FANDOM


テンプレート:Pathnav

美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負(おいしんぼ きゅうきょくのメニューさんぼんしょうぶ)とは1989年7月25日シンセイ(新正工業)より発売されたファミリーコンピュータアドベンチャーゲーム。原作漫画『美味しんぼ』を元にした3本のシナリオからなっている。

概要 編集

原作のエピソードを、アドベンチャーゲームとして成り立たせるように構成し直したため、結果としてストーリー展開は原作とかけ離れている。登場人物のキャラクターも、栗田の性格がヒステリックだったり、美食倶楽部に包丁セットを取りに行く際に見つからないようにネコの鳴き真似をすると海原雄山が大笑いして去ったりするなど原作と相違がある。

「じゅもん」「うそをつく」「バカのまね」など原作の雰囲気にそぐわない選択肢があり、ゲームオーバーとなる理由も「呪文を唱えて逮捕された」「アンコウを殴って腕が折れた」などシュールな物が見られる。警官に尋問されるシーンで「じゅもん」を選んだときの山岡の「アンキモ、アンキモ、アンキモ!」の台詞、せっかく手に入れたアンコウを海に投げ捨てたときの「山岡は、突然世の中がイヤになってしまったようです」などのシュールで唐突なメッセージなどから、一般にクソゲーないしバカゲーの扱いを受けることが多い。

BGMはクラシック音楽などで構成されている。

シナリオ 編集

アンキモ編 編集

美食自慢をする文化人たちに「フォアグラよりうまいもの食わせてやる。」とタンカをきるストーリー。

京極編 編集

まずい料理屋に連れて行かれたことに腹を立てた京極万太郎をなだめるために、料理屋を探すストーリー。

ラーメン編 編集

京極に頼まれて、ラーメン屋を再建するストーリー。途中、「ネコのマネ」「キリンのマネ」「ゾウのマネ」「バカのマネ」というコマンドがある。

外部リンク 編集

ハラペコ屋 美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負を紹介する個人サイト


テンプレート:美味しんぼ