FANDOM


SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語3 伝説の騎士団(エスディーガンダムがいでん ナイトガンダムものがたりスリー でんせつのきしだん)は、1992年10月23日バンダイから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用ロールプレイングゲームソフトSDガンダム外伝 円卓の騎士編が題材となっている。

2009年9月14日にはバンダイナムコゲームスから携帯アプリ「ナイトガンダム物語 円卓の騎士団」として、リメイク版が発売された。 当初はドコモ専用でシナリオごとに購入する課金制であったが、現在では全シナリオが月額315円となり、ソフトバンクでも使用可能となっている。(パケット除く)


システム 編集

総勢12人の円卓の騎士達を、2パーティーに分割して冒険を進める。『騎士団』という考えを生かした、独特の戦闘システムが特徴。前作同様、マップ上でのキャラクターが大きく、移動が快適である。

戦闘
マップ移動中敵モンスターに出会うと、画面は自動的にバトルモードに切りかわる。敵モンスターを倒すと経験値、G(ゴールド)、名声値がもらえる。また、宝箱がもらえることもある。経験値が一定の値になるとレベルアップ。パーティーリーダーが戦闘不能や「きぜつ」状態などでなければ「たいれつ」コマンドで元に戻せる。時折、フィールド上で旅人一家が襲われている場合があり戦闘に勝てば後述の名声が大幅にUPするが、逃げたり全滅すると逆に大幅に下がってしまう。
MP(メンタルポイント)を消費してクリティカル攻撃を任意に繰り出す。必ず命中する。MPが尽きると「きぜつ」状態になってしまう。魔法使いは、最初から覚えているものか、購入した魔法を使用する。魔法は「魔法屋」で売買できる。
命令
パーティーリーダー(クラウンナイト、フォーミュラ)が使用可能。仲間達の操作をオートかマニュアルに切り替える。
「ごめいれいを」
操作をプレイヤーがコマンドで決定する。
「おまかせを」
操作をキャラクター任せにする。キャラクターには行動パターンが設定されており、それに従った行動をとる。パーティーリーダーが戦闘不能状態等だと各自は自動的に行動をとるようになり結果、オート戦闘となる。
キャンプ
移動中に使用可能。ダンジョン内でも使える。一晩過ごすとHP,MPが全回復。使用にはアイテム「キャンプようぐ」が必要。
名声
騎士達の名の知れ具合。イベントの発生にも影響する。戦闘に勝つ、イベントをクリア、アイテム「紋章」を使用することでアップ。逃走、全滅すると下がっていく。全滅した時の名声が下がらないようにする「保険屋」というのもある。
装備
一部を除いて、装備品は変わらない。町の施設「鍛冶屋」で、アイテム「ガンダリウム」と金貨を払うことでパワーアップ。鍛冶屋にはレベル制限があり、更にクラウンナイトの防具によっても制限がある。
年表
ゲーム再開時に、攻略の進度を年表で表示。
カードダスバトル
サブゲーム。ストーリー進行には影響しない。

アプリ版の変更点 編集

  • 闇騎士ガンダムマークIIが仲間として操作可能(円卓の騎士ではあるが、あくまで敵&イベントキャラの扱いだった)。
  • 全10章構成となった(ファミコン版は6章まで、7章以降はアプリオリジナル。聖騎兵物語までの繋ぎとされる)
  • 最大レベルが50から99に変更。それに伴い、武器防具のレベルも9から99に変更となった。名声、所持金も最大値が変更されている。(公式では9999万9999が最大値)
  • ガンダリウム、魔法の種類が増えた。ガンダリウムには赤、青、黄、黒と色があり、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(バージョンアップ以前はα、β、γ)のランクがある。それぞれ、青は素早さが、黄色は気合の一撃の出やすさが、黒にはその両方の特性があり、レベルによって上昇しなかった素早さと気合の一撃の出やすさを上昇できるようになった。また、魔法にはギガ、テラフレアなど、メガの上位魔法がある。
  • ゲーム中に条件を満たすことで、トロフィーがもらえるようになった。キャラクターのステータスアップや、エンカウント半減などの効果がある。
  • シナリオに関係の無いクエストがプレイできるようになった。
  • ダンジョン構成、一部の配置アイテムが変更された。
  • 一部アイテムの仕様が変更された(魔法のハシゴにテレポートの効果が無くなった等)
  • シナリオも繰り返し遊ぶことが可能となっている。そのため、各章にはレベルキャップがあり、一定のレベルまで上がると経験値がもらえなくなる。
  • カードダスバトルは廃止。その代わり、別アプリとしてナイトガンダムカードダスバトルが配信されている。カードダスは一日に一回無料で引くことができるが、当然ながらキラカードは出ない。
  • アプリとなったことで、ゲーム上のバグや調整が行われるようになった。(しかし、混乱の理不尽さやエンカウント率の高さはファミコン版と同様である)
  • 保険屋は廃止され、その代わりウェブ上でのセーブが可能となった。そのため、機種を変更してもアプリの続きから遊ぶことができる。
  • 町や城以外に拠点があり、宿屋、本屋、カードダス、クエスト受注、兵士育成などが行えるようになった。
  • どこでもセーブできるようになった。
  • 12人の仲間以外に、援軍としてキャラクターを仲間にできるようになった。
  • シナリオ上のパーティ分割は、固定パーティとなった。10章のみ好きなようにパーティを組むことが出来る。

登場キャラクター 編集

ゲームソフトの都合上、オリジナル設定が多数追加されている。詳しい対比についてはこちらを参照。

ブリティス王国 編集

皇騎士ガンダム(ゲーム内ではクラウンナイト、以下同じ)→キングガンダムII世(キングガンダムII)
ブリティス王国再興を目指す皇子。終始リーダーである為、マニュアルで操作する。終盤、王位を譲り受け、キングガンダムII世を名乗る。
必殺技:ヴァトラス・アタック→キング・フィニッシュ
装備:ヴァトラスソード→キングキャリバー、ノーマルスーツ→ジーアーマー→フルアーマー、キングシールド
勇剣士プラス(プラス)
血気盛んな若者。素早さが高く、攻撃重視で殆ど回復をしない。
必殺技:スパット斬り
装備:サイドワインダー、ハイブリッドメイル
鎧騎士ガンダムF90(フォーミュラ)
旧円卓の騎士の一人。クラウンナイトを優先して守る。後に第二パーティーのリーダーを務める。プラチナロード同様に老体のためか、ステータスが低めに設定されている。F90jr3兄弟(傭兵騎士マルスガンダムを含めると4兄弟)の父親。
必殺技:烈火流星斬
装備:ブリティスソード、ブリティスアーマー
白金卿(プラチナロード)
旧円卓の騎士の一人。記憶喪失になっていたが、愛剣を取り戻し参戦。慎重派で、仲間の回復を怠らない。フォーミュラ同様に老体のためか、ステータスが低めに設定されている。また、ガンタンクR同様に円卓の騎士団の中でガンダム族ではない。
必殺技:スプラッシュ・ゴールド
装備:プラチナソード、プラチナメイル
重戦士ヘビィガンダム(ヘビィガンダム)
アイリッシュ村を守っている戦士。攻撃力・守備力に優れ、暴れまわる。
必殺技:プレッシャー・バースト
装備:アックスブレード、ヘビィメイル
風騎士ガンダムマークII(ガンダムマークII)
旧円卓の騎士団、嵐騎士ガンマガンダムの息子。風のアジトを拠点にレジスタンス活動を行っている。クラウンナイト達の活躍如何で協力してくれる。回復優先タイプで、冷気攻撃に耐性がある。
必殺技:トルネード・ストーム
装備:ウインドスラッシャー、ハリケーンメイル、ディフェンサー
麗騎士レッドウォーリア(レッドウォーリア)
旧円卓の騎士団、薔薇騎士ロゼッタガンダムと同じ出身地であるとされる。キザでナルシスト。自身のファンクラブもある。二刀流で攻撃回数が多いが、一発の攻撃力が低く設定されている。
必殺技:ダンシング・ローズ
装備:スカーレットスワロー、ローズソーン、スカーレットメイル
僧正ガンダンクR(ガンタンクR)
旧円卓の騎士の一人でソドンの町で隠居している。ゼダンの要塞攻略時に参戦。また、プラチナロード同様に円卓の騎士団の中でガンダム族ではない。
必殺技:購入した魔法を使用
装備:プラスロッド、マイナスロッド、
剣士F90ジュニア(けんしF90jr.)
鎧騎士ガンダムF90の息子。梟の館に捕まっている。プラス同様スピードに優れる切込隊長。
必殺技:真・烈火流星斬
装備:サポートソード、フォーミュラアーマー
闘士F90ジュニア(とうしF90jr.)
鎧騎士ガンダムF90の息子。ヘビィガンダムに次ぐ力の持ち主。やはり攻撃重視。
必殺技:爆走猛牛殺
装備:デストロイアックス、フォーミュラアーマー
僧侶F90ジュニア(そうりょF90jr.)
鎧騎士ガンダムF90の息子。先走って行動した二人の兄弟を心配している。
必殺技:購入した魔法を使用
装備:アサルトロッド、フォーミュラアーマー
灼騎士ガンダムF91(ガンダムF91)
不死鳥の館を構えるレジスタンス。メンバー随一の守備力を誇り、炎攻撃にも強いが、氷攻撃に弱い。回復優先タイプ。
必殺技:バーニング・ノヴァ
装備:クロスファイヤー、バーニングメイル、
闇騎士ガンダムマークII(ダークナイト)
旧円卓の騎士団、嵐騎士ガンマガンダムの息子。風騎士ガンダムマークIIの兄にあたる。幼少期の記憶を無くしており、グレートデギンの側近となっていたが、ガンダムマークIIの説得によって記憶を戻した。(アプリ版ではガンマガンダムの武器「闘士ダブルゼータのダブルハンマー」に振れたことで記憶を取り戻した)最終決戦時、グレートデギンから聖杯を奪い、命を落としたかに見えたが、聖杯によって救われ以後13番目の円卓の騎士団のとなる。アプリ版では援軍として仲間に加わる。

ザビロニア帝国 編集

戦士ハイザック
各地でいろいろと悪さをしている。ランダムエンカウントするものと能力は変わらない。
邪騎士ザクエス
オープニングで突然の皇騎士の登場に、錯乱して敗走したが、ガルマの館の地下道内で再戦する。
魔剣士ザクロード
ガルマの館の中で待ち受けるボス。ガルマを陰で操っていた。一度倒すと、館から出る時に追いついてきてザクトパスへと変化する。
モンスターザクトパス
魔剣士ザクロードの正体。倒しても不死身なので生きているが、龍の首飾りの力により消滅した。
呪術士ダーティギャン
ノース砦を預かるザビロニア帝国の呪術士。オリジナルとは異なり、ガルマの館陥落後に戦うことになる。メガマインドが脅威となる。アプリ版では援軍として仲間に加わる。

アイテム(薬・道具) 編集

編集

薬草

移動系 編集

戦闘補助系 編集

特殊系 編集

銀の紋章

金の紋章

闇の紋章

天の裁き

名馬のたてがみ

チキンホイッスル

テンプレート:SDガンダム テンプレート:ガンダムシリーズのゲーム

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki