMなど演出面のクオリティは高いものの、

  • 動きに慣性の付いた独特な操作感
  • パワーアップするまでは画面上に一発ずつしかショットを放てない
  • プレイヤーキャラ、敵キャラ、弾丸等のサイズが大きくかつ高速な為に攻撃や体当たりを回避する事が非常に困難
  • 一見背景の様に描写されているが、実は触れるだけでライフのほとんどを奪われるというトラップ(レーザー、落雷等)の存在
  • 避ける事が困難な速度で前ぶれなく落下して来るトラップの存在
  • ボス戦になると(実際にはライフゲージは有効に機能しているにも関わらず)ライフゲージが表示されなくなる

等の不親切とも捉えられる個性的なゲームシステムの為にゲームをクリアすることは非常に困難である。発売当初はあまり話題を集めず売上も数万本であった。しかし、ファミコン通信で「変なゲーム」として紹介されカルトな人気を集めた。また後年、書籍やウェブサイトなどでバカゲークソゲーとして紹介される事が多くなり結果として知名度を飛躍させた。

システム 編集

コンティニュー回数は有限で、初期状態で6回。ラウンドをクリアすると1回増える。最高9回まで。

操作方法 編集

十字キー
自機である天狗の面を上下左右に動かす。十字キーを押し続けると加速度のついた移動をするため、「独特の慣性がある」とも例えられる。難易度をHARDにするとより顕著になる。
Bボタン
通常ショット。対空攻撃と対地攻撃を同時に行う。放つのは目玉と唾、もしくは痰。
Aボタン
最高段階までパワーアップした状態で、一回だけ画面中の敵を全滅させる。

パワーアップ・ライフ 編集

パワーアップとライフ回復は独立したシステムである。

パワーアップ
このゲームでの唯一のパワーアップアイテムは「HELP」と叫びながら落下してくる人間である。これに触れると5人ごとにショットが強化される。5人で2連射、10人で3連射、さらに15人で全滅ボムアイテムの補給となる(それぞれ画面右下の2、3、星マークが点灯)。また、画面右下の人が旗に向かって走っている図はパワーアップまであと何人かという状態を示す。
ライフゲージ
画面左下に表示されている8つの天狗の顔がライフを表している。ただし1つにつき弾1発というわけではなく、敵の攻撃力も不明瞭なため正確な耐久力はわからない。
スコア10000点ごとに回復する。説明書によると点数をより多くとればより多くのライフが回復するようだが(10000点で2目盛り、50000点で3目盛りなど)、上記の天狗の顔ライフゲージでは1つずつ回復しているようにしか見えない。目盛り=顔というわけではないようである。
基本的に1~2発の敵弾ではライフゲージが減らない。ただし、ラウンド1~3に登場するレーザー・落雷・煤煙に衝突すると無条件でライフゲージが残り1つになる。ライフが1になった後に上記の障害物に衝突しても即死することはないため、「ライフを衝突時点の8分の1にする障害物」であると考えられる。
ボス戦ではライフゲージが表示されない。

ステージ構成 編集

ラウンド1~4はどこからでも開始できる。ラウンド4クリア後はラウンド1となる。全てのラウンドをクリアするとラウンド5(最終面)である。

ラウンド1
前半・後半ともにニューヨークのビル街が舞台となっている。最初の面だけあって敵の攻撃は激しくないが後半から画面左端にいると電撃に追い詰められてしまう場面が登場するため、できるだけ画面中央をキープするのが望ましい。
ボスは自由の女神モドキ。顔からは弾を撃ち、さらには手に持ったたいまつで火炎攻撃もしてくる。前述の通り、アメリカでは配慮のためかデザインがメドゥーサに変更されている。
ラウンド2
マップ画面ではテキサス州あたりだがグランドキャニオンが舞台。落雷が多いが下の山を壊せば避けられるところも多い。後半は滝が舞台。電撃こそないものの、敵の攻撃が激しくなる。自機の色違いである敵「ぺ天狗」も登場。
ボスは伝説の巨人ポール・バニアン。斧を持ったマッチョなオヤジ。体当たり攻撃と斧攻撃を仕掛けてくるが、どちらも当たると即死するほど攻撃力が高い。ちなみにポール・バニヤンとは北米の民話などに登場する伝説的な木こりのことである(Paul Bunyan)。
ラウンド3
アメリカ西部の軍事工場が舞台。前半は今までのレーザーに代わって工場からの煤煙が登場。レーザーより太く、発射間隔も短いので注意が必要。後半は工場の内部に入る。壊せない壁に阻まれる部分が出てくるので、強制スクロールに潰されないようにしたい。
ボスは移動原子力発電所。数画面に及ぶ巨大な移動要塞で、最深部のコアに攻撃を加えれば破壊できる。コアにたどり着くまでは通常の敵やレーザーも登場するので気が抜けない。
ラウンド4
アメリカ北部の洞窟が舞台。前後半に分かれていない唯一のラウンドで、他のラウンドにあったレーザー攻撃に当たるものもない。沙羅曼蛇のような有機的な敵が多く登場し、攻撃力も高い。
ボスは金星ヘビ。動く小さな頭が4つあり、倒すと障害物になる(触れると即死)。弾をかなり多量に吐いて攻撃してくるので処理落ちしやすい。
ラウンド5
最終ボスであるエイリアン・イーバと対決するだけのラウンド。その姿はグレイそのもの。本体は動かないが、周りを高速で回転する水晶に当たると即死となる。

参考文献 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。