FANDOM


東方見文録』(とうほうけんぶんろく)は、1988年11月10日ナツメから発売されたファミリーコンピュータゲームソフト。ジャンルはアドベンチャーゲーム。タイトルは『東方見』ではなく『東方見録』である。

概要 編集

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』『ふぁみこんむかし話 遊遊記』と同じく、キャラクターを切り替えながら進行するコマンド選択式のアドベンチャーゲーム。パッケージに「ニューウェーブ・サイケデリック・アドベンチャー」と銘打っている通り、狂気的で不条理な物語が展開される。

コマンドは「いどう」「みる」「はなす」「なぐる」「とる」「しらべる」「つかう」「ひとかえる」の八種類。コマンド総当り式だが、場合によってはゲームオーバーになる事もある。

コンティニューのパスワードモードでは、入力記号にツメターガイ(オウムガイ)、ハニワーン(ハニワ)、テケテーケ(?)、眼球、プラナリマーン(プラナリア)、フジツーボ(ふじつぼ)、すっぽんが用意され、BGMには「マイムマイム」のアレンジバージョンが流れている。

なお、このパスワードには秘密の入力記号「三日月」が隠されており、プレイ中にそのマークを発見した旨を葉書に書いて送ると、開発者から「ハートのこもったプレゼント」(内容不明)が送られた。

物語 編集

東方見文録(とうほうけん ぶんろく)は東南アジア大学歴史工学部旅行学科の四回生で、シルクロードにおける素粒子の分裂による時空間旅行を研究していた。文録は代々商人の家の生まれで、夢は代官山で日本一の雑貨屋を営むこと。

『東方見聞録』の記述から、当時の日本がジパングと呼ばれる黄金の国と確信した文録は、開業資金を稼ぐため、自ら開発したタイムマシンを使い、憧れのマルコ・ポーロに会いに、秋葉原で買った格安日用雑貨をバッグに詰め込み1275年ヴェネツィアへと卒業旅行に旅立った。 テンプレート:ネタバレ 長い旅の末、文録とマルコは弘安の役に同行する形で日本に辿り着く(旅立ちから6年経過したらしい)。しかし、歴史上起こる筈の神風が起きない事を訝しんだ文録は遠隔操作でタイムマシンを暴走させ、人為的に神風を起こした。ところが実際に時を超えてやってきたのは神風違いの神風特攻隊であり、その特攻で元軍は瞬く間に全滅。マルコも巻き添えを食って死亡してしまう(テンプレート:要出典範囲)。

文録が目覚めた場所は日本のようであるが、奈良か京都のようでもあれば富士山らしき山もある奇妙な場所であった。そこは「時の団地」という、時に介入した者(時間犯罪者)を収容する場所であった。狂気的な人々に囲まれ、一生をそこで過ごす羽目になった文録は絶叫し、発狂する所で物語は幕を閉じる。

テンプレート:ネタバレ終了

登場人物 編集

東方見文録(ブンロク)
主人公。東南アジア大学歴史工学部旅行学科の四回生。黄金の国ジパングを目指して自作のタイムマシンで過去に跳ぶ。粗暴な性格で、誰彼構わず殴り掛かる癖がある。しかし高い頭脳と機転の良さを持ち、様々な困難を乗り越えていく。
マルコ・ポーロ(マルコ)
もう一人の主人公。東方見聞録を書いたマルコ・ポーロその人。父と共にキリスト経伝授の旅に出ていたが、文禄が突然現れた事で父の体が縮んでしまった為、文禄と共に旅を続ける事となる。文禄とは対照的に礼儀正しい青年。
ナレーション
このゲームのナレーション。しかし、本来ナレーションとは客観的に第三者の視点から物語を語るものだが、このナレーションは投げやりになったり、個人的な意見を挟むなど極めて主観的に語る。

関連項目 編集

  • メダロット4 - ナツメが手がけたRPG。「トウホウケン ブンロク」なる人物が登場。

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。