FANDOM


来来キョンシーズ ベビーキョンシーのあみだ大冒険』(らいらいキョンシーズ ベビーキョンシーのあみだだいぼうけん)は、バンダイ1989年1月26日に発売したファミリーコンピュータ(ファミコン)用ソフト。日本でのみ発売。

周辺機器・ファミリートレーナー専用ソフト[1]。ファミコンで発売されたファミリートレーナー専用ソフトの最終作であるが[2]、本作の発売から19年後の2008年Wiiで「ファミリートレーナー」のブランドが復活した。

概要 編集

1980年代後半に当時、流行していた中国の妖怪・キョンシーを題材にしたゲームが複数のメーカーから発売されているが、本作はその中でも低年齢層向けのタイトルとして製作されている。著作権表記「©1989 TBS / ナオ・プロモーション」。

ファミリートレーナーのマットA面(8キー)を使用。あみだくじで選択したステージ上の足場をいわゆる「キョンシー立ち」でジャンプしながら移動して進み、ベビーキョンシーを両親が待つゴールへ導くと言うものである。中には道士に遭遇するバッドエンドなどもも存在するが、ファミリートレーナー専用ソフトの中でも難易度は低い方と言える。また、本作の大きな特徴として3人同時プレイが可能なことが挙げられる。これを利用して3人でそれぞれ別のコースを選べば、一度に全てのエンディングを見ることが可能。

備考 編集

本作の表題は文献によって以下のように様々である。「来来」と「キョンシーズ」の間に感嘆符が挿入されることが多いが、パッケージやタイトル画面に感嘆符は見当たらない。これは本作の「原作」であるテレビドラマの表題が「来来!キョンシーズ」である為の誤りと思われる。

  • ファミリートレーナーシリーズ10 来来キョンシーズ 〜ベビーキョンシーのあみだ大冒険〜
  • ファミリートレーナー 来来!キョンシーズ
  • 来来!キョンシーズ ベビーキョンシーのあみだ大冒険

なお、テレビドラマ「来来!キョンシーズ」の世界観に忠実な設定のゲーム化作品はタイトー1987年に『キョンシーズ2』のタイトルで発売している。

脚注 編集

  1. パッケージには「ファミリートレーナー第10弾記念ソフト」と記載されている。
  2. 北米では本作よりも後の1989年12月に発売された日本未発売の『Short Order/Egg-splode!』が最終作となる。

テンプレート:ファミリートレーナーテンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki