Fandom

任天堂 Wiki

落っことしパズル とんじゃん!?

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

落っことしパズル とんじゃん!?は、NMKが開発しジャレコが発売した、ファミリーコンピュータ用のパズルゲーム。1989年9月29日発売。5600円。[1]

概要 編集

倉庫番風のパズルゲームで、荷物や壁が麻雀牌で出来ていること、倉庫番でいうゴール地点が穴になっており、複数の牌を同じ地点に落とせるのが特徴的である。

プレイヤーはぶたさん(同社『ぶたさん』のキャラクター)を操作して、既定のイン数以内に画面上すべてのクリア牌を落とすとクリアとなる。全部で99面、およびクリア後に裏面40面が用意されている。

ゲームは残機制で、すべて失うとゲームオーバーとなる。ゲームオーバー時はコンティニューが可能だが、獲得していた得点は失われての再スタートとなる。序盤と後半の一部の面を除いて、麻雀牌8枚でできたパスワードが表示され、パスワード入力画面で打つことによって同面から再開することができる。この場合、得点や残機は引き継がれる。

各面のパスワード表示画面では様々な女の子が見えるほか、終盤の面ではプログラマーらしき男が挑戦をかけてくるなど、登場人物はそれなりに存在するが、特にストーリーのようなものは無い。

操作 編集

コントローラーの十字キーでぶたさんを動かし、動かせる牌をプッシュ(Bボタン・前に1マス動かす)かパンチ(Aボタン・前に壁端まで押し込む)で押して操作する。

行き詰った場合にはセレクトボタンを押すと「降参」となり、1機失って最初の状態に戻る。

また、制限時間はないが、スタートボタンでポーズをかけることができる。

流れ 編集

面クリアに必要な「クリア牌」は面ごとに設定されており、複数存在する場合はすべてを落とす必要がある。多くの面では伏せ牌(倉庫番の壁に相当する)で動ける範囲が仕切られており、その中で牌を動かしてクリアを目指すものである。

それぞれの面ごとに、「残イン数」という穴に落とすことのできる残りの数が決められている。この残イン数以内にすべてのクリア牌を落とせばクリアとなり、数に余裕があればクリア牌以外の牌も落とすことができる。逆に、すべてのクリア牌を落とす前に残イン数が尽きるとミスとなり、残機がひとつ失われる。

得点は牌を落とすことによって得られるほか、クリア時の内容によってボーナス点がつく。得点によって変化する内容は存在しない。

クリア時にリザルト画面が表示され、下記の残イン数精算などが行われる。また得点とは別に「評価点」が設けられており、リザルトにおいてクリア時の内容で最大5点が得られる。評価点は10点ごとに残機ひとつに精算される。

編集

以下はゲーム中でぶたさんが動かせる牌の名称と一覧である。種別は説明書の解説に準拠する。

普通牌
通常の麻雀で使われる萬子索子筒子字牌を指す。ひとつ落とすと100点が得られる。クリア牌や、後述のボーナス牌・チャンス牌はこれらのうちいずれかが使用される。
フィーチャー牌
落とすと高得点が得られる牌。
  • アップル牌 - 1000点。林檎の絵柄。
  • レモン牌 - 2000点。レモンの絵柄。
  • ピーチ牌 - 5000点。の絵柄。
  • ミート牌 - 10000点。豚の絵柄。
特殊牌
魚の絵柄の「失牌」と、とっくりの絵柄の「もう一牌」がこれに含まれる。失牌は落とした時点で「失敗」と表示されて1ミスとなる。
ボーナス牌
各面ごとに設定された普通牌で、落とすと5000点が得られる。
チャンス牌
ボーナス牌と同じく各面ごとに設定される普通牌で、落とすとその面の以後の得点加算が2倍(複数落とすことで最大8倍)になる。この効果はリザルト画面の得点加算まで持続する。

ボーナス得点 編集

残イン数はクリア時に精算され、1回につき500点のボーナス点となるが、残イン数を使いきってクリアすると5000点のボーナス点が得られるため、高評価を狙う場合は使い切るのが望ましい。

また、その面を残機の損失なしにクリアした場合、ここでノーミスボーナスとして5000点が加算される。このノーミスボーナスと残イン数ボーナスはチャンス牌で増えた倍率の対象になり、ここでも最大で8倍になる。

ほか、特定の面では役満ボーナスが用意されており、麻雀の役満の条件を満たす牌(たとえば大三元なら白3枚・發3枚・中3枚)を落とすと、クリア時に32000点(子の役満点)が発生する。

幻のアーケード版 編集

この作品は元々アーケード用作品として発売される予定で、実際にロケテストが行われたものの、発売が中止になっていた作品である。しかし後にNMKと密接な関係にあった韓国のドーヤン社によって、グラフィックを変更してYAM!YAM!?というタイトル名で発売された。[2]


脚注 編集

  1. 『別冊宝島797 僕たちの好きなTVゲーム 80年代懐かしゲーム編』 宝島社、2003年、p128 ISBN 4796633111
  2. うらぱしゅと

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki