Fandom

任天堂 Wiki

桃太郎伝説外伝

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

桃太郎伝説外伝(ももたろうでんせつがいでん)は、ハドソンよりゲームボーイPCエンジンファミリーコンピュータで発売されたRPGのゲームソフトである。

ゲームボーイ版は1991年12月26日、PCエンジン版は1992年12月4日、ファミリーコンピュータ版は1993年12月17日に発売された。

概要編集

桃太郎伝説シリーズの外伝作品として、シリーズのキャラクタである貧乏神夜叉姫浦島太郎をそれぞれ主人公とした短編RPGを収録したオムニバス作品である。

ストーリーとしては、桃太郎伝説IIで桃太郎たちが地獄王をこらしめた後に該当する。少なくとも、夜叉姫伝説では地獄王をこらしめた1年後であることが作中で明記されている。

なお、スタッフロールで続編の製作を仄めかす文があり、PCエンジン版のみタイトルが「桃太郎伝説外伝 第1集」となっているが、続編は発売されなかった。

テンプレート:ネタバレ

貧乏神伝説編集

ストーリー編集

いつも人のお金を盗んでばかりの貧乏神のもとに、桃太郎が訪れなぜ盗みを働くのかたずねた。「一人でさびしいから、お金を盗めば皆が騒いでさみしくなくなる」と答える貧乏神に、桃太郎は「盗むならば悪い人の心を盗まなくちゃ」と諭す。そのとき、どんべい村のどんべいが現れ、ぜに王が畑仕事の道具を不当に高く売りつけて来て困っており、ぜに王をこらしめてほしいと願い出た。貧乏神はそれを聞き、ぜに王をこらしめるために正義の盗みをすることを決意するのであった。

システム編集

他のRPGと一線を画す特徴として、「攻撃手段がお金を盗むこと」というのがある。普通の攻撃が盗みになっており、相手から金を一定量盗むことで相手をこらしめる(桃太郎伝説シリーズでは相手の体力を0にすることを「こらしめる」行為と位置づけている)ことができる。「普通のRPGで言う所の敵に与えたダメージ量と同じ数値の金が常に手に入る」と考えてもらえばいいだろう。

このシステムにより、普通のRPGに比べてお金が溜まる速度がかなり速いが、中盤にお金を盗む敵が大量に出現する場所があったり、最終ボスであるぜに王のいる街では所々で通行料を取られたり、ぜに王の城では歩くごとにお金が減ったり、さらにぜに王と戦う際にファイトマネーを奪われたりと、決してお金に余裕が出来る状況ではない。

ぜに王を倒した後は福の神・ろっかく仙人・あまのじゃくのいずれかを主人公にした2周目をプレイすることができる。なお、2周目の主人公は一見ランダムに設定されるように見えるが、実は特定の条件の下で決められている。

3作中、唯一終始一人旅となる。

登場人物編集

貧乏神
皆と仲良くなるために、正義の盗みでぜに王をこらしめるために旅立つ。
桃太郎
桃太郎伝説シリーズの主人公だが、本作では戦闘に参加することはない。盗みを働く貧乏神を諭し励ます。
ぜに王
貧乏神伝説の最終ボス。どんべいの村の人々に高値で農具を売りつけ、生活を困窮に陥れていた者。2周目ではぜに大王となるが、ステータスが多少増強されている他は大差ない。
天の仙人
ぜに王をこらしめた貧乏神の前に現れ、神様の一員に加えようと言ってくる。しかし、実際には福の神・ろっかく仙人・あまのじゃくのいずれかになって2周目を始めるという桃太郎シリーズらしいオチ。
福の神
2周目の主人公の一人。能力的には可も無く不可もなく。
ろっかく仙人
2周目の主人公の一人。敵全体に会心の一撃を与えるろっかくの術を、少ない技消費で使えるため反則的に強い(本編で桃太郎が使う場合は技消費量が最大技数に対する割合で決められるため使用回数が激しく制限される)。
あまのじゃく
2周目の主人公の一人。攻撃のランクを「梅」「竹」「松」から選択できるが、何が起こるか分からず、自分に被害が及ぶこともある。夜叉姫伝説の仲間キャラクターと同様。

夜叉姫伝説編集

このシナリオのみ、シナリオを脚本家山口宏が担当。同氏は後に新桃太郎伝説にも演出として参加している。

ストーリー編集

桃太郎たちが地獄王をこらしめてから1年。改心した鬼たちによって平和な場所となった地獄に、マンダラ王率いるマンダラ地獄の鬼たちが攻めて来た。地獄王の治める地獄は108つある地獄のうちの101番目の地獄にすぎず、マンダラ地獄は8番目の地獄である。はるかに格上の地獄の侵攻に、かのえんま大王も傷つき倒れ、地獄王ももはや絶望していた。だがそのとき、夜叉姫が桃太郎より学んだ「愛」と「勇気」を胸にマンダラ王をこらしめるべく立ち上がった!

システム編集

最初に仲間を選び、パーティを組んで冒険する。GB版では5人の仲間候補から2人を(夜叉姫を含み3人パーティ)、PCE版・FC版では7人の仲間候補から3人を(夜叉姫を含み4人パーティ)仲間に選ぶことになる。仲間たちにはそれぞれ個性があり、仲間の選択によって難易度が大きく変動する。なお必ずしも最大人数の仲間を連れる必要は無く、一人で旅することも可能。

3作中で、GB版とPCE版・FC版の相違点が最も多い作品である。

登場人物編集

夜叉姫
地獄王の娘。かつて桃太郎と戦いこらしめられ、その際に「愛」と「勇気」を学んだ。それを胸にマンダラ王に立ち向かう。
あしゅら
えんま大王の側近。仲間候補の一人。薔薇がトレードマーク。裸に絹だけまとっている。能力的には攻守のバランスが取れており使いやすい。
風神
えんま大王の部下。仲間候補の一人。回復・補助系の術を習得する。
雷神
えんま大王の部下。仲間候補の一人。攻撃系の術を習得する。
はらだし
仲間候補の一人。初期能力的には使えない部類だが、一定レベルを超えると一気に強くなり、強力な術も使える大器晩成型。また、桃太郎シリーズ恒例の「女湯」を見ることのできる「まるだし」の術も習得する。
あまのじゃく
仲間候補の一人。攻撃のランクを「梅」「竹」「松」から選択できるが、何が起こるか分からず、味方に被害が及ぶこともある。
クロガッパ
PCE版、FC版にのみ登場。仲間候補の一人。いくつかの術が使える他、通常攻撃時に体力の回復や敵の守備力を下げるなどの特殊行動を行うことがある。
ユキだるま
PCE版、FC版にのみ登場。仲間候補の一人。攻撃が全て特殊行動となり、しかも役に立たなかったり味方に被害が及ぶことがほとんど。
地獄王
桃太郎伝説IIで桃太郎にこらしめられた地獄の王。マンダラ地獄の圧倒的な力に絶望しかけるが、夜叉姫を信じ地獄の底で待つ。
えんま大王
桃太郎伝説で桃太郎にこらしめられた鬼族のリーダー格。マンダラ地獄の鬼達の侵攻を食い止めていたが、傷つき倒れる。
マンダラ王
8番目の地獄、マンダラ地獄の王。地獄王の治める地獄に侵攻を行う。
マンダラ四天王
竜神バラム
炎を吐き、地獄のある一帯を溶岩で覆い尽くした
鬼女ランバ
マンダラ四天王の紅一点。怪しい気配で辺りを包み術を使えなくしてくる。GB版では四天王のうちで3番目に、PCE版・FC版では2番目に戦うことになる。
死神マンダラ
地獄の街の鬼たちをさらい、魂を吸い取った鬼。GB版では四天王のうちで2番目に、PCE版・FC版では3番目に戦うことになる。
戦士ハヌマン
分身の術を使う鬼の戦士。

浦島伝説編集

ストーリー編集

天の仙人が浦島太郎のもとを訪れ、最近人々を苦しめているタヌキ大王をこらしめるように依頼する。快諾した浦島に、天の仙人はタヌキ大王の息子であるかむろを預けて去っていく。かむろの執拗な妨害を受けつつも、浦島はタヌキ大王をこらしめる旅に出た。

システム編集

序盤ではかむろを連れて旅をすることになるが、戦闘では毎ターンかむろが暴れて浦島がダメージを受けてしまう。また、木の葉に化けて浦島の攻撃命中率を下げたり、仙人に化けて敵を回復したりもする。また、ストーリーが進むと攻撃せずに様子を見たり、時には浦島を回復したりもする。ストーリーの進行によるかむろの心情変化の現われと取れる。

最終的に3人パーティとなるが、夜叉姫伝説とは異なり、ストーリーの進行によって仲間が増え、固定メンバーである。

登場人物編集

浦島太郎
心優しき漁師の若者。武器のモリは必ず2回連続攻撃となる。回復の術を習得する。主人公という設定上か、桃太郎伝説II新桃太郎伝説に比べると体力や攻撃力が高めである。
かむろ
タヌキ大王の息子。当初は浦島の邪魔ばかりしていたが、足柄山で庇われたことで改心し、身代わりに岩の下敷きになった浦島の為に金太郎を連れてくる。それ以降は浦島らと共にたぬき大王をこらしめるために旅することになる。攻撃系や補助系の術を習得する。
金太郎
気は優しくて力持ち。岩の下敷きになった浦島を助けた後、共にたぬき大王をこらしめるために旅する。力は3人中ずば抜けているが、反面術は一切覚えない。
天の仙人
浦島にタヌキ大王をこらしめるように依頼し、かむろを預ける。浦島に依頼したのには彼なりの含みがあってのことのようだが…。
桃太郎
エンディングに登場。
タヌキ大王
かむろの父親で、人々に迷惑をかけるたぬき衆のボス。

関連項目編集

テンプレート:桃太郎シリーズ テンプレート:Rpg-videogame-stub テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki