Fandom

任天堂 Wiki

Nintendo Switch

675このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

Nintendo Switchニンテンドー スイッチ、最初はNXと呼ばれていた)とは、スイッチとも呼ばれる、任天堂が開発した第9世代のゲーム機である。DeNAと任天堂の提携発表の席に置いて岩田聡が新たなゲーム機を発表した。Nintendo Switchは据え置き機として接続可能なポータブルシステムであり、据置機と携帯機のハイブリッドをうまく実現している。Joy-Conコントローラーを接続することでゲームパッドのように使うことやマルチプレイヤー用に別々に使用することも可能である。システムはカートリッジベースであり、ニンテンドーDSニンテンドー3DSのようにゲームカードにデータのコピーが記録される。携帯機における従来の方式に従っている一方、ディスクにゲームを記録する据置機のトレンドから大きく逸脱している。

機能編集

Nintendo Switchは据置型と携帯型のハイブリッドゲーム機である。メインとなるユニットはマルチタッチスクリーンの携帯用タブレットであるが、特殊なドックに接続することで家庭用モニターでプレイが可能である。タブレットの両端あるいはJoy-Conグリップと呼ばれる特殊なコントローラーブリッジに装着可能なワイヤレスのJoy-Con、または競合のXbox Oneで使用されているデザインに似たProコントローラーを使ってゲームを操作する。Joy-Conは標準的なコントローラーとしても、またWiiリモコンとヌンチャクに似たモーションコントローラーとしても使用できる。ニンテンドーDSやニンテンドー3DSと同じようにゲームがゲームカードに記録される。

オンラインサービス編集

Nintendo Switchは有料のオンラインサービスを配信する予定である。サービスに加入したくても使用できる機能はあるが加入すればオンラインプレイなど多くの特典を利用することができる。このサービスは2017年秋の正式配信までは無料で使用することが可能である。ほとんどの機能は2017年秋に公開されるスマホアプリで一括管理できるようになる予定。

登録者は任天堂の過去作も月替わりで無料でプレイできる。バーチャルコンソール版を購入すればゲームをずっと所有することができる。

このサービスとニンテンドーネットワークの関連は不明で、Miiverseのサポートはないがニンテンドーeショップは有効である。

開発編集

2015年10月16日、NXと称された任天堂の新たなゲーム機のニンテンドー開発キットが様々な業者に配布されると発表された。これによりNXがWii Uニンテンドー3DSの後を継いで複数のフォーマットで発売されることが明らかになった。開発者により良い環境を与えるためNintendo Dev Interfaceのあるdeveloper.nintendo.comでかなりの支援が行われたと考えられる。

2016年4月27日、任天堂は2017年3月発売の『ゼルダの伝説』新作がローンチタイトルになると発表した。加えて、2016年のE3でNXを公開することも述べた。

任天堂は産業スパイに対する懸念から開発中ほとんどの情報を公開しなかった。その結果、公式発表以前のNXの情報はそのほとんどを様々な第三者ソースから引用された噂や推測が占めることとなった。任天堂が公開した情報によりNXは厳密にはWii Uやニンテンドー3DSの後継機ではなく、NX発売後も廃止するのは現実的でないことからその2機でのゲーム開発も続けていくことが確認された。ところが、NXの正式発表からまもなく、Wii Uは商業的失敗から生産終了となることが発表された。2016年のE3に続くQ&Aセッションにおいて任天堂社長君島達己はバーチャルリアリティの開発を模索していると話した。

2016年10月20日、任天堂は一ヶ月ほどほとんど情報を出していなかったが、ここで初めて公式プレビュートレーラーを公開した。このトレーラーでは正式名称である「Nintendo Switch」と呼ばれるようになったNXの多種多様な遊び方が紹介されていた。特に重点が置かれていたのは持ち運び可能でありながら家でも据置機としてプレイできるという点である。ファンの反応は良好であったが、コアなファンだけでなく普通のユーザーとコアなファンの両方に訴えかけたトレーラーと続くSwitchの技術面での情報不足によって引き起こされた投資家の不信感により任天堂の株価は大幅に下落した。

2016年12月7日、米国任天堂社長レジナルド・フィサメィは「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」にゲスト出演した際、サプライズでSwitchのライブデモンストレーションを敢行した。ここで彼は熱心な任天堂ファンのファロンに『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の短いデモ版をプレイさせた。Switchの技術面における特徴は何一つ語られないまま、据置機から携帯機へと切り替えが可能なこととWii U版よりはるかにスムーズな『ブレス オブ ザ ワイルド』のフレームレートが披露され、高い技術力が示唆された。

2017年1月、任天堂は一時間のプレゼンテーションで、システムハードウェア、関連グッズ、値段、発売日、ゲーム機用に開発されるゲーム(『スプラトゥーン2』、『スーパーマリオ オデッセイ』、『ファイアーエムブレム無双』、『FIFA』、『Project OCTOPATH TRAVELER』が含まれていた)などNintendo Switchの詳細について話し合った。その次の週末、大阪、ニューヨーク、イギリスなどで体験会が開催されることとなった。

2017年3月、Nintendo Switchは世界中での発売日を迎え、販売業者はゲーム機の売れ行きが好調であると発表した。ゲーム機の評価もほとんどが肯定的であったが、多くのユーザーがもっとも期待されていたゲーム『ブレス オブ ザ ワイルド』などのローンチラインナップが面白みに欠けることを指摘した上、前世代のWii UでもSwitchと同様にプレイ可能であることを注意した。中には左用Joy-Conとゲーム機の不安定な接続を指摘し、こうした問題がゲーム体験に陰りを落としているとする者もいた。それでも、大半の消費者、レビュアー、さらに競合企業までもが任天堂の新しいゲーム機を好意的に評価した。

ローンチゲーム編集

Nintendo Switch用に100以上のゲームが開発中である。下記はSwitchと同時発売。

  • 1-2-Switch
  • VOEZ
  • アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ '98
  • アケアカNEOGEO ショックトルーパーズ
  • アケアカNEOGEO メタルスラッグ3
  • アケアカNEOGEO ワールドヒーローズパーフェクト
  • アケアカNEOGEO わくわく7
  • いけにえと雪のセツナ
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ
  • オセロ
  • 新大開拓時代 ~街をつくろう~
  • スーパーボンバーマン R
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  • 空飛ぶブンブンバーン
  • そるだむ 開花宣言
  • ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
  • 信長の野望・創造 with パワーアップキット
  • ぷよぷよテトリスS
  • ブラスターマスター ゼロ
  • 魔界戦記ディスガイア5

トリビア編集

  • Nintendo Switchは任天堂初のハイブリッドゲーム機である。
  • Nintendo Switchは20年間で初めて、メインフォーマットとしてゲームをカートリッジに記録する家庭用ゲームである。前回のカートリッジベースのゲーム機は1996年半ばから後期にかけて発売されたNINTENDO64である。
  • Nintendo Switchはニンテンドーゲームキューブ以来初めて商品名に「Nintendo」をつけた家庭用ゲーム機である。
  • Nintendo Switchは任天堂初のリージョンフリー家庭用ゲーム機であり、2004年のニンテンドーDS以来初めての完全リージョンフリー機である。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki