Fandom

任天堂 Wiki

蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン』(あおきおおかみとしろきめじか-)は、1987年に光栄(現・コーエー)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「蒼き狼と白き牝鹿シリーズ」は、もともと1985年に『蒼き狼と白き牝鹿』(サブタイトル無し)というタイトルで発売されたものが第1作である。そのため、本項で記述される『蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン』(以下『ジンギスカン』と略す)は厳密にはシリーズ2作目となるが、前作をリニューアルして発売したものなので、事実上、同シリーズの第1作と同様のものとして扱われている。本項目では初代と第2作とをまとめて扱う。なお、1作目と2作目の違いについては#リニューアルにて後述するが、特記無き場合ば2作目『ジンギスカン』の内容に従って記述する。

『ジンギスカン』はMSXではMSX1版とMSX2版が別々に発売された。Windowsでは、2005年にコーエー定番シリーズの一つとして復刻版が発売されている。これは、もとは2003年に発売されたコーエー25周年記念パックのVol.3に収録されていたものを単独で発売したものである。また、2007年より携帯電話版の配信も行われている。

内容 編集

概要 編集

チンギス・ハーンモンゴル帝国をメインに12世紀から15世紀ユーラシア大陸を舞台とし、その統一を目指すゲームである。 本作では、オルドシステムでの子作りや絶対に裏切らない血縁将軍の重要性(非血縁将軍は反乱を起こす可能性を持っている)などが搭載され、「蒼き狼と白き牝鹿」シリーズの基本方針が定まった作品である[1][* 1]

さらに人材捜索など、のちに『三國志』で重要になるシステムも初搭載されているが、本作では1国につき1人の将軍しか配置できず、発見される在野の人材の能力も概して高いものではない。

選択できる国王が49 - 59歳と[2]異例の高齢者ばかりなので、後継者への引継ぎが前提とされているのも珍しいと言える(もちろん、後継なしに初期国王1代での世界制覇も十分可能である)。選択できる国王が4人と少ないため、「統一」「滅亡」に合わせて、国ごとに独自のエンディングのグラフィックがある。

戦闘シーンが凝っていることも特徴の一つとして挙げる事ができ、マップは横16 * 縦10ヘックスで構成。「山」「砂漠」「海」などの難地を行軍すると、兵士が次々「脱落(減少)」してゆく。また、「弓矢隊」の間接攻撃、「歩兵隊」の伏兵などといった攻撃バリエーションや、森では「狩猟」による兵糧調達も出来る。こういった特徴のため、「防衛側」がかなり有利で、テンプレート:要出典範囲

シナリオ 編集

『ジンギスカン』のシナリオは「モンゴル編(1174年冬スタート。コマンド開始は1175年春から)」と「世界編(1205年冬スタート。コマンド開始は1206年春から)」の2本である。選択できる主人公はモンゴル編がテムジンモンゴル族)のみで、世界編ではジンギスカン(モンゴル帝国)、源頼朝日本)、アレクシオスビザンツ帝国)、リチャード1世イングランド)の4人を選択することができる。

  • 史実上は源頼朝・リチャード1世はシナリオ開始の1205年にはすでに死亡しており、アレクシオスは存命ではあるがビザンツ帝国(アンゲロス王朝)は滅亡している。これは、世界史に馴染みの薄いユーザーに配慮し、史実とは違っていても比較的有名な人物・国家を選んだための設定と思われる。ちなみに1205年は史実上でジンギスカンがモンゴル高原を統一したとされる年である。

また、モンゴル編を1205年冬までにクリアした場合、金・食料・住民・特産品総数の10分の1と将軍候補(従属国統治を行っていない将軍)5人、子供5人、全ての后を世界編に持ち越してプレイすることができる(キャンペーン・プレイ)。その場合、プレーヤーはジンギスカンとしてプレイを継続することになる[3]

テンプレート:要出典範囲

尚、この「一定範囲内の地域を制覇した後に更に広大な領地の制覇を目指す」という手法は、次回作『蒼き狼と白き牝鹿・元朝秘史』や無双シリーズの『戦国無双2 Empires』にも引き継がれている。

コマンド 編集

本作では、1年は春夏秋冬の4ターン。各ターンに3回のコマンドを連続で実行でき、年間のコマンド回数は12回。コマンドを実行するたびに統率力・判断力・説得力・企画力・体力・武力といった、国王の各能力値を消費することになっている[4]。能力値の消費は、本拠地だけではなく、直轄地に指定している国での命令でも消費することになる。したがって、こまめな自己訓練でこれらの能力の回復などを行う必要があるとともに、(血縁)武将に国を委任統治させる必要も出てくる[* 2][5]

本作が、当時の他のコーエーの歴史シミュレーションゲーム作品と最も異なる点は内政の概念である。他のシリーズでは「開墾」「投資」などのコマンドがあり、それを選択しない限り、国力は上昇しないが、本作品では住民を「町造り」「城造り」「食料作り」「特産品作り」に配分するだけで自動的に基本的な国力が向上していく[* 3][6]。住民配分システムは、次の『元朝秘史』にも継承された。また、住民配分の中には兵士も含まれるため、全ての住民を兵士にしたり、逆に兵士を0にして全て内政関係に振り分けることもでき、さらに金銭で傭兵を雇い[6]、それを内政に回すなど、柔軟な国家運営が行える。

通商 編集

上述の通り、本作では各国で「特産品」を生産することができる。これは「毛皮」、「貴金属」、「絹」など10種類あり、各国で産出するものが異なっており、基礎的な価格も異なっている。これらを売買する相手である商人はウイグル商人、イスラム商人、中国商人の3種類。それぞれ基本相場が違うため、中国商人から買った絹は倍額程度で売却が可能、など、うまく使えば大もうけが可能であるが、商人は常駐している訳ではなくその滞在確率は各国によって異なり、イギリスで中国商人と取引できる機会は限られ、日本でイスラム商人と出会えることも、やはり比較的希である。ハンドブックに曰く「絹の道」(シルクロード)である[7]

戦闘 編集

本作の戦闘シーンは横16 * 縦10マスからなる、ヘックスで構成された戦場マップで戦われる。部隊は機動力は高い騎馬、遠距離攻撃の可能な弓矢[* 4]、伏兵の可能な歩兵の3種類[* 5][8]。ヘックスは城、町、平地のほか山、森、砂漠、海と言った地形が存在し、城・町・山・森についてはそのヘックスにいるユニットに平地と比較してプラスの防御効果がもたらされ戦闘が有利になるが、砂漠と海については逆にマイナスの防御効果がもたらされ、不利となる。さらに騎馬は森と山も苦手としており、防御効果はマイナスとなっている[8]。また山、森、砂漠、海についてはこれに進入したとき、部隊の兵士が脱落し、損害を被る。ただし守備側は全体的に脱落の度合いが少なく、森に関しては兵士が脱落する心配はなくなっている[8]。また、部隊編成は基本的に平時において事前に行っておくべきものであるが、同種の兵については戦闘中に任意に分散・合流も可能となっている[8]

一騎打ち 編集

本ゲームでは第1部隊を総大将が率いているが、双方の第1部隊が隣接すると「一騎打ち」の可能性がある。どちらかの第1部隊が一騎打ちを申し込み、相手方が受諾すれば総大将同士の一騎打ちが成立し、双方の総大将の「武力」・「体力」・「判断力」で勝敗が争われる(ただし申し込んだ側には判定にある程度のハンデが課される)。一騎打ちを申し込まれた側は総大将の「説得力」が敵将を大きく上回っていれば一騎打ちを断ることができるが、「武力」と「統率力」が半減してしまう上、兵士の20%が敵側に寝返ってしまう。[8]

決着はいずれかの総大将が捕縛される場合と打ち負かされるだけの場合があり、総大将が捕縛された側はそれまでの戦況に関係なくその時点で戦争そのものの敗北となる。打ち負かされた場合は即敗北とはならないものの兵士の20%が敵側に寝返ってしまう。 このため一騎打ちは非常にハイリスク・ハイリターンな作戦である。一騎打ちの申し込みは双方ともに1度の戦争中に1回しかできず、プレイヤー側から申し込む場合、相対的にプレイヤー側総大将が強すぎると一騎打ちを断られたり、「弱すぎて相手になりません」とメッセージが表示されて[9]一騎打ちが申し込めないようになっている。

工作 編集

その他「降伏勧告」、隣接する味方国に助けを求める「援軍要求」、町から物資を得る「略奪」、森で食料を調達する「狩猟」、そして「退却」と言った「工作」が行える[8]

オルド 編集

冒頭部で述べた通り、本作は広大なユーラシア大陸の制覇を目標としており、プレイヤーの担当できる英雄の年齢が比較的高く、さらには血縁関係にない武将には常に裏切りの可能性があると言った都合上、後継者作り、子作りは重要である。后を口説いて同衾し、子を設ける[* 6]。これが「オルド」システムである。オルドでは「強引に口説く」、「金で歓心を買う」などのコマンドがあるが、オルドにおいてもそれらコマンドを実行すると、「体力」など、主人公の能力値は消耗してしまう。なお、少なくとも4回は同衾しないと懐妊の可能性はなく、それもあくまで可能性があるのみである[10]

リニューアル 編集

1作目 『蒼き狼と白き牝鹿』と2作目『蒼き狼と白き牝鹿』は前述の通り、全体的なゲーム展開や国家運営については大筋で同じ物ではあるが、グラフィックなどが強化されたほか、各所でリニューアルがなされている。

1作目についてはまず戦闘画面が4 * 4の16スクエアと比較的簡素であり[11]、狩猟や伏兵など各種「工作」なども存在しなかった。歩兵、騎兵、弓兵と言った兵種の概念についてもやはり1作目には存在していない。 またシナリオについても、モンゴル編と世界編を通してのプレイしか選択できず、ジンギスカンとしてのプレイしか楽しめなかったのである。[12]

コンシューマー移植版 編集

携帯電話移植版 編集

  • 蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン(iアプリ):2007年2月5日配信開始
将軍の顔グラフィックは『チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV』のものを流用。プレイヤーとして選択可能な族長・国王がオリジナル版よりも増えている(ジャムカやフィリップ2世など)。

攻略本編集

蒼き狼と白き牝鹿 ジンギスカンハンドブック
コーエー,1988/10/25,定価 1,896円

脚注 編集

  1. ちなみにこのゲームシステムのため、本作では例え源頼朝でプレイした場合にも源義経は絶対に裏切らない。
  2. 本作では住民配分のほか、自律的な外交や輸送など、各国の委任設定(命令書)については比較的細かく設定が可能である。
  3. 訓練度などの軍事関係やモラルなどの一部の内政ステータスを除く。
  4. 「武装度」によって、1回の戦闘で行える遠距離攻撃の回数に制限がある
  5. 部隊の種類によって若干の相性がある。
  6. ちなみに后は戦争に勝利する事によって増やすことが可能。

出典 編集

  1. 初代「蒼き狼と白き牝鹿」にはオルドや血縁武将の要素は搭載されていなかった。テンプレート:要出典
  2. 『ハンドブック』 p.172,176,180,184
  3. 『ハンドブック』 pp.171-172
  4. 『ハンドブック』 p.61
  5. 『ハンドブック』 pp.98-99
  6. 6.0 6.1 『ハンドブック』 pp.34-47
  7. 『ハンドブック』 p.47, pp.65-89「絹の道」
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 8.5 『ハンドブック』 p.115-129
  9. 『ゲーム十字軍 vol.1』p.89
  10. 『ハンドブック』 pp.38-39, 61, 97, 170
  11. 『SLG入門2』に掲載されている画面写真による。しかもp.84では、時間がかかるばかりであまり面白いものではないと評されている。
  12. 変更点については概説は『SLG入門3』 p9, pp.148-149を。戦闘についてはpp.155-156を参照

参考文献 編集

関連項目 編集

  • 蒼き狼 - 井上靖の小説。作中にてジンギスカンとクランの間にできた子という設定のガラウンという人物が登場するが、本作の世界編においてもジンギスカンが統治しているモンゴル帝国に同名の人材が登場する。また、MSX版などに付属していた資料の小冊子の内容(クランの最期など)にもかなりの影響を与えている。

外部リンク 編集

テンプレート:蒼き狼と白き牝鹿 テンプレート:コーエー25周年記念パック

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki