Fandom

任天堂 Wiki

麻雀大会

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

麻雀大会』(まーじゃんたいかい)は、光栄(→コーエー)より発売されている麻雀ソフトのシリーズである。初期作品はシャノアール開発の思考ルーチンを用いていた。

歴史シミュレーションゲームを多数出している同社らしく、対戦相手は古今東西の歴史上の人物で(「III」などを除く)、初期作品ではシブサワ・コウも含まれていた。「III」以降、ローンチソフトまたはそれに近い時期に発売されている。

シリーズ 編集

麻雀大会(初代)
PC-9800シリーズ用に発売され、1989年にはファミリーコンピュータに移植された。
スーパー麻雀大会
1992年発売。PCエンジンスーパーファミコン用。
麻雀大会II
PC-9800シリーズ用に発売され、1994年にはスーパーファミコンにも移植された。
麻雀大会II Special
Microsoft Windows用ソフトで、プレイステーションセガサターンドリームキャストにも移植された。対戦キャラクターがポリゴンによる3Dグラフィックとなった。ダウンロード販売版の「麻雀大会II for GAMECITY」も存在する。
麻雀大会III ミレニアムリーグ
プレイステーション2用ソフト。対戦相手が歴史上の人物ではない。
麻雀大会IV
プレイステーション3用ソフト。オンライン対戦に対応している。
麻雀大会
初代とタイトルは同じだが、対戦相手は歴史上の人物ではない。ニンテンドーDSプレイステーション・ポータブルWii(麻雀大会Wii)用。

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki